イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

ザリガニを鳥捕る湖畔の春の夕暮れ

 トラジメーノ湖畔の村、サンタルカンジェロに着き、夕日を見に行こうと、桟橋を渡り始めたとたんに、湖面をみやった夫が、「カンムリカイツブリ(svasso maggiore)ザリガニ(gambero)を捕まえたよ!」と言います。

ザリガニを鳥捕る湖畔の春の夕暮れ_f0234936_714312.jpg
Sant'Arcangelo sul Trasimeno, Magione (PG) 25/4/2018 19:52

 近視のわたしには、カンムリカイツブリが口に何かくわえていることだけが、かろうじて分かったのですが、瞬間を逃すまいと、とりあえず撮影しました。

ザリガニを鳥捕る湖畔の春の夕暮れ_f0234936_754978.jpg

 「大きいから食べるのに苦労してるみたいだ。」と夫が言うのを聞いてはいたものの、獲物がどれだけ大きかったかは、後から写真を見て、初めて知りました。イタリア語のgamberoには、「エビ、ザリガニ」の両方の意味があります。最初に夫の言葉を聞いたときから、写真を見るまで、わたしはずっと、カンムリカイツブリが食べようとしていたのは、それほど大きくないエビだろうと思いこんでいました。

ザリガニを鳥捕る湖畔の春の夕暮れ_f0234936_710723.jpg

 それが、こんなに大きく、しかも食べにくい獲物を捕って、食べようとしていたと知って、あとから驚きました。水に潜ったときに地中のザリガニを捕らえたのだろうと、夫は言います。

 以上3枚の写真は、すべて光学ズームで拡大して撮影した写真のうち、さらに、カンムリカイツブリが写っている部分だけを切り取ったもので、

ザリガニを鳥捕る湖畔の春の夕暮れ_f0234936_7112041.jpg

実際には、カンムリカイツブリは、わたしたちがいた桟橋から離れた水面にいたため、かなり小さく見えていました。

ザリガニを鳥捕る湖畔の春の夕暮れ_f0234936_7123968.jpg

 沈んでいく夕日を、よく見える場所から見送ろうと、桟橋の先の方へと急ぎます。すでに二人先客がいたので、桟橋の先端の手前で立ち止まったのですが、やや冷たい風が吹き始めたからでしょうか、その二人が岸へと引き返したので、夫と二人で、先端まで歩きました。

ザリガニを鳥捕る湖畔の春の夕暮れ_f0234936_7174274.jpg
20:02

 金色に輝く夕日は、空と湖を茜色に染め上げながら、沈んでいきました。写真の右手に見えるのは、カスティッリョーネ・デル・ラーゴ(Castiglione del Lago)の町です。

ザリガニを鳥捕る湖畔の春の夕暮れ_f0234936_7213212.jpg
20:06

 岸辺に戻ろうと引き返すと、東の空の高みに、白い月が見えました。

ザリガニを鳥捕る湖畔の春の夕暮れ_f0234936_724841.jpg
20:13

 桟橋の奥に見える島は、わたしたちが、つい先日フェリーで訪ねたポルヴェーセ島(Isola Polvese)です。この写真を撮影した場所の近くには、湖を眺められるベンチがいくつかあり、ベンチの上では、猫たちがくつろいでいました。

ザリガニを鳥捕る湖畔の春の夕暮れ_f0234936_728567.jpg
20:15

 こんなふうに夕焼け色に染まる湖を眺めている猫もいました。

 今日、4月25日は、イタリアでは、イタリア解放記念日(Anniversario della Liberazione d'Italia)で、国民の休日です。カトリック教会では聖マルコを記念する日でもあり、そのため、今日が誕生日のトーディに暮らす義弟の名は、マルコです。大家族で昼食を共にして、義弟の誕生日を祝い、義弟たちが帰宅したあと、夕日の頃に到着するようにと、サンタルカンジェロに向かいました。天気がいい祝日は、フェリーの港と電車の駅があるサン・フェリチャーノやパッシンニャーノは、人が多かろうと、少し足を伸ばして、このサンタルカンジェロまで来たら、正解で、人はいたのですが、ゆっくりと静かな中で、夕日を見送ることができました。

******************************************************************************************
Svasso maggiore, cacciatore sorprendente.

E' riuscito a prendere un grande gambero di lago!
A Sant'Arcangelo sul Trasimeno
cala il sole tingendo di arancione
il cielo e il Lago Trasimeno.
Alla riva in contemplazione anche un gatto.
******************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2018-04-25 23:54 | Fiori Piante Animali