イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

クロッカス花咲き山に春の足音、ペルージャ テッツィオ山

f0234936_721418.jpg
 ペルージャの町の北方にあるテッツィオ山(Tezio)は、標高は961mで決して高い山ではないのですが、かつて古代エトルリア人と古代ウンブリア人の居住地域の境界にあった最も高い山であり、通行の要であったなど、興味深い話を、土曜に参加した考古学・登山ガイドの説明つきのテッツィオ山周遊で、聞くことができました。その上、思いがけない春の兆しに出会うことができました。

f0234936_647175.jpg
Monte Tezio, Perugia 9/2/2019

 ミジャーナの教会前から、砂利道を通って北西に向かうと、5月にはピンクや白のかわいらしい花を咲かせるイヌバラ(rosa canina)の真っ赤な実が、とてもきれいでした。ビタミンCたっぷりのイヌバラの実は、花粉症対策にハーブティーとして飲むために購入したこともあるのですが、幾度も参加した食用・薬用となる草花を学ぶ野外講座の一つで、冬の凍るほどに寒い時期を過ぎた頃に収穫すると、最も栄養価が高いのだと教わったことがあります。

 土曜は、皆についていくのに精一杯で、実を集めるひまがありませんでした。赤く熟した美しい実を、山のあちこちで見かけただけに残念です。

f0234936_79563.jpg

 森の広葉樹は、緑のツタは別として、ほとんどが葉を落とし、風雪に耐えたオークの枯れ葉が、時々枝に残っているばかりです。

f0234936_734949.jpg

 最初に見つけた春の兆しは、つぼみが開こうとしているヘレボルス(elleboro)の花です。開きかけたつぼみの縁が赤いので、バラにも似たかわいらしい花を咲かせることでしょう。

f0234936_7134527.jpg

 木々が葉を落としているおかげで、テッツィオ山の北西の端に近づいた頃、はるか下方に、いつもは車道から見上げるだけの、丘の上に建つアントニョッラ城(Castello di Antognolla)を、木々の細い枝の間から見ることができました。

f0234936_7195892.jpg

 森を抜けて、緑の草に覆われた斜面を登り始めると、今年初めて見るクロッカス(croco)の花が咲いていたので、うれしくなりました。

f0234936_721418.jpg

 この日は森を出て、テッツィオ山の頂付近を歩くと、かなり激しい風が吹いていましたし、最も寒い時期には雪も積もったことでしょう。ふだん山や森で見かけるクロッカスに比べて、花がかなり小さいのですが、そうした冬の寒さに負けず、きれいな花を咲かせていました。

f0234936_7255318.jpg

 登山の中級者・上級者対象のテッツィオ山周遊だったので、皆に遅れながら、山の斜面を登りました。

f0234936_7281244.jpg

 イタリアでは雌クロウタドリの日(giorni della merla)、日本では立春を過ぎ、ひと頃に比べると、気温が上がってはいるものの、山の高みには、まだ雪が残っているところもあります。

 夫や友人たちとの山歩きなら、遅れて歩けば待ってもらえますし、同じようにゆっくり歩く仲間もいるのですが、土曜はガイドといっしょに初めて会う人たちと山を歩いたために、皆に遅れないように必死で、標高差700mの13kmを歩き、大変でした。けれども、夫が生まれ育ち、改築中の家が建つミジャーナがあるテッツィオ山について、興味深い話を聞くことができ、早春の花も見ることができて、うれしかったです。

********************************************************************************
Fiori di croco, boccioli di elleboro
,
i segni di primavera sul Monte Tezio.
Bacche rosse brillano nel sole,
ancora rimane ma è quasi scomparsa la neve.
Monte Tezio, Perugia 9/2/2019
********************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

