なおこのイタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

ほっと一息 秋の夕空

 昨日の朝は、夫は一足先に収穫を始めるために、うちからすぐミジャーナに向かい、わたしは週末の食事のための買い出しに、スーパーで買い物をしてから、わたしの車でミジャーナに行きました。テッツィオ山を走る砂利道で行き交う車が妙に多いと思いながら運転していたら、カーブを回って後はうちまで一直線という道のそのカーブのあたりから、私有地であるオリーブ園の入り口に設けた鎖の前までずらりと車が並び、ひょっとしたらイノシシ狩りがあるのだろうかと思っていたら、柱に午後5時までイノシシ狩りが行われるので要注意という張り紙がありました。

 わたしが着いた頃には、ちょうどオリーブ園のすぐ上の方で銃声が響き、犬の鳴き声が聞こえていたのですが、昼食のしたくを終え、友人が到着した頃には、幸いまだ銃声や犬の鳴き声は聞こえたものの、狩猟の場所がオリーブ園から遠ざかっていました。狩猟が終わったのは午後5時頃のことです。

f0234936_19495758.jpg
Monte Tezio, Perugia 4/11/2018 16:57

 そうして今朝もまた、今度は山の下方ではありますが、朝からにぎやかな銃声や犬の鳴き声が聞こえていました。オリーブの収穫を昨日、今日と2日間無事に終えることができて、ほっとしているのは、まだまだ実がなったオリーブの木はたくさんあるものの、狩猟の流れ弾や自由に歩き回る猟犬による害なしにすんだという思いも、その危険の可能性がわずかではあったと言っても、やはり大きい気がします。

 写真は、ペルージャのうちに戻るしたくをするために上った2階の窓から、夕焼け色をした雲が見えたので、撮影したものです。写真では分かりにくいのですが、夕焼けの空の光を浴びて、紅葉がよりきれいに見えました。

f0234936_19503924.jpg

 空の色をそのままに写そうとして撮った写真では、森の紅葉が見えにくくなっています。

f0234936_19511120.jpg
16:58

 ミジャーナはテッツィオ山の中腹、西の斜面にあるために、西の空は見えないのですが、東に広がるテベレ川が流れる平野は、その奥にそびえるアッペンニーニ山脈の山々まで、見渡すことができます。東の空にも、ピンク色の雲が見えました。

 今日は日の入りが午後4時59分と、ちょうどわたしがこの写真を撮影した頃だったようです。午後5時前には日が沈んでしまうのだと、冬時間に戻ったときに覚悟はしていたものの、改めて思いました。

*****************************************************************************************
Monte Tezio al tramonto
, Perugia 4/11/2018 16:58
Belle le nuvole arance e rosa sopra il Monte Tezio,
esaltavano i colori d'autunno del bosco.
*****************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30146185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tawrajyennu at 2018-11-05 11:20
こんにちは♪
今は、オリーブの収穫真っ最中なのですね。
そちらでも、今は狩猟のシーズンなのですね。
日本でもこの時期、流れ弾に当たったりする事故が毎年
起きています。
うちの田舎でも、猪や鹿狩りが行われるので、
この時期から狩猟の終る3月までは、山に入るのは注意が必要です。
何事もなく、済んでほっとしたという気持ち、痛いほどわかります。
Commented by ayayay0003 at 2018-11-05 17:14
なおこさん、ミジャ―ナのオリーブ畑のほんの近くでの狩猟は、ちょっと怖いものが有りますね!
猪が増えて悪さをするというのに、困っているのでしょうか?
我が家の近所では、猪の被害が多く、やはり、もっと山奥ですが猪狩りはあるようです!
でも、民家が近くにあるような場所でも狩猟は控えて欲しいものですね!
流れ弾に当たらなくても、犬は来る可能性大で怖いですよ~(>_<)
何事もなくてほっとしましたね(*^_^*)
山の紅葉が綺麗ですね~☆
Commented by milletti_naoko at 2018-11-06 16:13
タワラジェンヌさん、おはようございます。
なんと日本でも流れ弾による事故が毎年起こっているんですね。
以前、ウンブリア州のイノシシ害対策を学びに日本から研修に来た方の
通訳を務めたことがあって、ウンブリアでは猟師が狩りをするために
州にお金を払うのに、対馬市では、市がイノシシをしとめた猟師に
お金を払うと聞いて、日本ではそれほど狩猟が行われていないと
思い込んでいました。

そんなに盛んにお宅の近くで行われるのでは、山に入るのは危険ですよね。
ありがとうございます。タワラジェンヌさんのお気持ちも、そちらでも
大変だろうということも、わたしも痛いほど分かります。
Commented by milletti_naoko at 2018-11-06 16:21
アリスさん、民家から数百メートル以内では発砲してはいけないことになっている
ものの、最近の銃は性能がいいので、はるかに遠くから発砲した銃の流れ弾が来る可能性もあるので、
銃声が近くで聞こえている間は、特にひやひやしました。猟犬は、幸い時々何匹かすぐ近くまでやって
来たものの、吠えることも近づきすぎることもなく、幸いすぐに向こうに行ってしまっていました。
ただ、狩猟が終わって皆が引き払ったあとも、少なくとも2匹以上の犬の鳴き声が聞こえていたので、
森に残された狩猟犬がいたようで、最近はこの辺りにも出る狼に会うことがなく無事に犬たちが過ごせた
ように祈っています。

なんとお宅の近くでもイノシシ狩りがあるんですね。ミジャーナのこんなにうちの近くを猟師や猟犬が狩猟に
うろつくのは十数年ここにいて初めて見ました。近くに私有の狩猟や犬の訓練のための土地があるので、
そこでのどんぱちやイノシシ狩りのためのかけ声、犬の鳴き声はよく耳にしていたのですが、その場合は
うちまで押し寄せる可能性はないので安心なのです。

イノシシの害は多いのですが、趣味で狩猟をしている人が多く、残念ながら数年前に、自分たちが狩りを楽しむ
ためでしょう、車で山にイノシシに餌としてスイカをやりに行く一団を見かけたこともあります。
紅葉がきれいで、うれしかったです。
by milletti_naoko | 2018-11-04 22:47 | Umbria | Trackback | Comments(4)