なおこのイタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

雪美しきシビッリーニと無謀なカーナビ指令、イタリア

 今日、マルケ州のマテーリカの町から、モンテカッシアーノを目指して車を走らせていると、白雪を頂くシビッリーニ山脈(Monti Sibillini)の高峰が、右手に見えました。中世に、人々が伺いを立てに訪れていた巫女(sibilla)がいた山があり、その山がシビッラ山(Monte Sibilla、直訳すると「巫女山」)と呼ばれたために、シビッラ山を含む連峰の名が、シビッリーニ山脈となったようです。

f0234936_8105812.jpg
Monti Sibillini con la neve 4/3/2018

 夏にはヒナゲシやヤグルマギクが咲いて美しいカステッルッチョの高原があるシビッリーニ山脈は、2016年の度重なる大地震の震源となり、カステッルッチョやノルチャ、ヴィッソをはじめとする周辺の多くの市町村が、大きな被害を受けました。

 かつては一面の銀世界を歩いたこともあるシビッリーニ山脈、今はペルージャからは、はるか遠方に、小さくしか見えないなつかしいその威容が、間近に大きく見えるのがうれしくて、路傍に車を停めて、しばらく眺め、写真を撮りました。この写真は、光学ズームで拡大して、撮影しています。

 問題はこのあと発生しました。写真の右手に、緑の中を走る小道が見えます。写真を撮って、車に乗り込み、グーグルマップをカーナビ代わりに、夫が運転すると、どういうわけか、カーナビが、右に曲がって、このきわめて細い、穴やでこぼこのある道を通るように指示するのです。それでも、近道かもしれないからと、言われるまま右折して、細道を数キロメートル進むと、突き当たりで道が二つに分かれ、グーグルマップは左に曲がるように言うのですが、左手の道の入り口には進入禁止の標識があり、許可を受けた車だけが通行できると書かれています。右手に進むと、まったく別の方向に進んでしまいますし、今さら引き返すと、かなりの遠回りになります。そこで、夫は、「グーグルマップが許可を与えたということで、左に行こう。」と言って左折し、わたしは、道中、どうかチェーンなどで道が閉ざされていませんように、警察などに止められませんようにと祈りながら、はらはらしました。

 幸い、何事もなく一般道路に出ることはできたのですが、グーグルマップは時々、明らかに一方通行の道を、逆行するように指示することもあり、それにうかうか従ってしまうと、事故や罰金の危険もありますので、大いに注意が必要です。

 わたしは、時間があるときは、出発前に、できるだけ地図でこんなふうにこの道を通って、この方向に行くのだということを確認し、蛍光ペンなどで道筋を書きこんでおくのですが、今朝は夫が、遠出をする前に選挙の投票もしなければいけないからと、慌ただしく出発したので、カーナビに頼りきっていました。ドライブにおいても、外国語学習においても、全体像を頭に置きつつ、細部をしっかり把握することが大切です。そう言えば、金曜の日本語の個人授業に出てきた読解問題には、天才は、この二つの能力を兼ね備えていると書かれていました。(『新完全マスター読解 日本語能力試験N2』 p.14 例題4)わたし自身は、より望ましい学習法、ドライブ、生き方を志すのであれば、天才ばかりではなく、だれにとっても、いつでも、大切なことではないかと、考えています。

************************************************************************************************
Bellissimi i Monti Sibillini con la neve
,
oggi li abbiamo ammirati dalla collina vicino a Matelica. 4/3/2018
************************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/29630331
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayayay0003 at 2018-03-05 10:10
なおこさん、美しい雪を被ったシビッリ―二山脈のお写真をありがとうございます(^^♪
地震の被害があってからは、道なども通りにくく、あまり訪れられてないということですが、遠くから眺めると感慨深いものがありますよね!
写真集などにも世界の美しい村シリーズなどに、ひなげしやヤグルマギクの花が咲く景色が紹介されているのを本屋さんで見たことがあります(^-^)

グーグルの案内する道、便利ですが、要注意なのは日本の地方都市でも同じですよ~(笑)
ほんとに、地図は予習をしてお出掛けしないと・・・
語学学習とかの勉強と同じですね!
Commented by hillfigure at 2018-03-05 11:43
こんにちは、cocoaです!

私もカーナビに田んぼのあぜ道を指定されて困惑したことがあります^_^;)
ハラハラドキドキのドライブ、
無事突破出来てなによりでした(夫さんの選択決断に(*´∀`)vイイネ!を)
そんな思いもしたお写真、山脈がきれい(o´∀`o)゚♥
見せいていただきありがとうございま〜す!

思いつきと勢いで初めて収集がつかなくなったり
すんごい時間を浪費したりしたことも多々あれど、
そろそろ人生の無駄遣いはしないようにしたいお年頃...(^_^;)
「全体像を頭に置きつつ、細部をしっかり把握する」
大事ですね!!

Commented by milletti_naoko at 2018-03-05 21:25
アリスさん、こちらこそありがとうございます。道は少しずつ開通しているようですが、訪ねに行きたいと言うと、夫には、まだ町や村は瓦礫の山のところが多いのにと言われます。日本でもそんなふうによく知られる場所となったんですね。

グーグルの案内、日本でもそういうことがあるんですね。大ざっぱに道筋だけつかんでおいて、後は道路標識に従った方が無難かもしれません。予習も必要という点でも、語学学習に通じるものがありますね。
Commented by milletti_naoko at 2018-03-05 21:27
cocoaさん、ありがとうございます。なんと田んぼのあぜ道とは! こちらこそ、温かいコメントをありがとうございます。

おっしゃるように確かに日々の暮らしでも、目の前のことに追われるのではなく、何が人生でしたいのかをしっかり考えて、念頭に、心に置いておくことが大切ですよね。なるほど、おっしゃるとおりです。
by milletti_naoko | 2018-03-04 23:45 | Viaggi | Trackback | Comments(4)