イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

氷の芸術 凍れる波しぶき、イタリアトラジメーノ湖

 ペルージャが今年の最低気温を記録した昨日は、夕方、仕事を早めに切り上げて帰ってくれた夫と共に、トラジメーノ湖畔の村、モンテ・デル・ラーゴに向かいました。数日前から、翌日の午後には気温が上がって、ようやく数日間続いた氷点下の日々が終わるという予報が出ていたからです。トラジメーノ湖が、凍っているのではないかと期待して出かけたのですが、数ある湖畔の村の中から、モンテ・デル・ラーゴを選んだのは、2012年2月に酷寒の日々が続き、約30年ぶりにトラジメーノ湖が凍ったとき、氷や湖の眺めが美しかったことを、わたしが覚えていたからです。

 湖が凍るには、寒い日が長く続く必要があると、夫が言っていたように、残念ながら湖そのものは凍っていなかったのですが、岸辺に打ち寄せる波しぶきが凍って創り上げた氷の芸術が、きれいで興味深く、散歩が楽しかったです。

f0234936_4364714.jpg
Tossie del Lago Trasimeno, creato dalle onde e dal gelo
Monte del Lago, Magione (PG) 28/2/2018

 まるで怪物みたいだねと、夫が言ったのは、こちら、トラジメーノ湖のトッシーです。冗談はさておき、確かに湖に生息する怪獣のように見えます。奥の方に見える島は、左がマッジョーレ島(Isola Maggiore)、右がミノーレ島(Isola Minore)です。

f0234936_4484621.jpg

 こちらも、魚の怪物が、大きな口を開けて、歯や牙をむき出しにしているように見えます。

f0234936_4531028.jpg
17:41

 夕日が沈む前に着くように、ペルージャのうちを出発しました。西の空が暗い雲に覆われていたため、日が沈むところは見られませんでしたが、岸辺に沿って反対方向へと歩くと、こんなふうに、わずかながら空が赤らんでいます。

 写真の手前に写っているのは、波にさらわれたらしき切り株です。二方向に別れた太い根を、打ち寄せた波しぶきが凍って、かつらのように覆っています。

f0234936_505110.jpg

 凍った波しぶきが、天使の羽のように見えるものもあります。

f0234936_535682.jpg

 さらに岸辺を歩いて行くと、こんなふうに、枝からしたたる水滴や波しぶきが、凍って創り上げた不思議な造形もありました。岸辺の石には大小を問わず、薄い氷の層に覆われたものが、たくさんあります。

f0234936_565072.jpg

 特に美しいと思ったのは、水平に伸びた細い木の枝が、いくつも絡み合い、重なり合い、その多くから透明な氷柱が伸びている、この情景です。

f0234936_592871.jpg

 雪と石の上を歩いて、さらに近寄って、ズームで拡大して撮影しました。風が向きを変えては強く吹きつけたため、波もさまざまな角度からこちらの木や枝に押し寄せ、氷の衣装を着せかけるかのように、凍っていったのでしょう。

f0234936_5123928.jpg

 やや離れたところに見かけたこちらの氷の彫像も美しく、氷の位置と湖の水面を比較すると、どれだけ波が高く荒れていたかが、想像できます。

 いつもは平日でも、夕日が沈む頃には人の多いモンテ・デル・ラーゴの岸辺も、昨日わたしたちが歩いたときは、−5度という予報で、冷たい北風が吹いていたこともあり、帰り際に、一人で散歩する女性に出会っただけでした。なんと夫の職場、ウンブリア州庁の庁舎では、あまりの寒さのために二日間暖房が効かず、夫たちは寒い思いをしながら、仕事をしたそうです。それなのに、ひどく寒い中、わたしが以前から頼んでいたからと、極寒の湖畔をいっしょに訪ねてくれたことに、感謝しています。このあとは、夫が好きなピザ屋に、夕食に行ったので、お互いの望みをかなえ合う形になりました。

******************************************************************************************
Vi presento Tossie, mostro del Lago Trasimeno,
creato dalle sue onde e dal gelo :-)

C'erano tante belle opere d'arte create dalla natura,
ieri alla riva del Lago.
@Monte del Lago, Magione (PG) 28/2/2018
******************************************************************************************

関連記事へのリンク/ Link agli articoli correlati
- 凍れるトラジメーノ湖2 / Lago Trasimeno gelato 2 (14/2/2012)
- 凍れるトラジメーノ湖3 / Lago Trasimeno gelato 3 (14/2/2012)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/29623260
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayayay0003 at 2018-03-02 16:16
なおこさん、トラジメーノ湖のトッシーをはじめとする芸術作品が寒さで創作されましたね(^_-)-☆
このような時は、珍しいので記録に残しておくのも良いですね~
なんと2012年には湖が凍ったのですか(・・?
余程低温が続いたのでしょうね~
寒いけど、このような綺麗な芸術作品を見ると嬉しくなりますね(*^_^*)
Commented by milletti_naoko at 2018-03-02 21:14
アリスさん、2012年にはミジャーナのオリーブの木々の上にもかなりの雪が降り積もり、寒い日が長く続いたので、トラジメーノ湖が約30年ぶりに凍りました。

思いがけない氷の芸術、形もいろいろで、見ていて興味深く、うれしかったです♪
Commented by そらのいろ at 2018-03-03 02:03 x
はじめまして
湖の芸術写真がダイナミック 美しいです~

此方ドイツも、この数日は昼間もマイナス6~9度です
今のところ?乾燥していて運転も難しくなくて幸いです
ピッザが好きなので(独には余り美味しいところがない)記事の画面を食い入るよう(正に!)に眺めています
また、楽しみに拝見させて下さいね
Commented by milletti_naoko at 2018-03-03 18:36
そらのいろさん、はじめまして。ありがとうございます。波がこんなにきれいな造形を創り上げるとは思いもせず、感動しました。

ドイツも寒い日が続いているんですね。数日前に世界の天気予報を見て、ペルージャがドイツやイギリス、パリよりも寒いのに驚きました。幸い少しずつ気温が上がり、今は5、6度まで持ち直しました。

ピザがお好きなんですね! トラジメーノ湖周辺には、毎夏、ドイツやオランダ、ベルギーなどからの観光客が多く、よくピザ屋で出会うのですが、ひょっとしたら、ピザを食べるのも、旅の目的の一つなのでしょうね。
by milletti_naoko | 2018-03-01 20:19 | Umbria | Trackback | Comments(4)