なおこのイタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

イタリア父の日とサン・ジュゼッペの揚げ菓子

 3月19日は、カトリック教会で、イエス・キリストの育ての親、聖ヨセフ(イタリア語ではSan Giuseppe)を記念する祝祭日で、そのため、イタリアでは、父の日でもあります。そこで今朝は、義父母の両方に、おめでとうございますとお祝いを言いました。今日は、名前がジュゼッピーナである義母にとっても、聖名の祝日(onomastico)だったからです。

f0234936_815116.jpg

 ウンブリア州ではこの日、レモンの皮やシナモンを入れて、牛乳で炊いたごはんが中に入った甘い揚げ菓子、聖ジョヴァンニのフリッテッレ(frittelle di San Giovanni)を、作って食べる慣習があります。あいさつに行ったら、お義母さんがすでに揚げ終わったあとで、わたしたちにも分けてくれました。六つもらったのですが、今日は夫の帰宅が遅かったため、わたしの分を三つ食べてから、撮影しました。

f0234936_884473.jpg

 最近、食事時など、ミミがしばしば台所の窓辺にやって来ます。寒い雨の中を来てくれてありがとうと、中に招き入れ、なでなでしてやって、しばらくいっしょに過ごします。

****************************************************************************************************************
Frittelle di San Giuseppe
fatte da mia suocera, buone :-)
Ieri era anche il suo onomastico.
****************************************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/29663103
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hillfigure at 2018-03-20 11:41
こんにちは〜!

ミミちゃん毛並みが綺麗なふさふさニャンですね〜♡Ψ(*´▽`*)Ψ♡
揚げ菓子がおいしそう〜●≧∪≦)
明日はこちらはお彼岸祭日で〜す。
子供のころ私の実家ではチラシ寿司を作ってお重につめて親戚のおうちにお参りにいくと
お重に小豆餡ときなこの2種類のぼたもちを詰めて返してくれました♪
何だかそんな昔の風習が懐かしい。。。
Commented by ayayay0003 at 2018-03-20 15:26
イタリアの父の日、おめでとうございます(^^♪
やはり敬虔なクリスチャンが多いイタリアでは、キリストに因んだ父の日なのですね(*^_^*)
揚げ菓子、聞いただけで美味しそうですね~♡
義母様、ほんとにイタリアのマンマ、お料理が上手ですね(^^♪

ミミちゃん、可愛いですね~♡
家のトラさんは、中には自分では入らないんですよ^^;
Commented by milletti_naoko at 2018-03-20 17:05
Cocoaさん、お米に牛乳、小麦粉に砂糖と、初めて食べたときはびっくりしましたが、揚げ菓子はやっぱりおいしいです。日本でもお彼岸で、そうすると各家庭によってそれぞれ食を伴う慣習があるんですね。興味深いです。
Commented by milletti_naoko at 2018-03-21 00:32
アリスさん、母の日はイタリアでも日本と同じですが、父の日は違うので、最初は驚きました。夫の今は亡き伯父が、教区司祭を務めていた教会は聖ジュゼッペ教会だったこともあり、わたしも一度参加したことがあるのですが、その頃、その教区では毎年聖ジュゼッペの記念日の夜には、皆が列をなして、祈りや歌と共に、ろうそくの火が両脇に置かれた道を通って教会まで行き、ミサがあり、慈善のくじ引きもあったように覚えています。
by milletti_naoko | 2018-03-19 23:56 | Gastronomia | Trackback | Comments(4)