なおこのイタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

感謝すれば自分が変わる世界も変わる、ディーパク・チョープラ仏英語版瞑想講座1日目

 今夜聞いた瞑想講座で、感謝している人やものを一つ思い浮かべてくださいという言葉を聞いて、思い浮かべたのは、夕食前にけんかしたばかりの夫のことでした。いろいろあるけれども、この人に出会えてよかったな、ありがたいなと思ったら、優しい気持ちになれました。



 今日から始まったディーパク・チョープラの21日間瞑想講座、『La force cosmique de la gratitude』は、フランス語版です。けれども、例によって、ディーパク自身による聞き取りやすい英語の音声のあとに、フランス語訳が続くという形を取っていますし、登録すると、毎朝、その日の講座の内容の要点をフランス語で紹介したメールを受け取ることができるので、わたしのように、フランス語学習を長い間さぼっていても、先行する英語の音声やメールの内容を頼りに、受講することができます。

 記事の題名は、今日の講座を聞いて印象に残った言葉からつけました。「日々いろいろな人や物事に感謝できるようになると、自分がいい方に変わってくるし、世界もそれまでとは違ったものに見えてきます。この講座を通して、そうやって感謝の心を培っていきましょう。」と、ディーパクが言っていたように思います。例として挙げていたのは、同じように忙しい仕事や家族の問題を抱えている人が二人いたとして、一人は仕事や家族の問題ばかりで頭がいっぱいで、もう一人は、空に輝く太陽や目に映る自然、温かい日の光を楽しんでいるとすれば、二人の心境はまったく違ったものとなるということでした。これを聞いて、遠い昔に読んだ、確かアンソニー・デ・メロが集めた話の中にあった囚人の話を思い浮かべました。二人の囚人が砂漠の牢獄に囚われていたけれども、一人は鉄格子と果てしない砂漠ばかりを見ていたのに対し、もう一人は太陽と広大な空を見ていたといいうような話だったように思います。ポリアンナ物語で、少女ポリアンナがしていた「よかった探し」も頭に浮かびます。

 日々さまざまなことが起こる状況の中で、感謝の気持ちを持つことによって、心穏やかに、豊かに生きていくことを、今回の瞑想講座が助けてくれて、かつフランス語の再勉強にも役立ってくれるものと、楽しみにしています。

f0234936_1665763.jpg
Lo Spacco della Regina, Ansedonia (GR) 15/9/2018

 ディーパクの講座で使われていた冒頭の写真を見て、9月半ばの旅行で訪ねた浜辺で見た、神秘的な光を思い出しました。マレンマの古代遺跡を訪ねたあと、近くの浜辺を散歩していたら、岩に裂け目があって、中を歩けるようになっていたのですが、しばらく歩くと、突然まばゆいばかりの光が、上方の岩のすき間から差し込んで、周囲を照らし出しているところがあったのです。

 この岩の裂け目はとても興味深かったので、またいつか記事でご紹介するつもりでいます。

*******************************************************************************************
Stavamo camminando nel buio tra le pareti alte di roccia e
d'improvviso è apparsa una luce brillante
che illuminava la cavità rocciosa.
@ Spacco della Regina, Ansedonia (GR) 15/9/2018
*******************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30107628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hillfigure at 2018-10-16 14:24
こんにちは〜!
感謝の心を培う、とっても大切な教訓ですね!
優しい気持ち、という文字を読んだだけで心が落ち着く感じがします。
わかっているつもりでも忙しさに忙殺されてつい否定的になってしまったりする事は少なからずありますから、
今日なおこさんが書いて下さった言葉を強く念頭に置いておきたいと思いました(๑˃̵ᴗ˂̵)و
少女ポリアンナの「よかった探し」も早速始めなくっちゃ、です♪
裂け目から注ぐ光は今日のお話にぴったりな神々しい美しさ...(*ฅ́˘ฅ̀*)

Ps 昨日のイタリアは強かったですね〜(๑>◡<๑)
Commented by milletti_naoko at 2018-10-16 15:51
Cocoaさん、こんにちは。
まだまだかなりお忙しいようですね。どうかお体を大切にしてくださいね。
忙しいとつい気持ちに余裕がなくなりますよね。「心が亡くならないように」
と書かれていたのは渡辺和子さんの著書だったような。
ポリアンナは原作の物語と続編も読んで、感動したのを覚えています。
こうなったらイタリアにはぜひ頑張ってほしいものです。
Commented by そらのいろ at 2018-10-16 19:21 x
きれいな色の光ですね~  こんなの初めてです
忙しい時 心ガざわつく時に、ここで美しい写真だけ
見せてもらって戻る事があるんですよ ありがとう!

私も夫とケンカの後は 後姿に「ありがとう」を
試みますね 正面からは言えませので 笑   
瑞々しい心や感じる心が感謝の出発点かも。。
幸せになる為にとかでなく「ありがとう」と言いえる 
自分の生活や心の動きも ありがたいって気がします 
 

 
Commented by milletti_naoko at 2018-10-17 03:31
そらのいろさん、あふれるまばゆい光に驚きました。
暗い中を歩いていただけに、とても神秘的に感じられました。
写真がそんなふうにお役に立っていると知って、わたしこそ
うれしいです。ありがとうございます。

ありがとうは、まずは気持ちが大切ですよね。わたしも
心の眼鏡でよりよく見られるようにするためにも、
ありがとうと感じられるようでいたいなと考えています。
by milletti_naoko | 2018-10-15 23:13 | Vivere | Trackback | Comments(4)