イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

悲しいうっかり続きと規則正しい生活のすすめ

f0234936_7521830.jpg
 10日ほど前のことです。流し台で手が滑って、不安な定場所に置いていたティーカップが落ちてしまい、わずか20センチメートルほどの高さからではあったのですが、割れてしまいました。ごく小さい一部ですが、粉々になったところもあり、残念に思いながら、処分しました。

f0234936_755173.jpg
29/10/2010

 この写真の赤いカップです。夫の遠い親戚で、けれどもすぐ近くに住んでいるおばが、わたしたちの結婚祝いにと贈ってくれたもので、夫用の黒いティーカップとペアでした。夫のカップには、もうずいぶん前から若干欠けているところがあるのに、わたしのティーカップは、それまでは表面的には無傷だったのです。それほど高くないところから、それほどの勢いもなく落ちたのに割れてしまったということは、表面に見えないところで、傷が入っていたのかもしれません。

 いずれにせよ、おばの気持ちをうれしく思いながら、夫と二人、大切に使っていたティーカップだったので、とても残念です。流しで玄米を研ごうと台所に行ったときに、コーヒーを飲み終えたカップを流しに運んだのですが、米を研いだあとで洗おうと、安定の悪い場所に置いていたのが、いけませんでした。一つひとつのことを、きちんと片づけてから次に進まないといけないし、カップをもっと大切に扱うべきだったと反省しています。

 このことを記事にしようと考えたのは、昨日もまた一つやらかしてしまったからです。

f0234936_71822.jpg
6/3/2019

 今読んでいるディーパクの本に、コーヒーは有機栽培のものであれば、適量を飲む分には健康に害がないとあり、今年に入って夫が食事制限を定期的するようになったこともあって、有機栽培であって、かつ、香りがよくカフェイン含有量が少ないというアラビカコーヒー豆100%のコーヒーを、今年に入ってから、ずっと探していました。ようやく見つかったのがスーパーで、しかも、大手企業のラヴァッツァのものだったので驚いたのですが、さっそく購入しました。勝手にイメージを作ってしまってラヴァッツァに申しわけないのですが、コーヒー好きの日本語の教え子も言うように、ラヴァッツァは、健康や農業、環境に関心がある企業ではないように感じていたからです。

f0234936_7314899.jpg
6/3/2019

 2月末に購入したものの、夫の食事制限につきあって、わたしもしばらくコーヒーを飲まずにいたので、初めてこのコーヒーをモカエキスプレスで沸かして飲んだのは、3月6日になってからでした。香りもよくおいしくて気に入りました。わたしはたっぷりの黒砂糖と豆乳を入れて飲むので、コーヒーの味が分かるとは言えませんが、コーヒー好きの教え子と夫も、おいしいと言っています。

 袋を開けたあと、コーヒー粉末をガラスの瓶に移し替えて、冷蔵庫に入れておいたのですが、昨日の午後、夕食のしたくをするために、冷蔵庫から、あれもこれも一度に取り出そうとしていたら、ガラスの瓶に入っていたコーヒーが、床に落ちて割れてしまい、まだほとんど飲んでいないコーヒー粉末を、すべて処分しなければならなくなってしまいました。

 流しにせよ、冷蔵庫にせよ、台所で作業するときは、何かと慌ただしく、考えるべきときに、あまり考えずに無意識に、あれこれしてしまうことも多いので、まずは、不安定なところに、割れやすいものを置くことは、わずかの間であっても避けなければいけないと反省しました。そして、並行作業でいろいろなことを中途半端に放り出して次に移るのではなく、一つのことをきちんと終えてから、次の作業に取りかかって、もっと集中できるようにしなければいけないと痛感しました。こういうときに限って、コーヒー好きの教え子から電話があり、明日の午後、急に個人授業が入ったので、明日の朝は彼のためにコーヒーを買いに行かなければいけません。

f0234936_741355.jpg
28/3/2012

 記事に添えるために、割れてしまった赤いティーカップの写真を、「ティーカップ」というキーワードで、マックブックの写真アプリとグーグルフォトで検索していたら、かつてお気に入りだったのに、割れたりひびが入ったりして使えなくなった他のカップが、ずらりと並んだので、懐かしく思うと同時に、またお気に入りのカップを探して購入し、今度はきっと長い間大切に使おうと思いました。

