イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

月の夜にモーツァルト聴く教会広場、アッシジ

 生前のアッシジの聖フランチェスコが最も心にかけ、長く過ごした小さな教会、ポルツィウンコラを包むように後世に建てられたアッシジ郊外のサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会(Basilica di Santa Maria degli Angeli)前の広場で、今夜、クラシックのコンサートがありました。

f0234936_6593169.jpg
Concerto del Perdono - Quartetto Pro Art, Santa Maria degli Angeli, Assisi (PG) 4/8/2019

 闇に浮かび上がる教会を背景に、主にモーツァルトの音楽を、うっとりとしながら、広場の脇の石段に腰を下ろして鑑賞しました。ステージ前にずらりと並んだ多くの椅子は、最初は満席だったものの、途中から席を立つ人もいました。わたしたちが座っていた場所は、斜めから聴くことにはなりましたが、前に人の頭が見えるわけでもなく、奏者と教会がよく見えて、石の座り心地は今ひとつでしたが、鑑賞にはうってつけだと、ずっと石段に座って、コンサートを聴きました。

 アンコールに応えての最後の曲が、大好きな『Eine kleine Nachtmusik』で、屋外で音楽を聴いて過ごす夏の夜にふさわしく、演奏もすばらしかったので、うれしかったです。

f0234936_7153835.jpg

 駐車場からコンサート会場に向かう途中、きれいな三日月が見えました。

f0234936_7164685.jpg

 修道士さんもコンサートを聴いていたのでしょうか。フィレンツェのメディチ家が、1610年に作らせた水飲み場の傍らを歩いていく後ろ姿がいいなとカメラを構えたのですが、焦点を合わせている間に、どんどんと遠ざかってしまったため、姿が小さく写っています。

f0234936_7192910.jpg

 この写真を撮りながら、「そう言えば、モリーゼ州イゼルニアの中心街にある中世の水飲み場には、今も町の人がよく水を飲みに行っていたのに、この水飲み場で水を飲む人を見かけたことが一度もないな」と、ふと思いました。わたしがたまたま見かけなかっただけかもしれませんが、日曜のミサには、この教会に来ることが多く、これまでにしばしば訪ねているにも関わらず、見たことがないとは不思議です。

f0234936_725426.jpg
Luna crescente & panorama visti dal Monte Subasio

 今日は、スバージオ山(Monte Subasio)の山頂近くから、夕日を見送りました。西の空の高みにはほっそりとした三日月も見えて、アッシジへと車で山を下ると、地平線近くの空が茜色に包まれていて、とてもきれいでした。

 コンサートが終わって、ペルージャのうちに戻ると、もう午後11時を過ぎていました。今夜はもう遅いので、山頂近くから見えた夕焼けや風景については、また後日お話しするつもりです。

****************************************************************************************************************************
Bella la musica di Mozart davanti alla Basilica di Santa Maria degli Angeli
,
suonata dal Quartetto Pro Art per il concerto del Perdono della Porziuncola.
Dalla cima del Monte Subasio avvolto dal rosso di sera,
siamo scesi in macchina e sotto la luna crescente verso la piazza
abbiamo camminato lungo la fontana delle 26 cannelle
fatta costruire dalla famiglia dei Medici di Firenze nel 1610.
@ Santa Maria degli Angeli, Assisi (PG) 4/8/2019
****************************************************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  
 
トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30726129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ciao66 at 2019-08-05 14:39
モーツァルトを聴ける教会広場というのはいいですね!夜は涼しいでしょうし、三日月も見えて、雰囲気も盛り上がって来ますね。でも、石の座席ならば座布団持参が良かったかもしれませんが・・・。

 修道僧の歩く姿は、サッサッサと姿勢も正しく、鍛錬中です!という感じですね。旅の中で時々見かけますが、さっと通り過ぎてしまい、写すのは意外に難しかったように思います。





Commented by PochiPochi-2-s at 2019-08-06 11:22
教会広場でのクラシック音楽の演奏会。
しかもモーツァルト。
いいなぁ〜と、ちょっと羨ましくなりました。

