イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

夕日きれい珍客のいるキャンプ場、モンタルト・ディ・カストロ

f0234936_447531.jpg
 9月半ばに、夫が訪ねたがっていた古代エトルリア遺跡に近く、かつ、海辺にあるからという理由で、当日の夕方に訪れて、そのまま2泊することに決めたキャンプ場は、ラッツィオ州ヴィテルボ県モンタルト・ディ・カストロの浜辺にあるCalifornia Camping Villageです。

f0234936_422814.jpg
15/9/2018 19:22

 宿泊客は、キャンプ場の砂浜で、ビーチチェアとビーチパラソルを利用することができるので、夕方、ティレニア海に夕日が少しずつ傾き、沈んでいく様子を、ゆったりと愛でることができて、うれしかったです。午後7時には、監視員をする若者たちの仕事が終わるようで、そのかなり前から、ビーチパラソルやビーチチェアをたたみ始めるので、自分たちのビーチタオルを砂浜に直に敷いて、そちらに移動する必要がありはしたのですが、その方が、打ち寄せる波に近寄れるという利点もありました。

f0234936_431152.jpg
19:26

 波がひどく高いので、わたしは海に入る度胸がなかったのですが、夕焼けがそれはきれいでした。キャンプ場の砂浜なので、夕日を見送ってから、コテージに戻って、すぐシャワーを浴びられるのも、便利でした。

f0234936_437167.jpg
21:15

 キャンプ場のレストランでは、9月半ばになって、客が減りつつあったからか、メニューにあるので注文しようとすると、ないという料理も少なくなく、魚のオーブン料理を頼むと、「20分は待つことになりますよ。」と言われたので、早く運ばれて来そうなスモークサーモンの前菜を頼みました。

 それでも同様に20分以上待ったので、夫が「魚のオーブン料理にしておけばよかったね。」とあきれながら言ったのですが、

f0234936_4404791.jpg
20:49

近くの壁の上の方に、ヤモリ(geco)がいて、周囲を飛び回る虫を捕まえようとするのに、なかなか捕まえられない様子が、見ていてかわいらしいので、退屈せずにすみました。

 「昔は、ペルージャ中心街の家の外壁に、ヤモリがいて、時々見かけたんだよ。」と、まだ中心街に住んでいた頃のわたしを夫が訪ねに来て、いっしょに町中を散歩していたとき、夫がよく言っていました。

f0234936_447531.jpg
22:13

 夕食を終えて、コテージに戻ると、入り口のドアの前に、今度はかわいらしいヒキガエル(rospo)が、ちょこんと座っています。このヒキガエルは、夫が翌日の晩にも、ドアを開けたときに、すぐそこにいかけるのを見かけたので、入り口の明かりに寄って来る虫たちを食べようと、このドアに陣を張っているのではないかと思います。

f0234936_4524238.jpg
16/9/2018 18:09

 ヒキガエルが夜守ってくれていた、わたしたちが宿泊したコテージは、こちらです。ビーチタオルや水着を干せる物干し台や洗濯バサミもあって、便利でした。小さい台所と、台所用のテーブルもあったので、二日目の晩は、食べるのが遅くなりすぎないように、そして、外食ばかりでは食べすぎるし費用もかさむからと、近所のスーパーで、あれこれ買って来て、夕食を食べました。

 ヴルチ自然考古学公園に近い海辺の宿を、土曜の夕方に行き当たりばったりで決めなければならず、あれこれもめながら決めた宿ではありますが、きれいな夕日を二日続けて浜辺から見送ることもでき、静かな宿でゆっくりと休めたので、よかったと思っています。

*******************************************************************************************
Un rospetto davanti alla porta del nostro cottage

al Camping California sulla spiaggia della quale
abbiamo potuto ammirare il bel tramonto.
Quella sera sulla parete del ristorante c'era un piccolo geco,
poi la sera dopo il rospo è tornato davanti alla nostra porta!
Montalto di Castro (VT) 15-16/9/2018
*******************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30092201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayayay0003 at 2018-10-08 12:04
なおこさん、海辺のコテージ、素晴らしい場所ですね!!
夏期の間とは、違い、メニューが少ないのは残念ですが
繁忙期じゃないと仕方ないですね!!
ヤモリさんや、ヒキガエルさんも可愛いくて癒やされましたね~(o^^o)
海辺の風景は、やはり瀬戸内海育ちの私は、大好きです(^-^)
Commented by hillfigure at 2018-10-08 18:42
こんにちは〜!

冒頭から波音が聞こえてきそうなお写真ですね!
海辺でゆったりと夕日を眺めたり打ち寄せる波音を楽しんだり、とても気持ち良さそうですღ˘◡˘ற♪
広々した芝生もある可愛らしいコテージですね!
レストランでは綺麗な柄のあるヤモリがお料理を待つ間の余興を担当してくれたのですね((o´v`o)ノ
夜の警備担当のヒキガエルさんは見つからないように
体の模様を一生懸命に床と似たような柄にしたのでしょうね〜♡
旅先でスーパーでお買い物したりや自炊したりするのも楽しいですよね!
むか〜し、フィレンツェに1週間滞在したときに
飛び込みで入ったホテルでホテル所有のアパートの1室を使わせてくれたことがあって
近くの市場で買い物したりしてとっても楽しい滞在だったのを思い出しました(✿´ ꒳ ` )ウンウン
Commented by milletti_naoko at 2018-10-08 19:07
アリスさん、わたしたちは日中は出かけていて使わなかったのですが、
敷地内には自由に利用できるプールもありました。
動物がいろいろいるということは、それだけ人にも優しい環境なのだと
思いますし、まさか浜辺近くのキャンプ場で出会うとは思わなかったので、
何だかうれしかったです。ヤモリは石壁に見かけることが多いような。
海はいいですよね。今治の高校に勤めていた頃、4階の教室からは
瀬戸内海がきれいに見えたことを懐かしく覚えています。
Commented by milletti_naoko at 2018-10-08 19:12
Cocoaさん、波が荒いのを逆に楽しんで、飛び込むことを
繰り返す親子連れも見かけました。
ティレニア海は、夕日が海に沈むのを浜辺で見られるのがいいな
と思いました。アドリア海の朝日は、かなり早起きしないと
見るのが難しいですから、なおさらに。
ヤモリが取ろうとしていたのは蛾か何かだったようにぼんやり
覚えているのですが、近くの他の客も、ヤモリの方を
時々見やって、話をしていました。
ヒキガエル、そうなんです。床の色とよく似ていますよね。
だから虫に見つかりにくいことを知って、場所を選んでいたの
かもしれません。愛嬌があって、かわいらしかったです。
フィレンツェでの滞在時にそういうことがあったんですね!
暮らすように旅をされる、すてきな思い出ができましたね。
by milletti_naoko | 2018-10-07 22:01 | Lazio | Trackback | Comments(4)