冬カメ魂が熱い!思い出の冬ショット&大好きな雪景色はコレ!
トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30408611
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ムームー at 2019-02-11 08:57 x
なおこさん
おはようございます
山歩きから見えるお城にお花たち
赤い実など楽しむことがたくさんありますね
ご主人様の育たれたミジャーナ、いいところですね
改築中のお家もあってお話を聞いたり
美しい写真を見せて貰って憧れていますの
いつもありがとうございます
こちらは今日は雪が降りそうです
Commented by princesscraft at 2019-02-11 09:43
おはようございます。
そちらは、春の兆しなのでしょうか。
ヘレボルス、クリスマスローズの仲間のようですね。
クロッカスともども野生ですね。
山を歩くとこういう植物に出会えるのも楽しそう・・

Commented by ayayay0003 at 2019-02-11 12:51
なおこさん、いつも登られてるテッツィオ山も、ガイドさんつきの登山だと、いろいろな説明が聴けて楽しかったことでしょう(^_-)-☆
歴史や植物のお話を聞きながらのお山、上級者登山とはさぞかし歩くのも大変だったこととは思いますが、なおこさんは、普段から友人たちと山歩きを楽しんでいらっしゃるので、大丈夫だったのは想像がつきましたよー♫
ヘレボルス(キンポウゲ科?)は、牧野植物園にもこの間咲いていて、またアップしようと思うので先に見せていただき嬉しいです~♡
クロッカス、もうお山には咲いているのが不思議です~我が家の庭にもありますがまだまだ先ですから~(笑)
寒い寒いとは言っても春は確実にやってきてますね~(^^♪
Commented by paradiso-norina at 2019-02-11 23:07
なおこさん、こんにちは

!クロッカス!
そちらは北海道の二カ月以上先をいってますね~
雪のない山、いいですね~!
きれいなんですけど雪はそろそろ飽きてきました^^;
中上級コースの人たちは結構スピーディーに登って行くのでしょうか?
団体ですといろいろなお話も聞けますし安心感がありますけれどマイペースで進めないのはやっぱり大変ですね。
ヘレボルスももう少しで開きそう~
久々に野の花を見てお花を思い出しました^^;


Commented by milletti_naoko at 2019-02-12 02:49
ムームーさん、こんばんは。森にはまだ裸の木々が多く、
野の花や赤い実を見ると、ことさらにうれしかったです。
夫が生まれた頃には、たくさんの村人たちがいて、にぎやか
な村だったそうです。
こちらこそ、いつもありがとうございます。
まだ京都は雪が降りそうなほど寒いのですね。
どうかお体を大切にお過ごしください。
Commented by milletti_naoko at 2019-02-12 03:13
ロゼママさん、こんばんは。
明日から木曜にかけて、最低気温がまた氷点下になるという
予報が出ていますが、最高気温は7〜10度ですから、
それでも確実に、少しずつ春が近づいています。
野生のヘレボルス、いろいろな形や色の花にイタリアの野山で
出会うんですよ。早春はクロッカスやスミレ、プリムラも咲いて、
野の花に出会えるのが、山歩きの楽しみの一つです。
Commented by milletti_naoko at 2019-02-12 03:17
アリスさん、知らなかったことがいろいろ分かり、夫も知らなかった
トレッキングコースも一部あって、大変ですが興味深かったです。
女性も皆、どんどん山を登っているので、いつもより控えめにとは言え、
写真も撮りながらだったので、遅れ気味になりました。ヘレボルス、
アリスさんも植物園でご覧になったんですね。
クロッカス、見かけたのは草原の日がよく当たるところだったので、
一足先に咲いたのではないかと思います。本当に、春が近づいているのが
感じられて、うれしかったです。
Commented by milletti_naoko at 2019-02-12 03:21
のりーなさん、北海道にもクロッカスが咲くんですね。
イタリアでは、雪が残る岩山でクロッカスを見かけることもあるんですよ。
雪景色本当にきれいですが、移動も雪かきもお住まいの方は大変でしょうね。
皆があまりにもさっさと登っていくので、大変だったのですが、わたしが最近
登山をあまりせず、夫にも待ってもらいながら歩くので、訓練ができていなかった
ということだと思います。長く続く登り坂には昔から弱いんです。
北海道でもそのうちきっと、お庭や野山で花が咲き始めることでしょうが、
そうすると、まだかなり先の話なんですね。
by milletti_naoko | 2019-02-10 23:37 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(8)