イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

涼を求め巨木と山に出会う夕、シビッリーニ山脈

f0234936_7533756.jpg

 カモシカに出会えるというトレッキングコースで山を登ると、シビッリーニ山脈の2千メートルを超える高峰の連なりが目前に広がって、眺めがすばらしかったです。

f0234936_7445462.jpg
Panorama visito dal sentiero, Monti Sibillini 28/6/2019 19.52

 日の入りは午後9時前なのですが、午後8時前に撮ったこの写真でも、太陽が山の端に近づいていたために、山々が柔らかな茜色の光を帯びています。

f0234936_752735.jpg

 あまりの暑さに、森の中を行くトレッキングコースを選んではいたのですが、思いがけず美しいブナの大木が立つ森を通り、中にはこんなみごとなブナの巨木もありました。

f0234936_7531683.jpg
f0234936_7533756.jpg


 天気予報では、今日の最高気温は36度で、朝8時にはもう外気温が26度まで上がっていました。早朝に窓を開け放して空気を入れ替えても、連日の猛暑で、今日の夕方、我が家の屋内の気温は26.5度で、予報では、午後11時になっても、まだ外気温が同じくらいとのことです。

f0234936_835790.jpg

 そこで、今日は午後5時にうちを出て、約100km離れたシビッリーニ山脈の標高約千メートルの村まで、約1時半かけて車で行き、午後6時50分から午後8時53分まで、山を歩けばカモシカに会えるというトレッキングコースを歩きました。午後7時を過ぎた山でも、登り続けると汗をかきましたが、すばらしい眺めを楽しみ、美しいブナの森と巨木に出会うことができました。カモシカは見られませんでしたが、下り道は涼しく、村で夕食を食べて、午後11時半頃に帰宅すると、外も涼しくなっていました。明日は今日に比べれば若干気温が下がり、また、早朝が涼しいという予報が出ているため、少し楽に過ごせるのではないかと期待しています。

*****************************************************************
Grande faggio sui Monti Sibillini 28/6/2019
*****************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30669513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by minoru2703 at 2019-06-29 08:35
こちらも暑いです
ついでに湿気も

イタリアは湿気は?
地中海気候は確か湿度が低く暑くても過ごしやすかったような?
Commented by PochiPochi-2-s at 2019-06-29 22:09
>午後6時50分から午後8時53分まで、山を歩けばカモシカに会えるという
>トレッキングコースを歩きました。
日の沈むのが遅いというのがいいなぁと、少し羨ましいです。
日本ではできないことだなぁと。

それにしてもヨーロッパは熱波で覆われているようですね。
こちら関西ははやっと梅雨入り宣言。雨が降れば降るで土砂降りのような雨。
災害の出ないことを願うばかりです。
Commented by milletti_naoko at 2019-06-30 18:45
みのるさん、日本は湿度が高いので、夏の暑さが体に響きますよね。

こちらは湿度は、夏はそれほど高くないのですが、その分、我が家をはじめ、エアコンのない家庭がまだまだ多く、35度前後の日が毎日続くと、壁が熱をため込むためもあって、うちの中がサウナ状態になってしまうので、過ごしにくくなってしまいます。
Commented by milletti_naoko at 2019-06-30 18:50
PochiPochi-2-sさん、うちの中が暑くなって、外の方が暑いので窓も夜遅くまで開けられないという状況なので、夫の誘いに乗って、夕方から山に登りました。最初は思っていたより長く登り道が続いて、少し汗をかきましたが、風景も登山道もすばらしく、行ってよかったなと思いました。夏時間のおかげもあって、今は午後9時前に日が沈み、昼が長いのでありがたいです。

ようやく梅雨に入ったと思ったら、今度はどしゃ降りですか。世界各地で暑さも雨の降りかたも極端になっていて困りますね。イタリアでも先週土曜には、北伊で突然の雷雨・暴風雨に大きな雹が降ったこところもあり、事故や亡くなった方も出たと聞いています。災害や暑さで犠牲になる人が出ることがありませんように。
Commented by otenbasenior at 2019-07-01 12:28
ヨーロッパは熱波に襲われているようですね。
石作の家の中はいつでも涼しいと思っていましたが、コメントのお返事にあるように壁が熱を溜め込むのですね。

夕方からトレッキングができるとは羨ましいです。
ブナの木も素晴らしい!夜11時になっても外気温と室温が同じとは、速く涼しい日が来ますように!
Commented by milletti_naoko at 2019-07-01 16:33
お転婆シニアさん、ミジャーナの石造りの家は、標高が若干高いことも手伝って、夏も比較的涼しいのですが、ペルージャのうちは、鉄筋コンクリートで夏はひどく暑いのです。

今はひどく暑いので、標高がとても高い山でなければ、夕方からの方が気温も下がり、日かげも多いので、体が楽なんです。思いがけずみごとなブナの巨木に出会えて、うれしかったです。ありがとうございます♪
Commented by tawrajyennu at 2019-07-01 17:14
こんにちは♪
今のヨーロッパは、日が沈む時間が遅いので、夕方から出かけても、充分に山歩きが出来ますね。
大きなブナの木がとても素晴らしいです。
こんな中を歩くのは、気持ちが良いでしょうね。
日本にも、秋田と青森の境にブナの原生林があって、歩いたことがあります。

そちらは、エアコンの無い家庭が多いのですね。
日本は湿度が高いので、エアコンを入れないと家の中にいても、
熱中症になってしまいます。
おうちの中がサウナ状態になってしまうのは、辛いですね。
Commented by milletti_naoko at 2019-07-01 18:14
タワラジェンヌさん、夕方からでも長い間山歩きを楽しめるのがありがたいです。標高約千メートルの高さを、午後7時過ぎに登っても、暑さを感じるくらいですから、なおさらのこと。思いがけずみごとなブナの森に出会えて、うれしかったです。他にもすっくりと伸びた背の高いブナの木がたくさん斜面に生えていました。

そうですよね。うちは構造のために冬は湿度が高いのですが、幸い夏は朝晩空気を入れ替えれば、湿度は低いので助かっています。
by milletti_naoko | 2019-06-28 23:59 | Marche | Trackback | Comments(8)