イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

教皇のトレッキング・コースと花粉症注意報、イタリア

 先週は友人たちとマルケ州を訪ね、日曜の朝、ジェンガ(Genga)という小さな村の周囲をめぐる、教皇のトレッキング・コース(Il Sentiero del Papa)と呼ばれる道を歩きました。

教皇のトレッキング・コースと花粉症注意報、イタリア_f0234936_6174878.jpg
Dal Sentiero del Papa verso Genga (AN) 14/1/2017

 渓谷や洞窟が見える独特の眺めが楽しめるはずだったのですが、そうしていては昼食と帰宅が遅くなるからと、その渓谷まで「あと10分」の案内標示があった場所から、渓谷には向かわず、レストランのあるジェンガを目指して、小さな集落を通って歩いて戻りました。

教皇のトレッキング・コースと花粉症注意報、イタリア_f0234936_524161.jpg

 この日は山を歩いている間に、花粉の飛散がまもないように見える木が、一本ありました。シデかハシバミではないかと思います。上の写真に見える、黄色く細長いものが枝からいくつもぶらさがっているのが、その問題の木です。夫ときたら、わざわざそういうときに、花粉が準備できているかどうか、つついて確かめるくせがあり、おかげで、近くにいるわたしが、目にかゆみが出て赤くなったり、くしゃみや鼻水が止まらないという花粉症の症状に苦しむはめになることも、少なくありません。

 そこで、このときは万一のために、木を見つけるなり、「その木に触らないで!」と言い、慌てて1枚写真を取ったあと、夫や友人たちを駆け足で追い越し、さらにしばらく先まで走りました。こんなふうに、肝心のその木がぼけた写真しか撮れなかったのは、そのためです。夫は、枝に目をやりながら、「まだ花粉はそこまで準備できていないよ。」と言っていたのですが、用心に越したことはありません。

教皇のトレッキング・コースと花粉症注意報、イタリア_f0234936_6352520.jpg

 ジェンガでは、かつて夫と洞窟の中にあるおいしいレストランで食べたことがあり、そこで食べようと楽しみにしていたのですが、山歩きを終えて、店まで行くと、12月下旬から閉店と書かれていたため、別のレストランを探すことになりました。

教皇のトレッキング・コースと花粉症注意報、イタリア_f0234936_6401388.jpg

 閑話休題。

 ペルージャの我が家は、郊外の住宅街にあって緑に恵まれ、わたしが勤める学校は、緑が豊かな公園の隣にあり、また、夫はテッツィオ山のミジャーナで、昨夕もイバラを取り除こうと格闘しました。うちの近所か、はたまた学校近くの公園か、あるいはミジャーナで、イトスギか何かの花粉が飛散を始めたのでしょう。昨日の夕方うちに戻ってから、目の周囲がかゆくなるなど、花粉症の症状が出始めました。今朝は学校に向かう途中、目がかゆくて大変だったのですが、学校では特に症状を感じなかったので、我が家の近所のイトスギや松の花粉の飛散が原因かもしれません。というわけで、遅まきながら、昨夕から、花粉症の症状を緩和するべく、薬草療法や食事療法を始めました。

 イタリアで花粉症を引き起こすのはどういう木々で、いつ頃花粉が飛散するのか、また木や花粉を飛散させる部分はどのように見えるのかは、以下の記事などでご紹介していますので、参考にしてください。

- 花粉情報、イタリア&ウンブリア

天気予報サイト、3Bmeteoの花粉飛散情報を見ても、そろそろペルージャでは、わずかながら、いろいろな木々の花粉が飛散し始めているのが分かります。

- 3Bmeteo - Previsioni pollini a Perugia

 白砂糖や揚げ物、ワインなど、花粉症を悪化させる食品も避けていかなければいけません。そう言えば、昨晩は、ピザ屋でハンバーガーとフライド・ポテトを食べたので、今朝、目のかゆみがひどかったのは、そのためだったかもしれません。花粉症の症状を和らげつつ、体重の増加も抑えられて、一石二鳥になるように、誘惑に勝たなければ。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

by milletti_naoko | 2018-01-19 22:56 | Umbria