イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

畑ゆけばバラにアラビア王子ラン

 昨日の昼、畑に野菜を取りに行ったとき、畑の奥まで歩いて、バラ(rosa)の花たちも愛でました。

f0234936_525873.jpg

 香りの高いバラを好んで選んでいるので、あでやかな紅のバラに近づくと、かぐわしい香りがします。

f0234936_529521.jpg

 5月も下旬とは思えない、雨がちで朝晩肌寒い日が続いているために、まだつぼみばかりのバラや、

f0234936_5311775.jpg

ようやく花が咲き始めたばかりのバラもあります。

f0234936_5263733.jpg

 そんな中、夫の母方の祖母が、かつてミジャーナで育てていたという、この淡いピンクのバラは、一際たくさんの花を咲かせていました。

f0234936_5332728.jpg

 夫とわたしが、かつて二人で暮らしていたトスカーナとの州境近くにあった家では、高く大きな茂みに育って、花がいっぱいに咲いていた、このピンクのバラは、茂みは以前よりずっと小さいものの、今もいい香りを放つ、大きな花が咲いています。

f0234936_5375840.jpg

 バラの撮影中に、思いがけず、畑に珍しい野生のラン、ヒマントグロッスム・アドリアティクム(学名 Himantoglossum adriaticum、イタリア語名 barbone adriatico)が咲いているのを見つけて、驚きました。

 ターバンを頭に巻いたアラビアの王子たちが宙を舞っているように、わたしには見えるこの野生蘭は、これまでにも、トレッキング中や、ミジャーナ、ペルージャのうちの庭で見かけたことがあるのですが、ごくまれにしか出会えません。それに、わたしは畑では見たことがなかったのですが、夫によると、昨年までにも畑でこのランの花を見かけたことがあるそうです。

f0234936_603825.jpg

 畑では、アーティチョーク(carciofo)のつぼみも育っています。

f0234936_621126.jpg

 鶏たちは、オリーブの木の下を元気に歩いています。

f0234936_633371.jpg

 サクランボ(ciliegia)も、かなり色づいてきました。

f0234936_644354.jpg

 収穫した野菜を台所に置いて、庭に出ると、よく降る雨のおかげでしょう、バラの花がきれいに咲き、つぼみもたくさん育っています。

f0234936_664129.jpg

 鉢植えのナデシコ(garofanino)の花も、次々に咲いています。

 ようやく気温こそ上向きになってきたものの、まだまだ雨の日が続きそうなペルージャですが、花たちは、もう5月が過ぎ去ろうとしていることを、ちゃんと知っているようです。

***************************************************************************************************************
Fioriscono le rose e i garofanini, crescono i boccioli di carciofo.

Nell'orto mi ha sorpreso un'orchidea selvatica, Himantoglossum adriaticum.
Galline a spasso, si maturano le ciliegie.
Qui a Perugia ancora continua a piovere, ma i fiori ne saranno contenti.
***************************************************************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- ラン蘭アラビアン・ダンス / Orchidee selvatiche nel nostro giardino (17/5/2016)
- 花と撮影に夢中でマダニに噛まれた話、潜むマダニにご用心 (6/6/2018)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30610206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2019-05-24 14:16 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by PochiPochi-2-s at 2019-05-24 19:53
きれいで、華やかなバラですね。
イタリアはバラの花を咲かせやすいのだろうか?
日本は湿気が多いのですぐに病気になったり、害虫でやられたりしますが、
イタリアではいかがですか?
北ドイツに住む友人の家では庭に植えっぱなしでも大きく育ち、病気にも
かからないので、一番育てやすい花だと言っていました。

うちの何種類かのバラも咲き始めました。
これからはバラの季節ですね。
Commented by nonkonogoro at 2019-05-25 14:04
花もさんらんぼも 鶏さんたちも
伸び伸び 元気そうですね。
鶏の色形も イタリアン~で お洒落な感じがします。
ここ数日 日本は突然夏になったようです。(^^)
サングラス 帽子 or 日傘が 必須アイテムです。

Commented by milletti_naoko at 2019-05-27 17:45
PochiPochi-2-sさん、あでやかな紅色がきれいなバラです。
場所や品種にもよりけりで、土との相性というのもあると思います。
ウンブリアでも、いくら手をかけてもなかなか育たないバラもありますし、
山や森の家では害虫に苦労していますから。
イタリアは夏は雨が少なく太陽の光が強いことが多いので、雨が多い今年は
バラにはうれしいのだと思います。その点北ドイツなら、日差しも優しく
熱くなりすぎないので、バラも育ちやすいのかもしれませんね。
Commented by milletti_naoko at 2019-05-27 17:47
のんさん、雨が降って肌寒い日が続きましたが、花やサクランボは
時期が来るとやはり咲いて、実が育つのだなと思いました。
鶏たち、いろいろな衣の鳥がいるのだなと初めて見たときは驚きました。
日本はかなり暑いようですね。皆さんの記事でそうと知ってびっくりしています。
by milletti_naoko | 2019-05-23 23:22 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(5)