 バラのの絵がきれいで、一目惚れして購入したこのティーカップも、

f0234936_7472265.jpg
22/10/2015

夫が旅行みやげに贈ってくれた、風景と一面の赤いヒナゲシの花がきれいなカップも、この十数年の間に、不注意からひびが入ってしまい、使えなくなりました。絵が美しいので、それでも今も、二つとも食器棚に飾ってあります。

f0234936_7501215.jpg
10/10/2013

 値段は安いのですが、花の絵と大きさが気に入って購入した、夫とペアのこのカップも、一つ目は夫が、二つ目はわたしが割ってしまい、どちらも処分せざるを得ませんでした。

f0234936_7521830.jpg
28/12/2018

 ティーカップで検索したのに、コーヒーカップの写真も、いくつか並びました。これは、チッタ・デッラ・ピエーヴェのバールで飲んだコーヒーです。カッフェ・マッキアート(caffè macchiato)、泡立てたミルクを少量加えたコーヒーを注文したら、ハートや花に見えるきれいな絵が、ミルクで描かれてました。

 うれしくて写真を撮ろうとしてカメラを取り出したのですが、そのときにカメラを床に落としてしまい、モニター画面の端の方のガラスに、少しひびが入ってしまいました。幸い撮影には問題ないのですが、この写真を見て、「うっかり」が昨年末から相次いでいることに改めて気づき、反省を深くしました。

Bienvenue au JOUR 5 – Se libérer du Dilemme de
la Faim !
Quand un besoin ou une faim ne sont pas satisfaits, notre...

Pubblicato da Deepak Chopra Méditation su Giovedì 14 marzo 2019

 もう無料では受講できなくなってしまう期限ぎりぎりの、5日遅れで、今晩、ディーパク・チョープラ21日間フランス語版瞑想講座の5日目の内容を聴きました。「睡眠が不足すると、脳が信号を受け取り間違えて、空腹ではないのに空腹であると勘違いしやすくなるので、睡眠をきちんと取るようにすること。空腹を感じたら、本当に空腹なのか、眠いだけではないかと、自問するように。規則正しい生活を送るようにして、体の中に生活のリズムができるように心がけよう。」

 うっかりと大切なものが壊れてしまう原因を作ってしまうのも、睡眠やゆっくりと考える時間、心の余裕が不足していることに、大いに関係があるような気がします。できる範囲で、もっと規則正しい生活を送り、十分な睡眠時間を取るように心がけたい、そして、物が大切にできていないのは、どこかで自分を本当の意味で大切にできていないためであるような気がするので、物事の優先順位をはっきりさせて、するべきことをこなしながらも、落ち着いた心で、気をつけるべきことに注意を払いながら暮らしていけるようにしたいと考えています。

***************************************************************
Cuoricino, fiore sul caffè.

Un piccolo gesto di gentilezza ci regala
un sorriso e un senso i felicità :-)
***************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30479545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ayayay0003 at 2019-03-21 14:31
なおこさん、贈りものの赤いティ―カップ、残念でした^^;
私も、食器を割ることは、よくあるのですが、何故か?湯のみが多いです!やはり日本では、緑茶を飲むことが多いからでは?と思います!それと、急須も・・・
急須は、まだ使えそうだったので、夫が修理してくれて、なんとか使っている状態です^^;
やはり、愛着のあるものは、修理出来るなら使いたいです!
私も、反省して、なおこさんが仰られてるように十分な睡眠をとり一つ一つの物事を順番に片付けていきたいと思いますm(__)m
Commented by sumomo0753 at 2019-03-21 15:14
なおこさん、こんにちは(^ ^)
うっかりであっても
大事なものを壊してしまったり
今回みたいにまだほとんど飲んでいないコーヒーを
瓶ごと落としてしまって処分しなくてはならないのは
ちょっと凹んでしまいますよね
わたしもうっかりが多いので気持ちはわかります(>_<)

でも普段愛用しているカップとかが割れた時には
何かの身代わりになってくれたと考えるようにしています

先日も七色の玉がついたストラップが突然
バラバラになってしまいました
神社から取り寄せたものだったので
まだ新しいのにと驚いたのですが
多分カバンの中で何かに引っ掛けたのだと思います
これも何かの身代りなのかなと考えることにしました