> 修道士さんもコンサートを聴いていたのでしょうか
修道士さんも人間。聴きたかったのでしょうね。
その夜はご機嫌だったかもしれないですね。
Commented by hanashigai at 2019-08-06 12:37
協会を背景に本格的なクラシック演奏を鑑賞できるなんて優雅ですね~。
なおこさんが座ったポジションは写真を撮るのに最適だと思いました。
グーグルマップで見るととても大きな教会なのですね!
日本で教会と言うとこじんまりしたイメージなので驚きました。

沢山の蛇口がある水飲み場の写真も驚きました。
湧き水なのでしょうか?
贅沢な風景ですね♪
Commented by milletti_naoko at 2019-08-06 18:08
ciao66さん、最近は暑い日が続き、屋内は暑いので、涼しい夜に美しい教会を見ながら、コンサートを聴けて、うれしかったです。モーツァルト以外の曲も少しあったのですが、プログラムは本来の座席にしか置いていないようで、見られなかった上、曲目にも若干変更があったようです。

この日の朝、ミサに行ったときに、教会内の掲示でこのコンサートがあることを知りました。教会で催された大きな行事の一環として位置づけられていたので、他にも多くの修道士が聴いていたかもしれません。実はカメラを構えている間にどんどん遠ざかってしまったので、この写真はすでに遠くに行ってしまった修道士がよく見えるように、撮影した写真の一部を切り取ったものなんです。
Commented by milletti_naoko at 2019-08-06 21:11
PochiPochi-2-sさん、眺めと音楽をゆっくりと楽しめて、よいひとときを過ごすことができました♪

このコンサート、教会の開催する一連の催しの一つなので、他にもきっと聴いてた修道士さんがいたことと思います。音楽が、わたしたちだけではなく、皆の夜をよりうれしく充実したものにしてくれたことでしょう。
Commented by milletti_naoko at 2019-08-06 21:28
放し飼いさん、幸いイタリアでは、特に夏は各地で様々な音楽を無料で聴くことができる演奏会が催されるので、ありがたいです。夫が座った横に腰を下ろしたのですが、わたしも撮影には最適だなと思いました♪ この教会内部には、聖フランチェスコが仲間たちと自らの手で建てた小さな小さな教会があり、この教会はその小さな教会を大きく包み込むように、後世にローマ教皇の意向によって建てられたもので、当時から聖フランチェスコを慕って巡礼をする人も多かったのでしょう、かなり大きな教会となっています。

夜遅くばたばたしていたので言及しなかったのですが、このコンサートは、古来多くの巡礼者がこの教会を訪れることとなった特別な行事の一環で、かつても8月初めには特に大勢の信者が訪ねてきていたからでしょう、フィレンツェのメディチ家がそういう巡礼者のためにと築いたこの水飲み場、fontana delle 26 cannelle「26の水道管の水飲み場」、別名、 fontana dei pellegrini「巡礼者の水飲み場」には、そういう巡礼者の喉の渇きを癒そうと作られたようです。
Commented by tawrajyennu at 2019-08-11 10:41
こちらからも・・・
教会前の広場でクラッシックのコンサートなんて良いですね~
しかも、無料というのがまた良いです。
こういう気軽に行って聴けるコンサートがあちこちであるというのは、
とても羨ましい環境ですね。
日本では、クラッシックのコンサートというと、
チケット代が高くてなかなか行けませんから。
ヨーロッパに行った時には、有料でしたけど、教会で行われる
コンサートに何回も行きました。
チケット代も安くてよかったです。
Commented by milletti_naoko at 2019-08-12 05:36
タワラジェンヌさん、美しい場所で美しい音楽を、気軽に涼をとりながら聴けて、ありがたいです。演奏をする方にとっても、聞くわたしたちにとっても、こういう機会が多いイタリアはありがたいなと思います。

有料で行われるコンサートは、それだけすばらしい演奏で、名のある芸術家が参加していたのでしょうね。料金が安いと、足を何度も運びやすいのも、ありがたいですよね。
by milletti_naoko | 2019-08-04 23:57 | Umbria | Trackback | Comments(8)