イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

金色の湖畔で夕食 帰りは雷雨、トラジメーノ湖・ウンブリア

 今夜は久しぶりに、夫と二人でトラジメーノ湖畔のいつもの店に、夕食を食べに、そして、夕日を見送りに行きました。いつもの夕食仲間の友人たちは、休暇中でアドリア海岸に行っています。

f0234936_6532731.jpg
Lago Trasimeno al tramonto, Giramondo Ristorante Pizzeria
San Feliciano, Magione (PG) 21/8/2019 19:25

 春先、客のほとんどが地元のイタリア人だったときには、午前7時過ぎにはまだ店の人が夕食中で、店で食べられるのは午後7時半頃からだったのですが、夏至を過ぎて、北欧からの観光客が増えたおかげで、最近は、午後7時過ぎに訪ねても、席に通してもらえます。オランダやベルギーからの旅行客が、夕食に来店する時間が早いからでしょう。3年前にフランスのノルマンディーを訪ねたときは、イタリアに比べて、店の夕食の時間帯や閉店時間がひどく早いのに驚きました。冬にすぐ日が暮れるために、夕食の時間帯が夏も早いのだろうかと、午後8時半に閉まるレストランさえあるのを見て、夫や友人たちと言ったものです。

f0234936_656781.jpg

 わたしは湖の魚の衣揚げに野菜を添えた前菜、夫はトマトソースとモッツァレッラ、サルシッチャのピザを食べました。夕日の光に、グラスのワインも金色に光っています。

f0234936_6434362.jpg
19:31

 ボートやカヌーで湖上から夕焼けを愛でる人たちも、今日は何人か見かけました。今日は、退院したばかりの親戚を見舞いに行ってから、その足でレストランに向かったため、着くのが午後7時過ぎと早くなったのですが、そのおかげで、湖の美しい夕焼けをテーブルからゆっくりと眺めることができました。夏至から早2か月が過ぎ、今日の日の入りは午後8時4分でした。

f0234936_7451554.jpg
19:33

 太陽が雲の後ろに隠れ、地平線近くの空が赤みを帯び、その空と雲の色を湖面が映します。

f0234936_7122280.jpg
19:48

 隠れていた夕日が、オレンジの光を放ち、ようやく雲間から、顔を出していきます。

f0234936_714345.jpg
19:57

 いつになく赤い夕日を、わたしたちは店のテーブルから見送りました。岸辺から、そして、湖上から、夕日を愛でて、撮影する人もいました。

f0234936_721362.jpg
20:22

 夕食後、支払いを済ませてから、わたしたちも岸辺に向かいました。

f0234936_7272381.jpg

 今日は空の雲が、ピンクに染まることなく、そのままたそがれ色になっていきます。

f0234936_7275351.jpg

 けれども、青みを帯びた灰色の雲と、そのすき間から見えるピンクの空が、波立つ湖面に映って、とてもきれいです。

 今夜は夕食は軽く済ませて、久しぶりにお気に入りのジェラート屋に行くつもりだったのですが、夫もわたしも満腹だったので、そのままペルージャのうちに帰ることにしました。途中から雷鳴がとどろき、薄暗い空が稲妻にきらめくのが、何度も見えました。「そのうちきっと雨に降られるよ」と、夫が言ったとおり、無料高速道路を走り始めてしばらくしてから、ぽつりぽつりと降り始めた雨が、やがてどしゃ降りになり、雷雨の中を帰宅しました。

 ペルージャのうちの周囲でも、雨の中、夜空が稲妻の光に輝くのが何度も見えて、きれいなので撮影しようとしたのですが、写真にはうまく撮れないので、録画してみました。


 今日は、ペルージャでは1日中雨が降らないという予報が出ていたので、洗濯物を外に干したまま外出したら、帰ってみると雨に濡れてしまっていました。それは残念ですが、明日の朝は、庭には水やりは不要で、テラスの鉢植えに水をやるだけでよくなったので、助かります。9時半から、13歳の少年の日本語の授業があるからです。

