イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

手作り階段・ブドウ棚、夫おみごと わたしは掃除

 テッツィオ山では、自生のランの花が美しい季節になり、野生のアスパラガスは今もすくすく育っています。今の季節に新緑の山を楽しんでもらおうと、来週の週末に友人たちを招待しました。そうして、友人たちを迎える準備をしようと、今日の午後は、夫は改築作業、わたしは掃除に励みました。

f0234936_45685.jpg
5/5/2018

 上の写真では、夫が高いハシゴに乗り、竹をうまく利用して、ブドウ棚を作っています。夫の家族と長いつきあいのある、最近退職した鍛冶屋さんが取りつけた鉄の棒や格子戸の強度や太さが今ひとつで、いろいろな意味で、安全性に欠けるのではないかと、夫は心配しています。本来は、ハシゴは鉄の棒に立てかけて作業をしたかったようなのですが、それだけの重さに耐えそうもないからと、姿勢や作業に無理があるものの、ハシゴを家の壁に立てかけて、作業を続けていました。高所恐怖症のわたしは、今写真を見ていても、はらはらしてしまいます。

f0234936_562980.jpg

 みごとだなと感心したのが、夫が自ら作り上げたこちらの階段です。踊り場の鉄だけは、鍛冶屋さんの仕事だそうですが、ドアがきちんと開き、かつ室内で場所を取りすぎないように、うまく工夫してあります。

 業者に見積もりを頼んだら、5千ユーロとのことで、それは高すぎるから自分で作るとは言っていたのですが、こんなにもりっぱな階段ができるとは思わなかったので、驚きました。

f0234936_59345.jpg

 階段の傾斜がかなり急になっているため、階段を上るときに、ひざが段にぶつからないように、互い違いに段の一部を切り取ってあります。今日の午後、義父と二人でやって来たお義母さんも、階段があまりりっぱなので、業者ではなく、夫が自ら作ったと知って、驚いていました。。

 天気予報では、今日は午後1時過ぎから、雨が降るとのことで、そのため、夫とわたしは朝のうちにテッツィオ山を登り、野生のアスパラガスを摘みながら、山を下って、うちで昼食を食べ、昼食後、改築作業や掃除をしました。ところが、実際には、雨がまともに降ったのは今夜になってからでした。おかげで、義父はアスパラガスの収穫、夫は外での改築作業ができたのですが、わたしは花粉症の症状に困りながら、掃除をしました。ホコリを取り除けば取り除くほど楽になれるという意味で、それが掃除のいい原動力になったかもしれません。

f0234936_5181999.jpg

 物干し竿というものが存在しないイタリアで、こんなふうに竹の巧みな利用を思いつく夫に、感心しています。トイレのタオルかけにも、やはり竹を使おうと、今日は、いろいろな太さの竹を、タオルかけが来るべき位置にあてたりしていました。

 できれば今年6月からは、週単位で旅行客などに貸せればと、そういう心づもりもあって、いろいろな作業を進めているところです。

******************************************************************************************
Il mio maritino al lavoro :-)
Bellissime le sue opere dalla scala all'appendiabiti.
Perugia 5/5/2018
******************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/29768722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jiroemon0310 at 2018-05-06 07:15
ご主人さん器用ですね^^

Jもいろいろ細工しますが踏み板がめっちゃお気に入りの治郎右衛門です(^_-)-☆
Commented by hillfigure at 2018-05-06 08:46
おはようございま〜す!
すご〜い、
夫さんの作った見事なブドウ棚にたくさんブドウがなるのが楽しみですね〜(●´∀`)
自作の階段も使う人の身になって考えた互い違いの工夫がとってもステキ、
愛情たっぷりのあったかい階段ですね♪
うちのニャンコなら間違いなく喜んで上がり下りしちゃいそう!
旅行客に貸し出すお部屋!!
いいな〜、もし訪ねたらそこに泊まれちゃうんですねヽ( ´¬`)ノ ワ~イ
うちはにゃんこもいるし義母も高齢で遠距離介護もあるしで
なかなか海外までの遠出は難しいけど、考えるだけでも(*≧▽≦)ワクワク~♪
Commented by ayayay0003 at 2018-05-06 10:49
なおこさん、素敵なミジャ―ナのお家が、手作りで完成に向かっていますね~(*^_^*)
6月は、イタリアでは、夏季休暇を取られる方が多いので6月に向けての作業なのですね!
それにしてもご主人様の作られた階段の立派なこと!
5千ユーロの見積もりのせいではありますが、5千ユーロ出してもこのような思い通りの階段が出来るとは思えません!
物干しざおがないイタリアで、の発想と完成した最後のお写真も素敵ですね~☆
Commented by nonkonogoro at 2018-05-06 15:57
階段も 物干し棒も
本当にプロの技ですね~(^-^)
本職は大工さん?

