イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

白鳥の親子たそがれのトラジメーノ湖に

f0234936_5522283.jpg
f0234936_5395936.jpg

 6月26日、午後9時前に沈む夕日を、トラジメーノ湖の南南東の岸辺にある村、サンタルカンジェロの桟橋の先端で見送ってから、岸辺へと桟橋を歩いていたら、

f0234936_5405227.jpg
Famiglia di cigni al Lago Trasimeno, Magione (PG) 26/6/2019

向こうの岸辺に、白鳥の親子がいるのが見えます。つい最近、インスタグラムでこの場所で撮影されたと思われる白鳥の親子の写真を見たところなので、ひょっとしたらと期待はしていました。

 この写真の左奥に写っているのは、トラジメーノ湖の南東の湖畔にある村、サン・サヴィーノです。

f0234936_546434.jpg

 もっと近くから白鳥たちを見ようと、桟橋から岸辺に戻り、白鳥たちの近くまで歩いて行きます。

f0234936_548620.jpg

 すると、思いがけず白鳥たちがこちらに向かってきたのですが、

f0234936_5492087.jpg

わたしたちに近づこうとしていたわけではなく、場所を変えて、わたしたちの目の前にあった水辺で、食べられる水草を探そうとしていたようです。

f0234936_5522283.jpg

 一度、父親らしき白鳥が、わたしたちの近くまでぐんぐんと迫ってきました。以前、この辺りで白鳥が、犬に襲いかかっているのを見たことがある夫は、攻撃してくるのではないかと心配していたのですが、幸い、脅しをかけただけか、あるいは偵察をして安心だと判断したからか、

f0234936_5541955.jpg

向きを変えて、家族の方へと戻って行きました。

f0234936_55595.jpg

 しばらくの間、かわいらしい白鳥の子供たちが、親鳥をまねて、水草を食べようとする様子を眺めてから、

f0234936_5574266.jpg

トラジメーノ湖を後にしました。

f0234936_5584935.jpg

 地平線にはまだ茜色が残り、空はほんのり紫がかっていて、その空の色を湖面がきれいに映し出しています。

f0234936_602157.jpg

 午後9時20分になっても、空に明るみが残っているため、桟橋にはまだ釣り人や、散歩や夕景を楽しむ人々が何人かいました。

 先日も、白鳥たちに出会えるのではないかと楽しみに、サンタルカンジェロに行ったのですが、もう子供たちが大きくなってきたからでしょうか。白鳥の親子は、どこかに行ってしまったようで、姿が見えませんでした。

*******************************************************************************************
Famiglia di cigni sul Lago Trasimeno dopo il tramonto 26/6/2019
*******************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  
 
トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30679012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by minoru2703 at 2019-07-05 08:24
ここの白鳥も飼われていた白鳥が逃げ出し半野生化したものと思いますぞ
コブハクチョウも本来は夏は北国で過ごす鳥です
Commented by milletti_naoko at 2019-07-06 07:15
みのるさん、そうですね。確かにトラジメーノ湖のあちこちの岸辺で、白鳥たちを見かけるようになったのは、この数年の話です。
by milletti_naoko | 2019-07-04 23:04 | Umbria | Trackback | Comments(2)