イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

マガモ寄り来る夕日の湖畔、イタリアトラジメーノ湖

 昨日は、夕方早めに仕事を切り上げて帰った夫と、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)を見に行きました。久しぶりに、湖に沈む夕日を見るのが楽しみで、どこに行こうかとお互いに意見を出し合った結果、モンテ・デル・ラーゴ(Monte del Lago)に行くことに決めました。

 他の湖畔の村に比べて、ペルージャからは時間がかかるのですが、岸辺に沿って歩ける小道があるからです。

f0234936_5244588.jpg
Tramonto al Lago Trasimeno, Monte del Lago, Magione (PG) 13/3/2018

 日の入りのかなり前に到着するからと、散歩もできる村を選んだのですが、ところが着いてみると、まもなく夕日が沈もうとするところです。そこで、夫と二人で桟橋の先端まで歩いて、夕日が沈むのを見送ることにしました。

 ところが、さあ、いよいよ日が沈む瞬間が近いぞと、わたしがカメラを構えていると、夫が言います。
 「マガモがこっちに来てる!」

f0234936_5272047.jpg

 振り向くと、桟橋の上に、さっきまでいなかった雌雄のマガモがいて、だんなマガモは端に立って、空を眺めている風情ですが、奥さんマガモは、こちらに向かって歩いています。

f0234936_531535.jpg

 そのうち、だんなマガモも、奥さんの後について歩き始め、どんどんわたしたちに近づいてきます。

 週末の夕方、この桟橋を訪ねると、漁を終えたばかりの小舟や釣り人を見かけることがよくあります。「漁師たちから餌をもらい慣れたので、人間がこわくなくなったんだろうね。」と、夫が感心しながら言いました。

f0234936_5345084.jpg

 すぐ近くまでやって来たマガモ夫婦に、何かやりたいのはやまやまですが、何も持ち合わせがありません。鳥たちも、いつもと様子が違うようだと感じたのでしょう、しばらく周囲の様子をうかがい、どうやらもらえる魚はないようだと判断したらしく、

f0234936_5461213.jpg

2羽仲よく、桟橋のこの位置から湖に飛び降り、そのまま湖面を進んで行きました。

f0234936_5393649.jpg

 このあと、わたしたちは沈む夕日を見送り、

f0234936_5401167.jpg

せっかくだからと、日没後、岸辺の小道をしばらく歩きました。

f0234936_541710.jpg

 2月末にはつららの衣をまとっていたトラジメーノ湖の怪物、トッシーも、今はその冬衣を脱ぎ去り、風が強いために押し寄せる荒波に、果敢に挑んでいます。

f0234936_54385.jpg

 灰色だった雲が、ピンクに染まり始めた頃、車に戻り、ペルージャへの帰途につきました。

******************************************************************************************
"Dateci qualcosa da mangiare."
Forse voleva dirci così, la coppia dei germani reali
si è avvicinata a noi che guardavamo il tramonto.
Purtroppo, non avevamo niente da dare e
i germani si sono tuffati nell'acqua.
Monte del Lago, Magione (PG) 13/3/2018
******************************************************************************************

-
Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/29652310
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayayay0003 at 2018-03-15 08:07
なおこさん、マガモ夫婦が可愛いですね~♡
トラジメーノ湖で生活してるのは人だけではなく、
こういう野鳥さんいとってもなくてはならない素晴らしい湖なのでしょうね~☆
Commented by そらのいろ at 2018-03-15 08:22 x
美しい自然、それを捉えた写真もステキです
岸辺の小道。。 空気が感じられて見入ってしまいました

仕事の後で景色を見に行こうと相談して
出かけるお二人の生活は とてもお幸せですね
拝見しながら、いつも使うナビゲーションを
忘れずに持参しようと思いました
Commented by hillfigure at 2018-03-15 09:24
おはようございま〜す!

岸辺に沿って歩ける小道、いいな〜♪
夕日もとっても綺麗!!
遠くても足を伸ばす価値ありの素敵なお散歩場所ですね!
人間もマガモも女性の方が好奇心旺盛なのかな...(^m^ )?
マガモさん夫妻となおこさん夫妻が小道でご挨拶、
湖の様子を聞いたり世間話ししてたりしてne●´艸`)ププ


Commented by coimbra at 2018-03-15 21:56 x
なおこさんBuonasera。
夕日の光が目に飛び込むと、自分で見た夕日の思い出が
頭に浮かびます。
おとといのキアニーナ牛さん、白くて可愛くて、でもどこか威厳がある風貌で、でもとっても美味しい!らしいって、ちょっとショックでした。笑
ここ数日の暖かさで庭の桜が咲き出してしまいました。明日からは気温が戻るそうなので長持ちしてくれることを願っています。
Commented by milletti_naoko at 2018-03-15 22:57
アリスさん、湖畔には野鳥を観察できる保護区もあって、トラジメーノ湖は、鳥や魚など、動物もたくさん住んでいます。マッジョーレ島など、野の道を歩くと、キジやウサギがあちこちにいて、ウサギが目前を通るので驚いたこともあるんですよ。
Commented by milletti_naoko at 2018-03-15 23:02
そらのいろさん、マッジョーレ島やポルヴェーセ島にフェリーで渡っても、湖畔の散歩をゆっくり楽しむことができるんですよ。季節ごとに、そしてそれぞれの空の状況によって、緑や花、夕焼けが違ってくるので、いつ訪ねても新たな発見があります。

こうやって、2、30分湖畔で過ごすために、往復1時間かけて夕日を湖に見に行くことができる暮らしや、夫がそう誘ってくれることを、ありがたく感じています♪
Commented by milletti_naoko at 2018-03-15 23:07
Cocoaさん、好奇心、確かに女性の方が旺盛なのかもしれませんね。仕方ないなと、ついてくる風情のだんなマガモも、かわいらしかったです。Cocoaさんの夫婦であいさつという描写もすてきですね。確かに桟橋で対面しました。わたしたちが桟橋を歩き始めたときは、6羽ほどのマガモが湖面を泳いでいたというか進んでいたのですが、こうしてやって来たのは、そのうちの2羽ですから、好奇心も食い意地も度胸もありますよね。

岸辺に沿ってしばらく歩けるのは、島は別として、この村だけなので、週末は人が多いのですが、昨日は平日でもあり、人が少ない中、夕日と散歩をゆっくりと楽しめました。
Commented by milletti_naoko at 2018-03-15 23:13
Coimbraさんも、ヨーロッパで美しい夕日を見られましたよね。

キアニーナ、白くて大きくて、かっこいいのですが、そうなんです。食用に育てられているのです。せめて生ある間、こうして野山を自由に闊歩できるのが救いです。

気温の変動で、せっかく咲き始めた、芽を出した植物の行く末が、気にかかりますよね。イタリアでもまた急激に気温が下がり、雪が降るという予報が出ているため、義父も夫も心配しています。
by milletti_naoko | 2018-03-14 21:43 | Umbria | Trackback | Comments(8)