イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

天国に近い島、トラジメーノ湖 ポルヴェーセ島

 今日は夕方、サンフェリチャーノの港から、フェリーに乗り、久しぶりにポルヴェーセ島(Isola Polvese)を訪ねました。

f0234936_7524435.jpg
Lago Trasimeno & Punta dell'Isola Polvese, San Feliciano 20/4/2018

 トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)に浮かぶ三島のうち、自然の豊かなポルゼーセ島が、わたしたちのお気に入りです。冒頭の写真は、サン・フェリチャーノの駐車場から、港へと歩く途中に撮影したものです。右手奥に、ポルヴェーセ島の先端が見えています。

f0234936_7582112.jpg

あちこちに咲く野の花や木の花を愛で、

f0234936_7591733.jpg

オリーブの古木や湖、古城の眺めを楽しみながら、

f0234936_805383.jpg

緑豊かな島を、時計回りに一周しました。岸辺に打ち寄せる波は、音が耳に心地よく、見ていて心が落ち着きます。

 最近いろいろなことがあり、まだまだ解決しなければいけないことが山積しているのですが、優しい緑の中を、湖の眺めや音、日の光に包まれて歩いていたら、心はただただ、目の前にいる蝶や花、湖を一心に楽しみ、味わって、二人ともそういう問題は、自然にどこか遠くに追いやっていました。

 歩いているだけで、そこにいるだけで、幸せに満たされるような、不思議な力が、ポルヴェーセ島にはある気がします。

f0234936_874148.jpg

 湖の周りを一周したら、港の近くにあるバールで、ジェラートでも食べて、ゆっくり一休みするはずだったのですが、バールはかつてとは場所が若干変わり、新しいバールは閉まっています。

 そこで、もうひとがんばりと、島の中央の丘を登ったところにある、こちらの宿を訪ねて、ジェラートを買って食べました。藤の花がみごとだったことを覚えていたので、この宿まで歩くつもりはあったのですが、坂道を上る前に、ジェラートを食べながら、腰を下ろして一息つけたらと考えて、港近くのバールを訪ねたのです。

f0234936_1702638.jpg

 この宿は、10年前に一泊したことがあり、その後、毎年、年に一度か二度ほど、散歩中に訪ねて、ジェラートを買ったことがある程度なのですが、それでも宿の女性が、わたしたちのことを覚えていてくれたので、驚きました。眺めを楽しみながら、のんびりジェラートを食べていたら、島を出る今日のフェリーの最終便の出発が近づき、「どうせ女の子を港に迎えに行かなければいけないから。」と、車で出発しようとしていたその女性が、車で港まで送ってくれました。

 ポルヴェーセ島は、春から初秋にかけてのみ、サン・フェリチャーノからフェリーで行くことができます。港近くの宿やレストランの経営者が変わり、これまでとは大幅にいろいろなことが変わっていくとは聞いていましたが、フェリーの便がなかった冬の間に始まっていたであろう工事は、まだ途中です。

f0234936_1656189.jpg

 まずは4月25日から5月1日にかけての、休みが多い時期に、そして、6月半ばを過ぎて、真夏が近づけば、今は比較的静かな島も、特に週末は、大勢の観光客でにぎわうことでしょう。今日もローマのかわいらしい小学生たちが、古城の近くでオリエンテーションをしているのを見かけたので、宿の人に尋ねたら、60人の子供たちが今週月曜から来ていて、明日まで島に滞在するのだと言っていました。

 9月に島に渡れなくなってしまう前に、またポルヴェーセ島に行ける機会を、できるだけ持てたらと考えています。

*************************************************************************************************
Isola Polvese sul Trasimeno in primavera
,
cantano gli uccelli, sono allegre le onde.
L'anima è in pace e gioia,
quando si passeggia tra i fiori, il verde e il lago.
Sembra di stare nel paradiso terrestre. 19/4/2018
*************************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/29732933
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hillfigure at 2018-04-20 13:04
こんにちは〜!

