イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

夕色の世界うつくしスバージオ山

f0234936_5553141.jpg
 山頂へとさらにスバージオ山を登ると、トラジメーノ湖と夕日が見えてきました。

f0234936_5283063.jpg

 ここなら美しい日の入りが見られそうという場所に限って、道がカーブになっていたり、すでに路傍に駐車している車があったりするので、望ましい場所を求めて、さらに先に進んでいきます。

f0234936_5313227.jpg

 車が進む方向が変わると、目に入る山が違ってきて、それもまた興味深いです。

f0234936_5325227.jpg

 おそらくは山頂が近いためでしょう。広い駐車場があり、かつ湖と夕日がきれいに見える場所があったので、駐車場に車を置き、よりよく見える場所へと、わずかではありますが、歩いて山を登りました。

 夕日が山際に近づいて、地平線近くの空が茜色に染まり、上空の雲もピンク色をしています。

f0234936_5364694.jpg

 北を見やると、アッペンニーニ山脈の上空の空が赤らみ、夕日が投げかける光と、迫るたそがれとの境目が空に見えるようです。そして、この北方に連なる山をよく見ると、

f0234936_5402341.jpg

中でも特に高い峰が三つあるのですが、このうち右に見えるのが土曜に登頂したクッコ山(Monte Cucco、1566m)です。そして、その左に並ぶのは、クッコ山頂からも見えた二山で、右からカトリア山(Monte Catria、1701m)、アクート山(Monte Acuto、1668m)です。(詳しくはこちらの記事

 クッコ山の高みからはスバージオ山がきれいに見えるので、日曜は、前日に登ったクッコ山を、スバージオ山から見て、周囲の山がどんなふうに見えるか確認してみたかったのです。

f0234936_550553.jpg

 再び夕日の方に目を移して、ひょっとしたらと上空を見ると、ほっそりと白い三日月が見えたので、うれしかったです。

f0234936_551203.jpg

 前夜に比べて、少しだけふっくらとしています。

f0234936_5523765.jpg

 駐車場から、ここに小石が積み重ねられ、何やら立っているのが見えたので、山頂かと思って歩いて行ったのですが、十字架の下には、「この十字架の下に、祈りを残しなさい」と書かれています。

 あれが山頂だろうと夫が指さす場所まで歩いていては日が沈んでしまいそうなので、この日はここから夕日を見送ることにしました。

f0234936_5553141.jpg

 夕日が少しずつ、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)の右手の山の向こうに沈んでいきます。

f0234936_557293.jpg

 夕日を見送ってから、後ろをふり返ると、南東の空が桜色に染まり、その下にシビッリーニ山脈が見えます。

f0234936_614269.jpg

 しばらくすると、地平線近くの空がさらに赤みを増し、トラジメーノ湖の湖面も、その紅を映しています。

f0234936_633846.jpg

 名残惜しくはありましたが、9時からのコンサートに間に合うようにと、再び車に乗って、アッシジへと向かいました。

f0234936_645324.jpg

 山の高みから、茜色の光に包まれる世界を、アッシジへと下って行きます。

f0234936_671071.jpg

 車が北を向くと、クッコ山が正面に見えて、うれしかったです。

f0234936_681616.jpg

 さらに少し下ると、トラジメーノ湖はほとんど見えなくなってしまうのですが、先ほど湖の左手に見えたアミアータ山と、その上に光る白い月のおかげで、どこにあるかが分かりました。

 クッコ山や周囲の山の位置を、スバージオ山の頂付近から確認したいという思いから、コンサート前に立ち寄ったスバージオ山で、思いがけずそれは美しい夕景が見られて、感動しました。

******************************************************************************************
Tramonta il sole a destra del Lago Trasimeno
,
la luna crescente sopra il Monte Amiata.
A nord il Monte Cucco , il Monte Catria e il Monte Acuto,
dietro di noi i Monti Sibillini,
tutto avvolto dalla luce di tramonto.
Stupendi i panorami dal'alto del Monte Subasio.
4/8/2019
******************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  
 
トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30729113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ciao66 at 2019-08-07 07:57
登った山を別の山から眺めるというのは、興味深いですね。視点が変われば見えかたも変わりますし、あの山頂に立っていたんだという感慨も有りますよね。スバージオ山から眺めたクッコ山と夕日と広がる大地が一枚の絵のように思われました。
Commented by milletti_naoko at 2019-08-07 16:51
ciao66さん、おっしゃるように、一度山頂に登ると、遠くから見えたときの喜びや感慨がより大きくなり、山への親しみがより感じられます。昨日ふと気づいたら、スバージオ山は、ふもとのスペッロから山頂近くを歩いて山越えして、やはりふもとのアッシジまで歩いたことさえあるものの、山頂付近が平らで広く、あまり高低差がないために、山頂そのものに到着したことがないようです。いつかスバージオ山も山頂に行ってみたいと、車で近くまで行ってでもと思いました。

本当にどちらを見ても眺めが美しいので、感動しました。
Commented by 3841arischan at 2019-08-07 17:12
なおこさん、スバ―ジオ山からの眺め、いつもながら素敵ですね~
そして、先日紹介されたクッコ山がお向かいに見れるって良いですね~♡
今までよりも、あのお山?と思うと親しみが湧いてきます(*^_^*)
夕日のポイントは、やはり駐車場近くだったのですね☆
トラジメ―ノ湖での夕日も綺麗ですがお山からのトラジメ―ノ湖が燃えるような色、ほんとに綺麗です♫
素晴らしいコンサート前の時間でしたね(^_-)-☆
Commented by ムームー at 2019-08-08 10:31 x
なおこさん
こんにちは
いつもありがとうございます
雄大な眺めに癒されています
やっぱり山の上から眺めるのは素晴らしい
なおこさんが語られるとす~っとはいります
こちらはきょうも38度ほどなんです
涼やかな気持ちになれました
Commented by milletti_naoko at 2019-08-08 17:01
アリスさん、あちこちの山に登るたび、特に山頂を極めるたびに、目に入るとうれしい、親しみのある山が増えていくように思います。ここがよさそうと思ったところの近くに駐車場があって助かりました。

トラジメーノ湖も、この日は夕焼けの空の色をそのまま写して、きれいでした♪ ありがとうございます。思いがけずすばらしい夕景に出会うことができました。
Commented by milletti_naoko at 2019-08-08 17:02
ムームーさん、こちらこそいつもありがとうございます。
わたしも山頂からの壮大な眺めに感動しました。
38度とは、それだけ暑い日が続くと、夜もうちの中も蒸し暑くて、大変なことでしょう。どうか水分をしっかり取って、無理をなさらず、お体を大切にお過ごしくださいね。
Commented at 2019-08-12 06:55
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2019-08-14 22:59
鍵コメントの方へ、山や夕空、月を愛でる心、世界に共通しているのだなと、イタリアの人のSNSへの投稿を見ても感じます。

日本で山の高みの岩や木を崇めて祀り、道祖神を祀って安全を祈るのに、相通じるものがあるように思います。いただいたリンク先のブログには、海外からはコメントの投稿ができないようなので、こちらに書きます。傘のある木の十字架に手向けられた野菊、十字架をたてた人、花を生けた人の心が思われます。すてきな思い出の風景ですね。
Commented at 2019-08-15 06:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2019-08-15 22:22
鍵コメントの方へ、こちらこそまたお返事をありがとうございます。

そうですね。わたしもイタリア語のサイトにコメントを書いたことがありますが、海外の方が日本語のブログにコメントを書くのは、かなりハードルが高いのではないかと思います。

インスタグラム、最近すっかりさぼっていますが、また落ち着いたら少しずつ投稿を再開したいと考えています。どうかお体を大切にお過ごしくださいね。ネット上でさらに別の形での日本語やイタリア語の学習支援ができればとずっと考えているのですが、まずはその前に、ヤフージオシティーズに載せていたメルマガのバックナンバーを、ブログに移転する作業を再開しなければいけませんね。
by milletti_naoko | 2019-08-06 23:14 | Umbria | Trackback | Comments(10)