********************************************************************************
Tramonto d'oro riflesso anche sul calice di vino
,
Il cielo cremisi e il sole arancione, bellissima serata
anche oggi a Giramondo Ristorante Pizzeria.
San Feliciano, Magione (PG) 21/8/2019
********************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  
 
トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30750942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3841arischan at 2019-08-22 11:31
なおこさん、トラジメ―ノ湖の湖面に映り込んだ茜色は、とても美しくて、こちらを見ながらのお食事、さぞや美味しい事と思います~(^^♪
なおこさんの食べてる、お魚の衣揚げがカラッと揚げられていて、ほんとに美味しそうですね♡
揚げものでも、お魚と野菜だけたどヘルシ―に思います♪
ご主人様のピザは、さすが本場の~と思われます☆
雷雨になる前に帰られて良かったですね~
録画された雷、なかなか迫力が有りますね(*^_^*)
Commented by hanashigai at 2019-08-22 12:53
テーブルの向こうの湖に輝く太陽が眩しい♪ワイングラスにも同じ光景が写っています。
お料理はもちろん最初から美味しそうだけど、このロケーションもスパイスとして味を引き立てますね。
オレンジの夕日からピンクの残照までのカットが湖畔で過ごす優雅なひと時を表していて素敵です。
最後の稲妻ビカビカ、動画にしたのは正解でしたね\(^o^)/
Commented by ciao66 at 2019-08-22 20:08
地平線から空が真っ赤に染まって美しいですね!
南国の夕焼けのような感じもします。
大きなキャンバスにいつも違う絵だ♪

Commented by milletti_naoko at 2019-08-23 06:59
アリスさん、昨夜の夕焼けはとりわけきれいで、二人だと湖により近い席に座ることもできて、うれしくおいしいひとときとなりました♪

魚料理は、食べるたびに微妙に揚げ加減や添えてある野菜が違うのがおもしろいです。同じものを頼んでも、どきどきはらはらするという……

高速道路であまりの雨に、ワイパーが最高速で稼働しても、前がよく見えないときさえあり、さすがにそのときはゆっくり運転になったのですが、無事に帰れてほっとしました。
Commented by milletti_naoko at 2019-08-23 07:03
放し飼いさんのコメントで、ワイングラスに同じ光景が逆さまに写っていることに気づきました。確かに! 

料理と愛想ももてなしもいい、なじみの店の人たちはもちろん、やっぱり湖の夕焼けが何と言っても、ここにわたしたちを引きつけるように思います。

稲妻、動画できれいに撮れてうれしかったのですが、今日になって窓を開けてお雷撮影は危険だと知りました。無事でよかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2019-08-23 07:06
ciao66さん、ありがとうございます。地平線近くの空の雲が薄いおかげで、真っ赤な空に沈む金色の夕日が、とてもきれいでした♪ 

いつ訪ねても、同じ場所の同じ夏のほぼ同じ日の入りの頃でも、夕焼けの表情が変わるのがおもしろく、だからいつも訪ねたい思いに駆られるのでしょうね。
Commented by ムームー at 2019-08-23 12:00 x
なおこさん
こんにちは
美しい~
夕陽に魅せられています
この間、久しぶりに観た夕陽も感動でしたが
なおこさんが写される景色は格別ですね
美味しいお食事にも♪
雷、こちらでも毎日ですが迫力ありますね
いつも気にかけていただいてありがとうございます
今のところ、普通に家事をしています
無理がないようにしますね
Commented by milletti_naoko at 2019-08-24 21:35
ムームーさん、こんにちは。湖の夕焼けは、琵琶湖もトラジメーノ湖も、美しいですよね。

そちらでも迫力のある雷が毎日見られる季節になったんですね! こちらこそ、いつもありがとうございます。かけがえのないムームーさんご自身のご健康と命が第一ですもの。どうか無理はなさらず、お大事にお過ごしくださいね。
by milletti_naoko | 2019-08-21 23:52 | Umbria | Trackback | Comments(8)