なおこさん
わたしのブログにも書きましたが
実はブログを休止することにしました

短い間でしたけれど
遠いイタリアに住む
なおこさんとこうしてお話しさせて頂けて有り難かったです

なおこさんの丁寧な言葉で綴られた
イタリアの素敵な風景と楽しいお話を
いつも感心と敬意を持って読んでいました
これからも一読者として
読まさせて頂きたいと思っております(^ ^)

素敵なご主人様といつまでも仲良く
そしてお元気でいてくださいね♪

ありがとうございましたm(_ _)m♡
Commented by Bolognamica2 at 2019-03-21 16:33
わぁ〜なおこさん、私も最近同じ事やらかしてます〜!
冷蔵庫の中から何か取り出すときに近くにある物に引っかかって落としたり、カップ置き場から一つ取ろうとして別のものを落としてしまったり。
冷蔵庫にしても棚にしても、私の場合大概ちゃんと整理できていないことが原因なんですけど、続く時は2回、3回と続くもので、、、汗

なおこさんのそのコーヒー、これはショックですよね〜涙。
半分くらい使った後ならともかくまだ使い始めたばかりとなると...😢
でもお怪我がなくて良かったです😊

ディーパクの講座、なおこさんがこうして記事にしてくださる部分を読むことで、私もいろいろ気づかされる部分が多く、勉強になります。
いつもありがとうございます!
Commented by milletti_naoko at 2019-03-21 22:54
アリスさんは、湯のみを割られることが多いんですね。
使う頻度の高いものは、壊れやすくもなりますよね。
うちも夫が、伯母から譲り受けた急須の蓋を割ってしまった
のですが、急須は今も使い続けています。

女性は男性に比べて、いろいろなことを同時進行できるそう
なのですが、だからと言って、あれこれ無理に進めすぎては
いけないなと反省しました。パソコンと同じで、空いている
ウィンドウが多いと、わたしの頭や注意力も処理能力が
遅くなったり、凍結してしまったりするのだろうと思うのです。
Commented by milletti_naoko at 2019-03-21 23:03
なっくんママさん、こんにちは。自分が割ったり、夫が割ったり、
そういうことは時々あるのですが、大切なものを割ってまもない時に、
瓶が落ちてコーヒーも散らばってしまい、悲しくなりました。

身代わりになってくれたのだと思えば、カップにありがとうと感謝して、
心の区切りもつけやすくなります。ありがとうございます。
なっくんママさんにも、つい最近そんなことがおありだったんですね!

ブログの記事、拝見しました。なっくんママさんと、こうしてお知り合いに
なれて、わたしも本当にうれしかったです。「日々のほっこりやきらきら」を
探そうとすることも、それを心に残すために書き留めることも、
ブログにせよ、日記にせよ、手帳にせよ、今のようなご時世だからこそ、
とても大切だと思います。そうして、日々に散りばめられた宝物を見つけ出そう
とする心も。そういうわくわくやご家族やお好きなものへの愛情、「ほっこり」を、
わたしもブログを通じて共有させていただきました。ありがとうございます♪

うれしい温かいお言葉をありがとうございます♪ いつかまたブログを再開されるかも
しれないときがありますようにと願いながら、なっくんママさんやご家族、モカちゃん
のお幸せをお祈りしています。
Commented by milletti_naoko at 2019-03-21 23:08
あら、みかさんも、同じようなことを経験されていたんですね!
そうなんです。続くときには、続くんですよね。
わたしも、怪我がなくてよかったと、ほっとしました。夫には内緒で
きれいに掃いて掃除をしたのですが、ミミが歩いて痛い思いをすることが
ないよう、時間のあるときには隅々まで徹底して、きれいにしようと
考えています。ガラスの破片って、落ちた勢いで、かなり遠くまで
飛んで行く可能性があるものですし、家具の下にも入りかねませんので。

ディーパクの講座、わたしも眠る前に聞くので、つい聞き流してしまって
いけないのですが、自分が覚えておくためにも書いてみました。
くださったコメント、ですから、わたしこそうれしいです。ありがとうございます♪
by milletti_naoko | 2019-03-20 23:52 | Vivere | Trackback | Comments(6)