イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

城からの眺めすばらし悪党の村、ロッカマンドルフィ

 昨晩泊まった宿の人から、中世の古城からの眺めがみごとなので、ぜひ登ってみるようにとは勧められていたのですが、今日、実際に登ってみて、見晴らしがあまりにもすばらしいので、感動しました。

f0234936_695674.jpg
Panorama dal Castello di Roccamandolfi, Roccamandolfi (IS) 19/7/2019

古城は、マテーセ山脈(Monti del Matese)の中腹にある村、ロッカマンドルフィ(Roccamandolfi)の高みにあります。

f0234936_6213948.jpg

 昨日、モリーゼ州の南方に東西に伸びるマテーセ山脈(Monti del Matese)の周囲の教会と村を訪ね、夫がこの山脈に興味を持ったので、山脈の高みに宿泊しようと見つけた宿が、このロッカマンドルフィにありました。

 写真の左上、山のてっぺんに建つロッカマンドルフィ城(Castello di Roccamandolfi)(1020m)については1195年にその記述があり、村は13世紀の初めにできたであろうとのことなので、まずは地理的に重要な位置に城塞が建てられ、その後に、城塞が建つ山の中腹に、ロッカマンドルフィ(850m)の村が築かれたのだと考えられます。

f0234936_6361276.jpg

 遠くから、そして間近にロッカマンドルフィ城を訪ねて見て、アブルッツォのグラン・サッソに建ち、映画の撮影にも使われる古城、ロッカ・カラッショに、立地と見晴らし、今は跡が残るばかりであるところが似ているなと思いました。もちろん、ロッカ・カラッショの方が標高が高く、グラン・サッソの高峰が見えて眺めがすばらしく、城の跡も、ロッカマンドルフィ城に比べれば、かなり元の形をとどめていますが、ロッカマンドルフィ城の方が、車を無料で駐車できる場所から城まで歩くのが、ずっと楽です。

f0234936_6492717.jpg

 今写真の撮影時刻で確認すると、駐車場からロッカマンドルフィ城まで、写真を撮りながらゆっくり登ったわたしでも、約15分で歩いて行っています。

f0234936_6512224.jpg

 城塞跡にも、途中のトレッキングコースにも、野の花がたくさん咲いていました。

f0234936_6522565.jpg

 古城からは、360度の眺望を楽しむことができます。

f0234936_6541881.jpg

 この写真では奥の方に、マテーセ山脈の最高峰、ミレット山(Monte Miletto、2050m)が見えています。その標高1429mの地点に、冬に多くの人が訪ねるスキー場があるカンピテッロ・マテーセ(Campitello Matese)があり、わたしたちはこのあと、ロッカマンドルフィの近くの山をドライブした後で、カンピテッロに向かいました。

f0234936_703864.jpg

 ロッカマンドルフィ城へと登る途中、思いがけず野の花がたくさん咲き、様々な蝶がたくさん飛び回っていたので、驚きました。

f0234936_722088.jpg

 蝶たちは忙しく花から花へと移り、カメラを構えると飛び去ってしまったので、写真を撮るのが難しかったです。

f0234936_743751.jpg

 昨夕散歩をしたロッカマンドルフィの中心街にも、アジサイなどの花が、きれいに咲いていました。

f0234936_753745.jpg

 険しい山に周囲を囲まれたロッカマンドルフィは、かつては掟破りの無法者たちが、逃げ隠れて生き延びるために、やって来て住み着いていたとのことで、中心街を歩くと、その中でも特に名高い3人の悪党の人生について、詳しい説明が書かれています。その説明の一つのすぐ近くにあったこの像は、ですからきっと悪党の像であると思われます。

 マテーセ山脈の高みにあるということで宿泊した村に、思いがけず興味深い歴史や散歩コースがあり、古城からのすばらしい眺めも楽しむことができて、うれしかったです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  
 
トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30702073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ciao66 at 2019-07-20 14:57
ロッカマンドルフィの悪党は銅像まであるとは面白いですね。イタリアの清水の次郎長のようなもの?
悪党の足元の石畳がうろこ模様でお洒落だと思いました。
古城からの眺望は遥かかなたまでよく見えますね!
Commented by PochiPochi-2-s at 2019-07-20 16:41
素晴らしい眺望ですね♪
イタリアにはこのような小さな村が多いのですか?
以前スイスからイタリアに抜けた時にやはりこのような
小さな村が点在していました。

黄色い花はビロードモーズイカかな。
前に描いた絵があります。時間があればどうぞ。
https://lmhar.exblog.jp/26002906/
Commented by milletti_naoko at 2019-07-23 23:59
ciao66さん、地理的に隠れやすい場所ということで、悪党たちの伝説があって、壁に伝記のように3人の悪党の生涯が書かれていました。読んでいたら村のおじいさんが、「どれも本当にあったことなんですよ」と話しかけてくれました。状況からやむなく悪党となった人もいて、恐ろしい定めを読んで悲しく思いました。

うろこ模様の石畳、きれいですよね。トラジメーノ湖畔の村で見かけて、魚を形どった独特のものっかと思っていたら、そうでもないのだとこの山の村で思いました。眺めがみごとで感動しました!
Commented by milletti_naoko at 2019-07-24 00:15
PochiPochi-2-sさん、今は過疎化が進んでしまっていますが、イタリアには古来、こういう小さい村が多いように思います。眺めがすばらしいので感動しました♪

イタリア語名を知っていたので、日本語で何というか調べると、おっしゃるとおりの花と分かりました。記事、今から拝見しますね。
by milletti_naoko | 2019-07-19 23:59 | Molise | Trackback | Comments(4)