イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

猫と白鳥とトラジメーノ湖

f0234936_636131.jpg
 今日は夕方、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)の南端にあるサンタルカンジェロ(Sant'Arcangelo)の桟橋を、久しぶりに訪ねました。

f0234936_6413481.jpg
Sant'Arcangelo sul Trasimeno, Magione (PG) 17/5/2019

 明日、土曜日から来週の初めにかけて、悪天候が続き、毎日雷を伴う雨が降るという予報が出ているため、その前に行くことにしたのです。桟橋の先端に、ポルヴェーセ島(Isola Polvese)が見えています。

 手前のキンポウゲ属の花(ranuncolo)についている白い綿のようなものは、ポプラ(pioppo)の綿毛で、

f0234936_7144076.jpg

地面にも雪のように積もっていました。イタリアでも川沿いや道路沿いに、ポプラ並木があるところが多いので、最近は外出中に、宙を舞うポプラの綿毛を見かけることがよくあります。

 今日は桟橋にいる人や、桟橋に向かう人が多かったので、まずは岸辺を歩くことにしました。

f0234936_7291917.png
Dal sito di Google Maps

 この地図に赤いアステリスクで記したあたりに、サンタルカンジェロの桟橋があります。桟橋の左手にはキャンプ場があって、利用客でなければ入れないので、わたしたちは桟橋の右手を、東に向かってしばらく歩きました。

f0234936_7303148.jpg

 「ポルヴェーセ島から、白鳥がこっちに向かってきているよ」と、夫が言うので、湖を見やると、確かに白鳥が、わたしたちが行こうとしているのと同じ方向に、向かっているようです。

f0234936_7321589.jpg

 サンタルカンジェロには、家のない猫たち用の家があって、猫たちが、食事も健康面も、しっかり面倒を見てもらえています。夫が猫の家を見つけて、そちらへと歩いていくので、わたしも後を追って、猫の家を撮影しました。猫が2匹、出迎えてくれました。

f0234936_734235.jpg

 さらに歩くと、南東の湖畔にある村、サン・サヴィーノ(San Savino)が近づいてきます。

f0234936_8162610.jpg

 岸辺から、湖へと少し突き出したところを歩くと、白鳥がいます。

f0234936_7373888.jpg

 近づいても逃げないのはありがたいのですが、食べられる水草を探して、頭を水中に沈めてばかりいます。

f0234936_739595.jpg

 頭が水上にある時間の方が短いのですが、やはりきれいだなと感嘆しながら、写真を撮ります。

f0234936_740543.jpg

 実は1匹、とても人なつこい猫がいて、ここまでわたしたちについて来ました。わたしたちが白鳥の方ばかり見て、猫の方をほとんど見なかったからか、わたしたちと白鳥の間に割り込み、

f0234936_742158.jpg

足を投げ出し、そのあとは、おなかを上に向けて、さあなでてなでてと言わんばかりです。そこで、どうせ白鳥は食べるのに夢中なのだからと、しばらく猫をなでなでしてやりました。

f0234936_7435868.jpg

 美しい白鳥から水がしたたっているのは、水中に頭を沈めては、食事をしているからです。

f0234936_7454880.jpg

 白鳥を後にして、しばらく周囲を散歩していたら、かわいいこの猫が、時にわたしたちを先導し、時に急に寝そべって、なでてください態勢を取ります。再び白鳥を見に行くと、猫がまた岸辺に寝そべりました。

f0234936_7492511.jpg

 夫は白鳥のところに一足先に戻っていたのですが、わたしが遠くから見ていると、放し飼いの犬を連れた若者も、白鳥を見ようとしてか、夫に近づきました。わたしは遠くから、犬が吠えるのと駆け回るのを見て、犬が遠ざかってから、夫のところに戻ったのですが、夫によると、犬が近づいたとたんに、白鳥が威嚇して攻撃しようとしたので、犬が逃げたのだそうです。人が近づいても、猫が近づいても、一向に気にする気配のなかった白鳥が、犬を襲おうとしたと聞いて、驚きました。

f0234936_7535318.jpg

 このあとは、桟橋へと向かい、桟橋の先端まで歩いて、湖の眺めを楽しんでから、駐車していた車に戻りました。この写真には、綿毛を飛ばしたポプラの木が写っています。

f0234936_7554380.jpg

 車が発進してすぐに、ヒナゲシ(papavero)がたくさん咲いている畑があったので、車を停めてもらって、撮影しました。最近は、残念ながら、除草剤が使われているために、麦畑の中にはいっさいヒナゲシが咲かず、端の方にだけ花が見えるような畑が少なくありません。それだけに、ヒナゲシでいっぱいの畑を見ると、うれしくなります。

************************************************************************************************************************
Cigno & gatto al Lago Trasimeno
,
Il cigno è tranquillo, anche quando si avvicina il gatto
il quale si mette tra noi e il cigno per attirare la nostra attenzione
e per avere le coccole. Invece, il cigno diventa aggressivo quando vede un cane.
Bello il cigno, purtroppo continua a mangiare le erbe e
la sua testa è quasi sempre sotto l'acqua.
A Sant'Arcangelo sul Trasimeno, si trovano tanti papaveri rossi nei campi
e i gatti sono felici con le loro casette.
Sant'Arcangelo sul Trasimeno, Magione (PG) 17/5/2019
************************************************************************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 逃げる白鳥威嚇する鳥、トラジメーノ湖 / Cigni sul Lago Trasimeno, Sant'Arcangelo (30/7/2018)
- 夏至の湖畔の夕空と猫、トラジメーノ湖 / Tramonto & gatti al Lago Trasimeno nel giorno del solstizio d'estate (21/6/2018)
- ポプラの綿毛と花粉症~アレルゲンではないけれど / Volano i fiocchi di pioppo (30/5/2015)
- イタリア語学習メルマガ 第8号⑴ 「天気のイタリア語、イタリアの天気予報サイトの使い方」 (13/5/2009)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30600434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by otenbasenior at 2019-05-18 13:50
こちらのポピーはオレンジや黄色が主ですが、ヨーロッパに行くと赤のヒナゲシが見られて良いですね。両方とも別の良さがあって好きです。
除草剤、なるべく使わないで欲しいですよね。
スローフード発祥の地イタリアですものね。
Commented by milletti_naoko at 2019-05-18 17:20
お転婆シニアさん、オレンジや黄色のポピーもきれいですよね。
以前に購入してまいた種から、庭で育ったことがあります。
それぞれの土地に育つ自生のヒナゲシ、どちらもかわいらしくて、
わたしも好きです。

あちこちで畑の中にヒナゲシのない麦畑を見かけることが多くなり、
恐ろしいことです。
by milletti_naoko | 2019-05-17 23:57 | Umbria | Trackback | Comments(2)