イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

アスパラガス 春の食卓と日々の成長、フランス語版瞑想講座12日目

 今日は久しぶりに、たくさんの野生のアスパラガス(asparagi selvatici)を見て、料理することができました。

アスパラガス 春の食卓と日々の成長、フランス語版瞑想講座12日目_f0234936_6175183.jpg
3/4/2018

 わたしがうっかり日曜日に改築中の山の家に置き忘れたアスパラガス三つも、今日は夫が、新たに収穫したアスパラガスと共に、持ち帰ってくれました。今日は夕方、ミジャーナでバラを植え替えたそうです。先週は平日も、夫は仕事から帰ってから、ミジャーナに出かけると、その日見つけたアスパラガスを持ち帰ってくれていました。まだ朝晩寒いので、1日あたりの収穫量はわずかですが、今日は十数本見つかったようで、すべて合わせると、こんなにたくさんになりました。

アスパラガス 春の食卓と日々の成長、フランス語版瞑想講座12日目_f0234936_626423.jpg

 よくも見つけられたなと思うほど、まだ丈の低い、小さい野生のアスパラガスは、独特の苦味がいっそう強く、夫は、出始めのアスパラガスには栄養分が凝縮されていると言います。苦味を抑えるためにも、卵をたっぷり使って、野生のアスパラガスと共に炒めました。手前に写っているのは、エンマー小麦(farro dicocco、farro medio、emmer、学名はTriticum dicoccum)をリゾット風に、スモーク・サーモンとキャベツを具に、ニンニク・ローズマリー・玉ねぎで風味をつけ、ブロードと共に煮こんで作ったもので、夫には、春色小麦よと言いました。影になってしまって分かりにくいのですが、サーモンのピンクと、キャベツの緑で、春の風景に見立てようと考えたのです。卵もキャベツも自家製で、とれたてのものが食べられてありがたいです。

 今日はこの数日さぼっていたブログ過去記事の見直しをしました。昨年、2017年の4月について、ランキングバナーを貼り直し、リンクが今も有効であるかを確認して、無効である場合は削除し、左右一方に偏っている画像を中心に据えたりもしました。

 そうして、その作業をしていて初めて、今日がわたしがイタリアに暮らし始めてから、ちょうど16年であることを思い出しました。また、去年の今頃は、もう庭にヒナゲシが咲き、庭の桜も咲いていたことが、昨年の記事のおかげで分かりました。今年は何度かひどく寒い日が続いたためでしょう、桜もまだ花が見えませんし、ヒナゲシは、緑の特徴ある葉こそ育っているものの、まだ茎も低く、咲くまでにはしばらく日数がかかりそうです。

 「わたしは、わたし自身が毎日成長しているのを感じる。」というのが、今晩聞いたフランス語版瞑想講座で、今日心に留めておくべき言葉です。毎日成長するためにはどうすればいいかということを、この数日の瞑想講座では学んでいて、その手立てとしてたとえば、目標やノルマを目に見えるように数値化すること、自分ができたこと、自分の進歩を記録することなどが挙げられています。漠然とした目標では、日々何をすればいいかも、何ができたかも把握できず、結果的に実現が遠のいてしまうのは、すべてのことに通じるのだなと、改めて思いました。

******************************************************************************************
Primavera a tavola!

Frittata con gli asparagi selvatici
& farro con i colori della primavera, con salmone e cavolo.
******************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

Commented by ayayay0003 at 2018-04-04 12:09
なおこさん、野生のアスパラガスの料理が美味しそうです~
野菜や卵も自家製で頂くことが出来るお家は、なかなかないと思いますので、羨ましいです(*^_^*)
お色も、まさに春色リゾット~♡
春の味をかみしめての夕食でしたね(^^♪
そちらは、まだ桜は咲いてないのですね!
日本は、もう早くも散り桜になりかけてるところです~
毎年の気温が違うので、ブログを書くことで記録にもなり良いことだと私も感じています(^-^)
イタリアに住んで16年、おめでとうございます♫
これからもイタリアからのブログ発信を心待ちにしています♡
Commented by hillfigure at 2018-04-04 13:40
こんにちは〜!

春色スペルト小麦、すてきなネーミング&美味しそ〜♪
滋養が強い野生のアスパラガスのリゾットは
日本の七草粥に匹敵しそうナ...。
手摘みのアスパラに自家製でとりたての卵とキャベツなんて
何にも勝るごちそうですね〜(●>U<)
しかもぜったいに美味しいに違いない!!
小麦って昔はよく白米に少量混ぜて炊いたりもしてたものだけど
炊飯器で保温するようになると匂いが気になるようになって
あまりやらなくなっちゃってましたが、
リゾットなら充分おいしく食べれそう、って今回気づかされました(*´ω`)ノ ハィ
Commented by milletti_naoko at 2018-04-04 16:12
アリスさん、暖かくなった最近は、鶏が産む卵の数が増え、店で買わずに、うちの新鮮で安全な卵が食べられるようになりました。なかなかきれいに写真が撮れなかったので、そんなふうに言ってくださって、ありがたいです。

毎年こちらの桜は、日本の桜に比べて咲くのが遅いのですが、今年は寒さのためか、ことさらに出遅れているようです。ありがとうございます。ブログのおかげで、あれ、あのときはどうだったっけと思ったときに、分かることも多くて、助かっています。
Commented by milletti_naoko at 2018-04-04 16:27
Cocoaさん、ありがとうございます。いただいたコメントをきっかけに調べてみて、イタリア語のfarroは、わたしが持つ『伊和中辞典』には「スペルト小麦」という訳が載っているのですが、実際には数種類あって、今回わたしが料理したのはどうやらイタリア語で一般にfarroと呼ばれることが多く、イタリア中南部で栽培されているエンマー小麦らしいと分かりました。辞書の語彙は、実は花などの植物名でも、学名で調べると、イタリア語と日本語の名前が食い違うということが、これまでにも何度かありましたが、ファッロについてはスペルト小麦だと思い込んでいたので、おかげで勉強になりました。

そうそう、小麦は味に癖があるので、前回はカレー風に調理したりもしました。白米と混ぜて炊かれたこともあったんですね。
by milletti_naoko | 2018-04-03 23:56 | Gastronomia | Comments(4)