天国に近い島なんて素敵ですネー♪
冒頭のお写真にはも〜うっとり、
岸辺のお写真からは打ち寄せる波の音が聞こえてきそうです(人´∀`)
こんな素敵な島を散策しながら食べるジェラードは
また格別に美味しいでしょうね〜y(^ヮ^)y
きっと島を訪れる人達が島の自然を好み愛でてくれるので
島も訪問客の訪れや賑わいを喜んで歓迎してくれているのかもしれませんね!
Commented by ayayay0003 at 2018-04-20 17:00
私もなおこさんのブログを通してですが、ポルヴェ―セ島に憧れています~(^^♪
なおこさん御夫婦は、宿泊されたこともあったのですね~
ロ―マからの子供達、60人もが宿泊できるお宿なのですね☆
自然豊かなポルヴェ―セ島、この時期は自生の野のお花達がとびきり美しい季節ですね~♫
いつかのんびりと訪ねてみたいと改めて思いました♫
Commented by milletti_naoko at 2018-04-20 18:35
Cocoaさん、歩いているだけで、そこにいるだけで、うれしい気持ちになれるすてきな魅力を、緑の多い春の島を歩きながら感じました。波の音が耳に心地よかったです。

わたしは疲れ切っていたので、ジェラートをレジの前のソファーで食べたかったのですが、夫が外に行くのでやむなくさらに歩いたら、きらきら輝く太陽の下広がるオリーブ畑と湖が見えて、きれいでした。
Commented by milletti_naoko at 2018-04-20 18:40
アリスさん、ありがとうございます。中世の町並みや刺繍博物館、フレスコ画の美しい教会があるのはマッジョーレ島の方で、聖フランチェスコが四旬節の40日間を過ごし、ゆかりの井戸や眠ったという岩も残るマッジョーレ島も、好きで、観光客にはマッジョーレ島の方が人気があるのですが、わたしたちは、ただただ自然が豊かなポルヴェーセ島の方が、何だか空や緑や湖に包まれているようで、そのただ中を歩けるようで好きなんです。ユースホステルのような宿で、ふつうの山の宿のふつうの部屋に加えて、二段ベッドの大部屋もあるので、子供達はそういう部屋に泊まったのではないかと思います。そういう意味では、高校生や高校教員として泊まったことがある大洲青年の家に似たところがあるのですが、南予のこういう施設は、愛媛県でも一般の方にはあまり知られていないかもしれませんね。

港の近くの宿やレストランは改装されて、五つ星や四つ星の豪華なホテルができるらしいと聞いているのですが、それで、島の自然が損なわれることがないことを祈っています。
Commented by snowdrop-nara at 2018-04-24 17:29
こんばんは。
目の前の蝶や花、湖や緑をただただ楽しむ…
とても大切な時間を過ごされたんですね。
お写真から、湖をわたる風や水音を感じたくて耳を澄まし、目を凝らしました。

蝶といえば、
「もう飛ぶまいぞこの蝶々」のフィガロをうたった
すてきな短歌があるんです。
先ほど、ふと思いついて英語の翻訳をイタリア語に変更してみたら…
すごい!拙い訳なのにレオパルディの詩もどきです!
イタリア語って音楽なんですね!!
目から、耳からウロコの感動を
誰より先になおこさんにお伝えしたくて…お邪魔しました。
Commented by milletti_naoko at 2018-04-24 22:31
snowdrop-naraさん、芭蕉の俳諧の作り方の心得ではありませんが、自然豊かなポルヴェーセ島にいて、見渡す限り目に入る湖と緑に囲まれていると、その自然と一つになって、ゆったりとした、不思議な何かから解放されたような、そういう気持ちになれます。

どんなお歌か、また拝見しますね。イタリア語は、強勢アクセントや二重子音、開音節の母音が長く伸びる上、母音が多く、口が大きく開く母音が多いので、音楽的な、開放的な響きがある言語なのではないかなと、感じています。
by milletti_naoko | 2018-04-19 23:48 | Umbria | Trackback | Comments(6)