イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia 日本語教師・通訳・翻訳家。元高校国語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより

笑顔いっぱい韓国作品、アッシジ世界のプレゼーペ展

 今日は、皆が笑顔いっぱいで、いかにも楽しそう、幸せそうな韓国のプレゼーペ(presepe)を見て、わたしたちも思わずにっこりしてしまいました。

f0234936_61115100.jpg

 歴史上初めて、クリスマスに幼子イエスの生誕場面を再現しようと考えたと言われる聖フランチェスコが、深い愛着を持ち、亡くなった小さな教会、ポルツィウンコラを包み込むように建つ、アッシジ郊外のサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会では、毎年クリスマス前後に、世界のプレゼーペ展が開催されます。

f0234936_6153769.jpg

 イエス・キリストの誕生場面を再現するプレゼーペでは、教会自身が設置したこちらの等身大のプレゼーペに見られるように、イエスの傍らには聖母マリアと聖ヨセフ、そして、今回はいませんが、後方には牛とロバがいるのが基本です。大きいものになると、さらに羊の群れや羊飼い、貢ぎ物を捧げようとやって来た東方の三博士、そして町の人々など、多くの像や建物が設置されます。

 当時の様子を再現しようと、羊や羊飼いが野にいるプレゼーペもあれば、イタリアの町や家の中の人々の活動が聖家族の近くで繰り広げられるようなプレゼーペもあり、素材も表現法もさまざまですが、幼子イエスのそばにいる聖母とヨセフ、そして訪ねて来た羊飼いなどは、皆が敬虔な面持ちで、幼子イエスを見守る場合がほとんどです。

f0234936_626690.jpg

 こちらの折り紙で作られた日本のプレゼーペのように、あるいは石や木などの素材で作った他国のプレゼーペのように、顔が描かれていない場合も、時々あります。

 けれども、冒頭に写真を紹介した韓国のプレゼーペのように、皆が満面の笑みを浮かべたプレゼーペは、これまで見かけた覚えがなかったので、びっくりしました。そうして、そう言えば、英語のクリスマスの歌にも、「Joy to the world」とあるように、確かにクリスマスは、本来、主イエスの誕生を喜ぶ祝いなのだなと感じました。

 カトリック教ではないわたしは、「神に愛されるわたしたち」を語る説教を聞きながら、ディーパクの瞑想講座なら、「わたしたち一人ひとりの中に神性がある、愛に満ちた真の自己がある」と言うところだろうななどと、内心考えたりしていました。

f0234936_633215.jpg

 こちらは、数年前から毎年展示されているプロヴァンスのプレゼーペです。イエスの生誕場面に、ラベンダー畑、町の様子など、例年は、いくつかの場面ごとに、ケースに展示されていたプレゼーペが、今年はこんなふうに、大きなプレゼーペの全体像が眺められるように、設置されていました。

 この場所は、上から二つ目の写真にあるプレゼーペの像が、従来は年中ずっと飾られていたところなのですが、今年は途中で取り払われていたので、どうしたことかと気になっていたら、こんなふうにプレゼーペの位置や展示方法が、今年は変わっていました。

f0234936_6364719.jpg

 今朝は、ミサへと教会に向かう車の中から、アッシジの町並みや、白雪を頂くスバージオ山(Monte Subasio)がきれいに見えました。

 今日は、夫のマルケに住む従兄の家族も昼食に来ることになっていたため、世界のプレゼーペ展は、ミサのあと、通り道にあったプレゼーペで気になったものだけしか見ていません。またいつかゆっくり見てみたいと考えています。

********************************************************
Tutti sorridenti e lieti
molto carino il presepe della Corea del Sud

