イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

雪山にあそびカステッルッチョへ

雪山にあそびカステッルッチョへ_f0234936_7371792.jpg
 昨日の午後は、シビッリーニ山脈の南、アブルッツォ州・マルケ州方面から峠を越えて、カステッルッチョ・ディ・ノルチャに向かおうとしたのですが、峠、フォルカ・ディ・プレスタ(Forca di Presta、標高1540m)までは車で進めたものの、

雪山にあそびカステッルッチョへ_f0234936_6563671.jpg
Forca di Presta, Arquata del Tronto (AP) 12/1/2019

峠を下り始めてすぐの道路に、雪が高く積もっている箇所があります。そこで、わたしたちは、他の登山客同様に、峠の駐車場に車を置いて、雪山を歩くことにしました。

雪山にあそびカステッルッチョへ_f0234936_6433896.jpg
Monte Vettore, Arquata del Tronto (AP)

 峠の傍らに高くそびえる山は、シビッリーニ山脈(Monti Sibillini)で最も高い山、ヴェットーレ山(Monte Vettore、 2476m)です。

 登山靴に履き替え、登山用ゲートルをつけていると、このヴェットーレ山の斜面を登って、高みからカステッルッチョを見ようと、夫が言います。ご覧のように、ヴェットーレ山の斜面は急で、雪が深く積もり、歩きづらそうです。

雪山にあそびカステッルッチョへ_f0234936_6524259.jpg

 峠からでも、奥の方にカステッルッチョの広大な高原が見えていて、グーグルマップには、カステッルッチョ・ディ・ノルチャまであと6kmという表示がありました。ゆるやかに山を下る車道を通ってカステッルッチョまで歩いて行きたいと、わたしは思ったのですが、夫にここまでかなりの長距離運転をしてもらっていたので、このときは反論しませんでした。
 
雪山にあそびカステッルッチョへ_f0234936_6372432.jpg

 さて、わたしたちが雪山を歩く準備をしている間に、道路の雪が高く積もったところを進もうとして、雪の上に乗り上げてしまい、動けなくなってしまった車がありました。

 手助けを申し出た夫が、かなり長い間、車を動かそうと協力していたため、わたしは最初は、夫を待つ間にもう少し先まで歩けば、カステッルッチョが見えるところまで行けるのではないかと考えて、車道を下り始めたのですが、歩くうちに、車が動くようになれば、わたしがいるところまで夫が車に乗せてもらってやって来るだろうと思いついて、そのままカステッルッチョへと歩き続けることにしました。

雪山にあそびカステッルッチョへ_f0234936_7124053.jpg

 そうして歩いていたら、後ろから歩いてやって来た夫に追いつかれました。動けなくなった車の人たちは、先には進まず、引き返すことにしたそうです。

 除雪車が通ったばかりで、車道にはわずかに柔らかな雪が残るばかりで、凍って足が滑るような場所は、ほとんどありません。わたしたちが歩いた1時間半余りの間、歩く人には数人出会いましたが、通った車は1台だけで、おかげで安心して歩くことができました。

雪山にあそびカステッルッチョへ_f0234936_7162627.jpg

 まだだれも歩いたことのない真っ白な雪がきれいです。雪の上にストックで、漢字の「雪」という字を書いてみました。

雪山にあそびカステッルッチョへ_f0234936_7183555.jpg

 ここまで来ると、夏には野の花が一面に咲いて美しい広大な高原を見晴らすことができます。このとき夫が、前方で作業にいそしむ除雪車2台に気づいて、教えてくれました。

雪山にあそびカステッルッチョへ_f0234936_7224028.jpg
Castelluccio di Norcia, Norcia (PG)

 しばらく除雪作業を眺めていると、その間に、除雪車の脇を通って、わたしたちの傍らを通り過ぎ、峠へと進んで行った車が1台ありました。

 「除雪もしているし、あの車が向こうからここまで来られたなら、ぼくらも車でカステッルッチョやノルチャまで行けるはずだよ。」との夫の言葉で、峠まで来た道を引き返すことにしました。

雪山にあそびカステッルッチョへ_f0234936_7275013.jpg

 夫が、空高くを飛ぶ大きな鳥を見つけて、「ほら、あそこだよ。」と教えてくれたのですが、近視のわたしには鳥を見つけることができませんでした。夫が頭を近づけていたのは、わたしが視線を向ける方向を確認するためです。

雪山にあそびカステッルッチョへ_f0234936_7324988.jpg

 積もった雪の高さが、わたしよりも高いところさえあります。

雪山にあそびカステッルッチョへ_f0234936_7302676.jpg

 沈みゆく太陽が山の端に近づくと、高原や雪山が、淡い金色を帯び始めました。

雪山にあそびカステッルッチョへ_f0234936_7341893.jpg

 足の影も長くなったので、うれしくなって撮影しました。

雪山にあそびカステッルッチョへ_f0234936_7371792.jpg

 そうこうしている間にも、夫が坂道を登っていくので、わたしも早足で後を追います。

雪山にあそびカステッルッチョへ_f0234936_7395423.jpg

 日かげを歩くと、周囲が急に暗くなったので、思いついて調光レンズを入れた眼鏡をはずしてみました。レンズは黒に近い色をしていて、レンズを通して見るのと見ないのとでは、色がかなり違って見えます。

 こんなふうに、写真を撮ったり休んだり、遊んだりしながら、「下りはよいよい登りはつらい」山道を登って、峠まで戻りました。

*******************************************************************************************
La mia ombra con le gambe lunghe
,
scrivere sulla neve 雪, la parola 'neve'
in lingua giapponese.
Bello giocare e camminare sui Sibillini innevati. 12/1/2019
*******************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

by milletti_naoko | 2019-01-13 23:45 | Umbria