イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

夕日と月と祝う記念日、トラジメーノ湖

 結婚12周年の記念日だった昨日は、まずは、いつもの日曜日の大家族での昼食で、スプマンテで皆と乾杯して祝いました。アブルッツォみやげのアマーロとケーキもあったのですが、わたしたちが土曜の晩に帰宅したときには、もう義母がクロスタータを焼いていたので、ケーキは次回食べることにして、アマーロの瓶を開けました。

 昼食か夕食をどこかに食べに行こうかとも、夫は提案してくれたのですが、前の日曜も私たちは留守にしていた上に、旅行から帰ったばかりだったので、うちで皆と食べましょうと、わたしが言いました。そうして、サンタルカンジェロにトラジメーノ湖に沈む夕日を見送りに行って、そのあと、パッシンニャーノで満月を見て、ジェラートを食べて祝いましょうと提案しました。

f0234936_5563264.jpg
Tramonto sul Lago Trasimeno, Sant'Arcangelo, Magione (PG)16/6/2019

 夕食をうちで済ませてから湖に向かうと、サンタルカンジェロの桟橋に着いた頃、ちょうど夕日がまもなく沈もうとするところでした。

f0234936_644364.jpg

 思いがけず強い風が吹いていて、そのために波が高く、夕日がオレンジ色の光で、波を照らしています。

f0234936_662478.jpg

 東を見ると、サン・サヴィーノの古城と中心街が夕日の光に赤らみ、空がピンクに染まっています。

f0234936_673718.jpg

 夕日は、西の湖畔にあるカスティッリョーネ・デル・ラーゴとポルヴェーセ島の間に沈んでいきます。島には夕日がきれいに見える庭を持つ宿があるので、その宿で夕食を食べながら、夕日を見ている人がいるかもしれないねと、夫と話しました。

f0234936_6113645.jpg

 夕日は、地平線近くの空を茜色に染めながら、沈んでいきました。

 トラジメーノ湖の南東の湖畔にあるサンタルカンジェロは、夕日が湖に沈むのが見える東の湖畔の村の中では、ペルージャから最も遠い上に、晩秋から春先にかけては、太陽が南寄りなので、夕日が陸地の向こうに沈んでしまいます。その代わり、日が北寄りに沈む夏は、きれいな夕焼けが見られる上に、他の湖畔の村と違って、鉄道駅や島行きの船が発着する港がないために、湖を訪れる人が多い晴れた週末や夏でも、ゆっくりと散歩や夕焼けを楽しむことができます。そのため、昨日はかなり久しぶりに、サンタルカンジェロで夕日を見送りました。昨晩は、日の入りが午後8時51分、月の出が午後8時5分とのことだったので、月を見るのも楽しみでした。

f0234936_6204071.jpg

 日が沈んだ約5分後に、丘の上のピンク色の空に、白い満月を見つけたときは、ですから、とてもうれしかったです。

f0234936_622876.jpg

 昨日はどういうわけか、桟橋近くを仲よく進むカンムリカイツブリ(svasso maggiore)のつがいを、いくつも見かけました。

f0234936_6252514.jpg

 以前に、求愛ダンスをたまたま目撃したことがあったので、2羽が向かい合うたびに、ひょっとしたらとカメラを構えたのですが、昨晩は皆、ただのんびりと、夕焼けの湖上を進んでいるようでした。

f0234936_626296.jpg

 もう月は見られたから、わざわざパッシンニャーノまで行かなくても、近くておいしいサン・フェリチャーノのジェラート屋で食べようと、わたしは言ったのですが、北の湖畔のパッシンニャーノなら、月が湖の向こうに昇るからと、夫が湖を反時計回りにドライブしてくれました。ところが着いてみると、ちょうどいろいろな催しがあったようで、中心街へは進入禁止、その手前にある広い駐車場は満車です。

f0234936_6291911.jpg

 そこで結局、サン・フェリチャーノまで引き返してジェラートを食べ、岸辺に湖を見に行きました。湖の周囲を車で回っている間に、空は暗くなり、さらに勢いを増した風が肌に冷たく、湖には荒波さえ立っていたので、驚きました。結果的には、いつもの店で、おいしいジェラートを食べられたので、よかったと思います。

 波を乗り越え、波に乗って、仲よく進んでいくカンムリカイツブリのように、わたしたちも、これからも互いに寄り添って、進んでいくことができますように。

*****************************************************************************************************
Tramonto sul Lago Trasimeno, Sant'Arcangelo, Magione (PG) 16/6/2019

Il sole tramonta a nord-ovest, tra Castiglione del Lago e l'Isola Polvese,
tingendo di color arancione le onde del lago.
A sud-est sorge la luna bianca nel cielo rosa,
sulle onde rosa vanno insieme le coppie di svassi maggiori.
*****************************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30651507
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 224sora at 2019-06-18 13:57
naokoさん、初めまして&こんにちは~♪
いつもいいね!をありがとうございます(^^)
過去の記事も読んで下さっててとても嬉しいです♪
拙いブログですが、どうぞよろしくお願いします。
結婚記念日だったのですね、おめでとうございます!!
いつも一緒の仲良しご夫妻でうらやましく拝見して
います。これからも末永く仲良きことは美しきかなの
お二人でいてくださいね♡♡私も見習いたいです。

