イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

夏野菜たっぷり今夜はブルセーガ

 5月が寒いと思ったら、そのあと雨の降らない猛暑が続き、今年の我が家の畑では、おかしな天候のために、トマトなどの夏野菜の実がつき始めるのが、例年に比べて遅くなりました。最近になってようやく、夫がミジャーナに行くたびに、熟したトマト(pomodoro)をたくさん摘んで戻り、ペルージャのうちの畑でも、トマトはもちろん、ズッキーニ(zucchina)、ナス(melanzana)、キュウリ(cetriolo)などの夏野菜が、次々に収穫できるようになりました。

夏野菜たっぷり今夜はブルセーガ_f0234936_6454358.jpg

 そこで今夜は、こうした夏野菜をたっぷり使って、手軽にできるおいしい料理、ブルセーガ(brusega)を作りました。

 2002年4月から半年通ったマルケ州の村、ウルバーニアのイタリア語学校で、夏には、学校で開講されていたイタリア料理教室にも通ったのですが、その料理教室で教わった料理です。

夏野菜たっぷり今夜はブルセーガ_f0234936_65151100.jpg

 黒板に書かれていた材料を書き写し、講師の先生の言葉や料理の手順を、絵も添えて書いた当時のメモを、今でもブルセーガを作るときは、参考にしています。ブルセーガ(brusega)は、ウルバーニアの方言で、「混乱、ごたごた」(confusione)を意味し、様々な夏野菜がごたまぜになっているので、こう呼ばれます。

 材料は、タマネギ(cipolla)、ナス、赤か黄色のピーマン、熟したトマトで、ズッキーニを加えてもいいとメモしてあります。わたしは、うちにある夏野菜の種類や数で、それぞれをいくつ使うか決めるのですが、メモに書かれている数は、それぞれ、タマネギ一つ、ナス二つ、ピーマンは大きければ二つ、小さければ四つか五つ、ズッキーニ一つ、完熟トマト四つか五つとなっています。

夏野菜たっぷり今夜はブルセーガ_f0234936_7122962.jpg

 まずは大きな鍋かフライパンに、オリーブオイルを熱して、千切りにしたタマネギを炒めます。タマネギが飴色になったら、切ったナスを入れ、塩を少々加え、フタをして3分炒め、時々かき混ぜます。

 それから、切っておいたピーマンを加え、塩を少々加え、フタをしてさらに5分炒め、時々木べらでかき混ぜます。レシピには「赤か黄色のピーマン」と書かれているのですが、緑のうちに収穫したため、今日は緑の大きなピーマンを使いました。野菜は、料理教室のときには、やや大きめの角切りだったのですが、わたしは早く火が通るように、また、ナスの苦味が取れるようにと、野菜を細め、小さめに切ることが多いです。

 畑で毎日ズッキーニが採れるので、このあとさらに、切っておいたズッキーニを入れ、塩少々を加え、時々混ぜ合わせながら、フタをして10分炒めました。10分炒めたのは、

夏野菜たっぷり今夜はブルセーガ_f0234936_7231170.jpg

トマトの皮をむき、角切りするのに10分近くかかったからです。切ったトマトよりも、ザルに残った未使用のトマトの方がきれいなので、そちらの写真を撮影しました。

夏野菜たっぷり今夜はブルセーガ_f0234936_7295824.jpg

 そうして、切っておいたトマトと塩少々を加え、さらに約10分間、フタをして炒め、時々混ぜ合わせます。最後に、塩コショウで味を整え、バジルの葉かオレガノを適量加えて、できあがりです。

夏野菜たっぷり今夜はブルセーガ_f0234936_730435.jpg

 熱々を食べても、常温に冷ましてもおいしく、そのまま野菜料理として食べてもいいし、パスタと和えても、トーストしたパンにのせてもいいと、教わりました。

 たくさん採れる夏野菜を一気に消費できて、おいしく食べられるので、そのときうちにある野菜によって、具に変更を加えつつ、このブルセーガを、夏にはよく作っています。この記事を書く前に確認して、まだブルセーガについては、ブログの記事を書いていないことが分かり、不思議に思ったほどです。今回の写真には、今日作った緑のピーマン入りのブルセーガと、おそらく記事にするつもりで昨年8月に撮影していたピーマンなしのブルセーガの写真が混じっていることに、鋭い人は気づかれたかもしれません。

 簡単においしくできて、たくさんの夏野菜を料理することができ、夕食時に夫が喜んでくれた上に、明日の夫の弁当のおかずにもなって、今夜のブルセーガは、一石四鳥でした。いえ、ブログの記事のネタにもなったので、一石五鳥と言えるでしょうか。

*******************************************************************************************
Brusega, miscuglio di verdure d'estate.

Piatto imparato nella scuola di italiano ad Urbania nel 2002,
nel suo dialetto la parola brusega significa "confusione".
Facile e buono con tante verdure fresche dell'orto.
*******************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2019-08-20 23:49 | Gastronomia