イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

カトリア山と ああ いてよかった

 昨日は、ウンブリアとの州境に近いマルケの山、カトリア山(Monte Catria、1701m)を登りました。酷暑の日々が続いたあとで、最高気温が頂点、40度近くに達するという予報が出ていたため、標高1400〜1500メートルの高みまで車で行って、そこから頂上に向かえば涼しいだろう、他の山に比べて人が少ないだろうし、うちからもそう遠くないからと、出かけました。

カトリア山と ああ いてよかった_f0234936_632317.jpg

 放牧のために木々があまり育たず、頂上付近は草ばかりのカトリア山は、太陽が照りつけていたためもあり、標高が高くとも、予想していたよりは暑かったのですが、すばらしい眺めを楽しむことができました。

カトリア山と ああ いてよかった_f0234936_641252.jpg

 比較的短時間で登頂できることも、カトリア山を選んだ理由だったのですが、わたしにとっては、最たる目的は、先日登頂したばかりのクッコ山(Monte Cucco、1566m)を、その北方にそびえるカトリア山から見ることでした。カトリア山頂には、数年前に一度登ったことがあるのですが、そのときにクッコ山が見えたという記憶もなければ、写真もないようだったからです。

 目指すクッコ山がようやく見えたときは、ですからとてもうれしかったです。この写真で左手に見える山のうち、最も高いのがクッコ山です。見る方角によって山の形が違って見えるのがおもしろいなと思いました。また、この数日、日に日に湿度が高くなっているためでしょう、遠くの方はもやがかかってしまって見えづらく、写真でも分かりづらいのですが、スバージオ山とテッツィオ山も、輪郭を認めることができました。

カトリア山と ああ いてよかった_f0234936_652655.jpg

 出発地点付近で、登山道を防ぐように、牛さんたちが山の斜面に陣取っていたのですが、題名の「ああいてよかった」は、牛さんたちのことではありません。

 昨晩のブログ記事に、翌朝日本語の授業があると書きました。今朝生徒さん宅に行って、マンションの入り口で呼び鈴を鳴らし、生徒さんと話をして、ところが、実は授業は今日、8月13日ではなく、明日14日にすることになっていたことが分かりました。授業が14日だということは、わたしもしっかり記憶していたのですが、どういうわけかそれが今日だと、先週から思い込んでいたのです。先週の週末はいとこのうちに行って、今週月曜は夫が休みを取って山に登ることになっていたため、14日の授業の準備は、いとこのうちに行く前に終えてしまおうと早めに取りかかり、けれども、あれこれ考え悩み、変更を加えるうちに時間がかかって、結局準備を終えて、プリントを印刷し終えたのは、月曜に山に出かける前、朝10時頃のことでした。授業が14日だとは覚えていたのに、どういうわけか、山に行く月曜の翌日にすぐ日本語の授業があると、ずっと思い込んでいたのです。

 授業が明日であると分かっていれば、授業の準備の仕上げや掃除・洗濯を、今日ゆっくりすることができたのではありますが、すでにとっくに準備を終えて、授業をするつもりになっていたので、幸い、今朝も生徒さんがいて、さらに他に急ぐ用事がなく、予定が空いていて、授業をすることができて、本当に助かりました。昔むかし、「開いててよかった」というテレビコマーシャルがありましたが、今日はつくづく、「ああ、いてよかった」、「空いててよかった」と思いました。2時間の授業は、生徒さんもわたしもお互いに満足できるものになったように思います。生徒さんが、ひらがなのア行・カ行・サ行を、すでにほぼ完璧に覚えていたので、教科書の言葉や文を読みながら、すでに学んだひらがなを復習することもできました。

 教え子の中に、どういうわけか個人授業の日時をたまに間違えてうちに来る若者が一人いて、どうして間違えるのだろうと不思議に思っていたのですが、そういうことが自分にも起こりうるのだと知り、今後は2度とこういうことのないように気をつけようと考えています。

*******************************************************************************************************
Bello il panorama dal Monte Catria
, dall'alto (nella seconda foto)
si vedono il Monte Cucco, il Monte Subasio e il Monte Tezio,
anche se i contorni del Subasio e il Tezio erano sfocati per la foschia.
Sorpresa! Il 13 agosto sono andata dalla mia allieva per lezione,
ma ho sbagliato il giorno, la lezione doveva essere il 14.
Per fortuna l'allieva era libera e comunque ho potuto fare lezione.
Non mi era mai successo prima, d'ora in poi sarò più attenta.
*******************************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

ブログテーマ:【キャンペーン】2019年夏!私の花火写真&お気に入りの夏ショット!
by milletti_naoko | 2019-08-13 23:56 | Marche