このお家は 観光客に貸出される予定なのですね~
グッドアイデアですね。

Commented by milletti_naoko at 2018-05-06 16:25
jioroemonさんも、お庭など、いろいろ工夫されていますよね。ありがとうございます。

オリーブ収穫用のハシゴを立てかけて、必要なときに押入れのように、物置がわりに使えば
と言っていたのですが、夫は、子供が安全に上って眠れるロフト風の寝られる場所に
したいと考えていました。みごとな階段でびっくりしました!
Commented by milletti_naoko at 2018-05-06 16:27
Cocoaさん、おはようございます!

夫の作品で言うのも何なのですが、すごいですよね。
確かにクロ坊ちゃんも、楽しく遊べそうです♪

オリーブ園が広いので、クロ坊ちゃん、散歩が楽しいかも。
Commented by milletti_naoko at 2018-05-06 16:31
アリスさん、ありがとうございます。

りっぱな階段ができて、驚いています!
おほめのお言葉、ありがとうございます♪

日本でいろいろな寺社などの日本庭園を訪ねたとき、竹を組み合わせた
柵や扉を興味深そうに見て研究していましたので、
そこから得たヒントも、ひょっとしたらあるかもしれません。
Commented by mitsugu-ts at 2018-05-07 15:45
おはようございます。この階段は、本当にすごいですね!板もしっかりと分厚くて、使い込むほど味が出そうです。僕は日曜大工は全くやらないのですが、自分でいろいろ作れる人には憧れます!しかし高所の作業は侮れません。引き続きお気をつけて!
Commented by milletti_naoko at 2018-05-07 18:17
みつぐさん、こんにちは。あんまりりっぱな階段ができたので、びっくりしました。夫はこんなふうに手や体を動かす作業は好きなんだなと、改めて思いました。ありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2018-05-07 18:20
nonさん、夫はウンブリア州庁の職員なのですが、お役所仕事よりは、農作業やこういう作業の方が、ずっと好きなようです。ありがとうございます。
Commented by papricagigi at 2018-05-09 04:23
わぁ~♪ ご主人さま、器用ですね!膝がぶつからないように工夫されたデザインもあっぱれです。階段って斜めになっているから、その角度に合わせて材料を切りそろえていくのも、難しそう(面倒くさそう~)! それから、Naokoさんのお家、こうして外側から見せてもらったの初めてのように思います。石の壁といい、扉の格子といい、木枠の窓といい、どこをとってもとってもチャーミングです!素敵!
Commented by milletti_naoko at 2018-05-09 16:38
Paprigagigiさん、左手の空間を有効活用できて、右手にある電源コンセントを隠さないようにと、夫が最初に作り上げた、やはりみごとな階段は、急傾斜であったために、一部切り取ってあっても、夫のひざは当たって上りにくかったからと、実は夫は、その後再び、電源コンセントを隠してしまっても上りやすくなるようにと、そのままでも十分ではないかと言う義弟とわたしの意見には耳を貸さず、作り直したのです。納得が行くまで作り直そうとする様子に、そういう作業が好きなんだなと、そして、こだわりがあるのだなと、感心しました。

ふだん写真を載せているのは、道から見た正面からの写真で、こちらはその裏側なんです。格子の色もきれいで、気に入っています。ありがとうございます♪
by milletti_naoko | 2018-05-05 22:23 | Altro | Trackback | Comments(12)