イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

油断せず間際にも見よう発着案内、国際空港・イタリア鉄道駅

f0234936_7192736.jpg
 2012年6月に、ローマから飛行機でパリに行ったとき、かなり早めに空港に着いたので、チェックインを済ませたあと、搭乗ゲートがどこか分かるまで、しばらく待たなければいけませんでした。ようやく電光掲示板に案内が出たので、搭乗口まで移動し、ゲート前の椅子に座って、搭乗時間を待っていると、ところが、予定搭乗時刻の少し前に、搭乗ゲートが変わるという案内が、突然ありました。

f0234936_6155556.jpg
Aeroporto di Parigi Charle de Gaulle, Francia 12/6/2012

 わたしが気づいたのは、搭乗口のモニター画面に、それまで映し出されていた航空会社と目的地が、突然別の航空会社と目的地に変わったからです。確かその直後に、イタリア語と英語で、搭乗ゲートの変更を知らせる音声案内もあったのですが、もしモニター画面の表示の変更に気づかなければ、音声案内を聞き逃していたかもしれません。わたしは幸い、すぐに案内に従って移動したので、無事に別の搭乗口から乗るべき飛行機に乗り込むことができたのですが、気づかなかった人も数人いたようで、飛行機の出発前に、搭乗するべきなのにまだ来ていない旅行者を、何人も呼び出していました。

 そういう経験があるので、飛行機に乗るときは、搭乗ゲートに到着してからも、時々、発着案内の電光掲示板に目をやって、搭乗口の変更がないことを確認しています。

f0234936_6504116.jpg
Alba sulla spiaggia di Torre Pedrera (RN) 24/8/2018 6:52

 今になって6年前の話をするのは、先週土曜日に、遠いトスカーナの町から、電車でわたしたちを訪ねに来てくれたアメリカのご夫妻が、鉄道駅で同じような体験をして、電車に乗り遅れてしまったことを知ったからです。

 イタリアの鉄道駅では、ミラノやフィレンツェのようにプラットフォームが多数ある大きな駅はもちろん、ホームが三つしかない小さい駅でも、電車の発着するホームが変わる可能性があります。そのため、特に大きな駅では、電車によっては出発の10分ほど前になるまで、電光掲示板に発着のホームが掲示されない場合さえあります。そして、まれにですが、一度掲示板に表示されたホームが、その後変わってしまうこともあります。実際に電車が到着した順序が、掲示板に表示を出したときに予想されていた順序とは違ったり、大幅に到着が遅れている電車があったりするためではないかと思います。

f0234936_7192736.jpg
6:53

 土曜日に、早めに駅に到着して、電光掲示板で出発ホームを確認したアメリカのご夫妻は、すぐに電車に乗り込まれたのですが、出発間際になって、急にたくさんの人が電車を降り始めたので、不安になったそうですが、そのまま電車に残られたそうです。そうして、その後、英語が分かる人に質問をして、出発ホームの変更を知ったときには、乗るべき電車はすでに出てしまったあとだったそうです。すでに乗客が乗り込んだあとでのホームの変更なので、電車自体に何か問題があるのが分かって、急遽別のホームから別の電車が、代わりに走ったのかもしれません。わたしたちに会いに来られるために乗った電車だったので、少々遅れたからと言って、特に問題はなかったのですが、電車を乗り過ごしたために、席を予約してあった特急列車や飛行機に乗り遅れる方が、今後出てくる可能性もあります。

 そういうわけで、もし皆さんが、今後国際線の飛行機やイタリアの電車に乗られる機会がありましたら、出発前まで、時々発着案内の掲示板を確認すること、そして、音声案内に注意することをお勧めします。

 写真は8月下旬に、夫や友人たちといっしょにアドリア海岸を歩きながら、夜明けを迎えたときに、友人に頼まれて撮影した写真です。「砂浜に落ちていた飛行機と朝日をいっしょに撮りたいのだけれど、わたしのスマートフォンは電池切れしそうだから。」と頼まれて、撮ったものです。

****************************************************************************************************************
Il sole e l'aereo all'alba sulla spiaggia di Torre Pedrera
Torre Pedrera (RN) 24/8/2018 6:53

Foto ideata da Rosi, scattata da me :-)
Invece, l'articolo parla della possibilità che la porta d'imbarco
possa cambiare solo qualche minuto prima del volo.
Mi è capitato quattro anni fa a Roma, quindi è meglio
controllare ogni tanto la tabella con arrivi e partenze,
soprattutto quando si arriva all'aeroporto molto prima del volo.
Parlo ora di questo, visto che sabato i miei amici residenti in America
hanno perso il treno in una stazione in Toscana, perché il binario di partenza
è cambiato nell'ultimo momento ma loro non se ne sono accorti.
****************************************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30098182
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hillfigure at 2018-10-12 07:43
おはようございま〜す!

夕陽の中を滑空する飛行機、オモチャでも臨場感はたっぷりですね〜♪
男の子がよくそうやって遊びますよね!
砂に忘れていってしまった子は今頃残念がっているのかなあ...
知らない土地、特に海外での電車や飛行機の発着は
いつもハラハラドキドキです(´-ω-`)。
特に海外は乗り継ぎなどの発着時間がスムーズじゃないことが多々ありますけど、
直前でゲートやホームが変わったりすることもあるんですね〜(;゜Д゜)
イタリア暮らしをしているなおこさんでさえそんな事態に遭遇するのだから、
たまの旅行ならなおのこと気をつけないと!ですね(๑˃̵ᴗ˂̵)و ヨシ!
Commented by milletti_naoko at 2018-10-13 16:46
Cocoaさん、友人の思いつきのおかげで、いい写真が撮れました。
夏の砂浜は大勢の人がいて、子供は次から次へといろんなもので
遊ぶので、うっかり大切な飛行機を忘れてしまったのでしょうか。
まだ朝早かったので、日中同じ男の子がやって来て、見つけていたら
いいのですが。

国際空港は広いですし、案内の放送があっても、皆がきちんといつも
注意している状況ではないので、こういうことがあると困りますよね。
気をつけておくに越したことはないと思います。
by milletti_naoko | 2018-10-10 23:54 | Viaggi | Trackback | Comments(2)