Commented by miemie398 at 2019-06-18 16:36
なおこさん、結婚記念日おめでとうございます♡
ちょうど綺麗な満月の日で
お月さんまで祝福ですね☆

お二人で 仲良く山登りなどをされていて
同じ景色を共有できること、すてきです。
これからもお幸せに(^^)☆

Commented by milletti_naoko at 2019-06-18 17:52
soraさん、はじめまして、こんにちは。そして、温かいお祝いの言葉をありがとうございます♪ 刺繍作品がすばらしく、時々拝見する月のお皿もかわいらしくて、楽しみに拝読しています。フランスでの出会いや交流のお話もすてきですね。

けんかもよくするのですが、夫婦でいっしょに過ごせる時間が多く取れるのは、イタリアに暮らしているおかげかなと思い、ありがたいです。
Commented by milletti_naoko at 2019-06-18 17:57
みえみえさん、ありがとうございます。天気予報サイトには日曜が満月とあったのですが、うちのカレンダーを見ると、翌6月17日の、ただし朝10時半が満月とあり、驚きました。満月になる寸前の満ちゆく月だとしたら、おっしゃるように、さらにすてきな月が祝福してくれたのだなと思います。農作業や散髪にさえ月の満ち欠けを気にする夫は、結婚式を月が満ちていく時期にすることに、かなりこだわっていたからです。

美しい夕日と月が見られてうれしかったです♪ これからもいろいろな山歩きや風景を二人で訪ね、見ていけたらと願っています。
Commented by PochiPochi-2-s at 2019-06-18 21:26
結婚12周年の記念日にこの上もなく美しい夕陽が見れて幸せでしたね。
きっと心に残る景色だったことでしょう。
私も美しい写真をしばらくみつめていました。

毎回思うのですが、本当に美しい景色の中で過ごされているのだなぁと。
Commented by milletti_naoko at 2019-06-18 21:45
PochiPochi-2-sさん、ありがとうございます。うちはオリーブの木々に囲まれ、車で30分走れば、トラジメーノ湖やテッツィオ山、スバージオ山とその中腹にあるアッシジと、美しい自然や風景にすぐに会いに行けるので、ありがたいです。わたしは基本的には出不精なのですが、うちの夫は、仕事や農作業でひどく疲れて遅く帰ってくるときでも、いえ、むしろそういうときこそ、湖や山に行って夕日を見ようという人なので、することがあるのにと思いつつ、ついて行くのですが、そのおかげかなと思います。日本でも社会人になってからは、今治の海のすぐそばの学校に勤めて、海と川の近くに住んだり、渓谷や山、湖の美しい野村町や川と町並みの美しい内子町に暮らしたのに、平日は帰宅が遅かったので仕方ないとは言え、その風景や眺めを楽しもうと、週末に出かけることはまれだったように思いますので。
Commented by 3841arischan at 2019-06-18 22:09
なおこさん、結婚12周年の記念日おめでとうございます(^^♪
サンタルカンジェロにトラジメ―ノ湖に沈む夕日を見に行って、素晴らしい記念日になりましたね~♡
結婚記念日は、毎年必ず何かをされるなおこさん夫婦が羨ましく思います~(^-^)
日本人は、記念日とか超苦手?で、家の夫なんて、忘れてることが度々です~(笑)
まあ、そういう時は、覚えてる方が提案すればよいと私は思うので、何もしてくれない!などとは言わずに、自分で提案しています~(^-^)
いつもトラジメ―ノ湖の美しい夕日とお月さまをありがとうございます(^^♪
Commented by milletti_naoko at 2019-06-19 00:09
アリスさん、夏の夕焼けがきれいなサンタルカンジェロに、久しぶりに行くことができて、うれしかったです。記念日などは、わりかしまめに覚えてくれているのですが、ひょっとしたら自家製のカレンダーに、わたしが印つきで書いていることも功を奏しているかもしれません。覚えている方や気づいた方が提案すること、何につけても大切だなと思います。

こちらこそ、うれしいコメントをお祝いの言葉をありがとうございます♪
Commented by tawrajyennu at 2019-06-20 13:47
こんにちは♪
ご結婚12周年だったのですね。
遅くなってしまいましたが、おめでとうございます。
満月のお月様までが、お二人を祝福するかのように綺麗ですね。
結婚して、40年ともなると、いつの間にか結婚記念日が
過ぎてしまって、日常と変わりなく過ごしています。
でも、そうした普段と変わりなくすごせることが
幸せなんだろうなと思うこの頃です。
Commented by milletti_naoko at 2019-06-20 19:45
タワラジェンヌさん、こんにちは。お祝いのお言葉、ありがとうございます。

変わらずお互いを大切に思われて、40年も過ごしてこられていること、そのこと自体がとてもすてきですね。ある意味、きっと毎日が記念日だと思うのです。
by milletti_naoko | 2019-06-17 23:36 | Umbria | Trackback | Comments(10)