イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

バラ園の階段・迷宮 びっくりトイレ、 Vacunae Rosae

 ラッツィオ州、山あいにあるバラ園、Vacunae Rosaeは、美しいバラの花や水の流れの間を通って歩くことで、精神的な向上が得られる庭園として設計されました。土曜日に、数千種のバラが咲きほこる2万平方メートルのバラ園を歩いている間は、園内に案内看板や順路がなかったこともあって、自分が全体のどの位置にいるのかが分かりにくかったのですが、

バラ園の階段・迷宮 びっくりトイレ、 Vacunae Rosae_f0234936_592919.jpg
Roseto Vacunae Rose, Roccantica (RI) 19/5/2018

帰宅してから、パンフレットの地図を見て、わたしたちも登った、このバラに彩られた橋は、

バラ園の階段・迷宮 びっくりトイレ、 Vacunae Rosae_f0234936_5143893.jpg

バラ園中央にある、円が幾重にも取り囲む迷宮(labirinto)の外側から中心へとかけられていたことを、知りました。

 今、そう知ってから見ると、橋の上から写した写真では、

バラ園の階段・迷宮 びっくりトイレ、 Vacunae Rosae_f0234936_5201962.jpg

円状に植えられた色とりどりのバラの列が、何層もの輪を描いているのが、はっきりと分かります。

 庭の迷宮の外側から、道を探しつつ、中央にたどり着くことが、精神的な成長や向上を象徴している、そういう庭は、以前にもキアンチャーノ・テルメや、フランスの元修道院などで、見たことがあります。禅庭風の枯山水があると同時に、こんなふうにキリスト教の精神的向上を象徴する迷宮を、庭園の中央に設置することで、バラ園の散策が、精神的向上(elevazione dello spirito)につながるなるような庭園を意図していたのでしょうか。

バラ園の階段・迷宮 びっくりトイレ、 Vacunae Rosae_f0234936_5301078.jpg

 ガイドさんは、迷宮の外側から、わたしたちが中心を目指して迷い歩くのを待つ時間がなかったので、最初から橋を登って、見晴らしを楽しみつつ、迷宮の外から中央へと歩くように促したのかもしれません。

 今、記事を書きながら、何事においても、近道や答えを与えられて、すぐに目的を達成するよりも、回り道をしながらでも、自分で考え、迷いながら到達した方が、ずっと成長できるものなのだろうと、人生を庭園の迷宮に重ね合わせて、ふと思いました。迷宮の中にいる間、苦境にある最中には、それがなかなか分からないことが多いのではありますが。

バラ園の階段・迷宮 びっくりトイレ、 Vacunae Rosae_f0234936_5362482.jpg

 閑話休題。今日は、昨日の記事では割愛したバラの写真も、いくつかご紹介します。

 このバラは、同じ木に咲く花がそれぞれ異なる模様をしていて、赤が目立つ花もあれば、黄色が鮮やかな花もあり、どの花もあでやかです。

バラ園の階段・迷宮 びっくりトイレ、 Vacunae Rosae_f0234936_544512.jpg

 野山で見かける自生のバラ、イヌバラに花の形が似ているのに、色が異なるバラも、さまざまな品種が栽培されています。めずらしいと感じたからか、こういうバラの写真がたくさんあります。

バラ園の階段・迷宮 びっくりトイレ、 Vacunae Rosae_f0234936_5462481.jpg

 ミツバチは、花の間を飛び回り、蜜集めに忙しそうです。

バラ園の階段・迷宮 びっくりトイレ、 Vacunae Rosae_f0234936_547509.jpg

 このバラは、鮮やかな赤と、椿を思わせるような花の姿が美しいと思って、撮影したのだと思います。

バラ園の階段・迷宮 びっくりトイレ、 Vacunae Rosae_f0234936_549251.jpg

 バラ園のガイド付き訪問が始まるまで、しばらくの間、2枚目の写真の奥に見える館の前で、待ちました。館の前には、緑の芝生が広がる庭を取り囲むように、オリーブの古木が植えられています。ブドウ畑で、ブドウが病気にかかる可能性があれば、すぐ分かるようにと、ブドウより病気に弱いバラが、植えられているのを、イタリアではよく見かけます。一方、たくましく育ち、風雪に耐えるオリーブについては、近くにバラを植える習慣がないので、ここでは、オリーブの古木の前に、飾りとしてでしょう、バラが植えてあるのがおもしろいなと思いました。

 花盛りのバラの若木と、幹に節も穴もあるオリーブの古木との取り合わせはめずらしいのですが、色としても、また絵としても、不思議に合っていてきれいです。

バラ園の階段・迷宮 びっくりトイレ、 Vacunae Rosae_f0234936_5593934.jpg

 バラ園を訪問する前に、入場料金を払った館で、お手洗いに行くと、扉に漢字で、「男」、「女」と書かれていたので驚きました。描かれている和風とも中国風とも思える絵も、風情があります。トイレの中には、男性用か女性用かが、それぞれ、スーツとスカートを身にまとった人のシルエットの絵で、示してあります。

 受付の人に尋ねると、日本を意識して、注文して作った扉だそうです。温泉や銭湯なら、男・女という漢字で、男女別を示す場所が多いでしょうが、トイレの場合は、「紳士」、「婦人」の方が多いのではないかしらと思いつつ、字面としてはこの方が簡潔で、中国の方にも分かるのでいいのだろうと、思い直しました。Tシャツなどに書かれている言葉と同じで、日本語としての的確さよりもむしろ、デザインとしてのふさわしさの方が重んじられているのでしょう。

Roseto Vacunae Rosae
Tenuta La Tacita
02040 Roccantica (RI)
Tel. +39 0765 639031 - 0765 63626
Sito http://www.vacunaerosae.it

******************************************************************************************
Ponte & Labirinto del Roseto Vacunae Rosae 19/5/2018

Nel centro del giardino c'è un labirinto creato
da filari di rose disposti in cerchio.
Belli anche gli olivi decorati dalle rose.
Sorpresa! Sulla porta del bagno un disegno di tipo orientale
con i caratteri cinesi, 男(uomini)& 女 (donne)
i quali vengono utilizzati anche nella lingua giapponese.
L'esistenza del labirinto l'ho saputa solo dopo la visita,
guardando la mappa del roseto a casa.
Il roseto è vasto e purtroppo senza cartelli illustrativi
per indicare il percorso, i luoghi e le spiegazioni.
******************************************************************************************

関連記事へのリンク / Link all'articolo correlato
- 古の女神の森のバラの庭園、Vacunae Rosae

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2018-05-21 23:12 | Fiori Piante Animali