@ Presepi del Mondo, Basilica di Santa Maria degli Angeli
Assisi, Umbria, Italy 17/12/2017
*********************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/28886103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayayay0003 at 2017-12-18 12:06
なおこさん、今年もまたプレゼ―ペをたくさん見せていただける時期がやってきましたね(^_-)-☆
アッシジのサンタ・マリア・デッリ・アンジェリ教会に展示されると聞いていたので、今年6月に訪ねた時感慨深いものがありました(^^♪
どのプレゼ―ペもほんとに見せていただけて嬉しいです♪
Commented by paradiso-norina at 2017-12-18 23:10
こんにちは

各国のプレセーペ、とても面白いですね。
楽しませていただきました^^
アッシジが近くてうらやましいです。
以前からずっと訪ねてみたいところでしたが今回のツアーで行けるかどうかわかりません。
ローマ最終日はフリーなのでいろいろ調べていたらアッシジとスバーシオ山散策というツアーがありました。
まさにその山なんですね!
でも冬でも決行するのかどうかわかりません。。
元気だったら自力でアッシジに行ってみようかとも思っています。
雪が降る季節になってきましたね。
今年のナターレの様子楽しみに待っています^^
Commented by nonkonogoro at 2017-12-19 15:20
各国の衣装を着た それぞれのイエス誕生の場面
とても楽しい企画ですね。
幼稚園や教会学校で 何度もこの場面に出演したり
見たりしましたが 
劇の時は やっぱり本場の衣装の方が
雰囲気は出ますね。
Commented by milletti_naoko at 2017-12-20 03:09
アリスさん、プレゼーペを世界で初めて思いついたとされる聖フランチェスコにとって最も大切で長く過ごした教会ということで、世界各国から贈られるプレゼーペを教会で展示しているようです。アリスさんもなんと6月に訪ねられたんですね!
Commented by milletti_naoko at 2017-12-20 03:10
のりーなさん、アッシジ・ローマ間は便利のいいバスもありますが、時間を効率的に利用できる点では、高くてもツアーが便利かもしれません。2月のアッシジはおそらくは年中で最も観光客が少なく、ひっそりとした時期で、その分ゆっくりと落ち着いて訪ねられるかもしれません。
Commented by milletti_naoko at 2017-12-20 03:12
nonkonogoroさん、それぞれの国の衣装や顔、それぞれの土地で産出される素材によって、プレゼーペもいろいろと違って来るので、とても興味深いです。

劇はやはり、当時のその頃のその場所の衣装が望ましいですよね。
Commented by snowdrop-momo at 2017-12-21 15:08
こんにちは。
韓国や日本のプレゼーペ、楽しいですね。
日本玩具博物館で世界のプレゼーペの展示がありますが
こういうのはあったでしょうか…次に行ったら探してみたいです。

私もカトリックでないので、よく分からないのですが
牛とロバの配置とか、決まりごとが色々あるらしいですね。
わが家でも、聖家族を中心にした白木のツリーの周りに
我流で天使や動物の人形を並べています。(今年はお休みしました)
助言してくれる家族がいらして、うらやましいです。
Commented by milletti_naoko at 2017-12-21 16:25
snowdrop-momoさん、おはようございます。クリスマスにご自分なりに工夫されて、プレゼーペを置かれているなんて、すてきですね。この教会にはおおらく、上のコメントへのお返事に書いたように、世界中からプレゼーペを贈り物として受け取っているのであって、そのおかげで、こんなふうに毎年世界のプレゼーペ展が開かれるのではないかと思います。

牛とロバは息が幼子イエスにかかるほど近くに、聖母と聖ヨセフは、そばで幼子イエスを見つめるようでないといけないというのが、うちの夫流ですが、よそのお宅や教会でプレゼーペを見ていると、それぞれ発想や配置が自由なものも多いんですよ。うちはクリスマスが近いというのに、ばたばたしていてまだプレゼーペも箱から出していません。今もコメントとイイねのお返しをしたら、正午からの授業の準備を仕上げるつもりでいます。
by milletti_naoko | 2017-12-17 22:41 | Feste & eventi | Trackback | Comments(8)