イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

湖の夕べの花嫁・キャンプ客、トラジメーノ湖

 一昨日、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)に沈みゆく夕日を見ようと、岸辺に向かうと、桟橋の上で、花嫁さんと花婿さんが写真撮影をしています。

f0234936_7305785.jpg
Lago Trasimeno al tramonto, San Feliciano, Magione (PG) 4/9/2019

 奥に見える島は、左からマッジョーレ島(Isola Maggiore)ミノーレ島(Isola Minore)です。

f0234936_7351240.jpg

 冒頭の写真は、この写真の一部を切り取ったものです。湖に立つ木の一本が倒れてしまっているのですが、その少し向こうの岸辺にキャンプ場があります。桟橋の先端の後方に写るボートに乗った人たちは、このキャンプ場の客と思われます。

 友人がこのあと新郎新婦と話したところ、結婚式はすでに1か月前に挙げていたとのことです。


f0234936_740244.jpg

 いつもの店での夕食に、この日も約束していた時間の前に着いて、友人たちはまだ来ていなかったので、予約していた席だけ確認して、岸辺へと歩いて行っていました。店の窓ガラスにも夕焼けと湖が映っています。

f0234936_7435752.jpg

 南を見やると、柳の枝が優しく風に揺れています。

f0234936_7473998.jpg

 この浜からは、湖で最も大きい島、ポルヴェーセ島(Isola Polvese)が、すぐ近くに見えます。

f0234936_7501095.jpg

 上空はたそがれの色、地平線近くの空は、夕日にオレンジ色に染まり、その青もオレンジも湖面に映り、金色の光の道ができています。

f0234936_754257.jpg

 店に到着した友人たちも、わたしたちのいる岸辺にやって来たので、皆で夕日を見送ってから、テーブルに戻ることにしました。

f0234936_757421.jpg

 空の高みに白い月も見えて、うれしかったです。

f0234936_758511.jpg

 日の入りが午後7時半過ぎと早くなったので、たそがれの湖を見やりながら、食事とおしゃべりを楽しみました。

****************************************************************************
Al Lago Trasimeno al tramonto

sposi e fotografi sul pontile,
villeggianti nel gommone sull'acqua,
riflette il lago e il tramonto la finestra,
noi a salutare il sole sulla spiaggia
e poi nei colori del crepuscolo
cena con amici e cognato.
Un'altra bella serata d'estate
sulla spiaggia e al ristorante Giramondo.
San Feliciano, Magione (PG) 4/9/2019
****************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30774414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hanashigai at 2019-09-07 12:52
美しいですね~!
空の青を省いて色合い統一感を出したトリミングが絶妙です。
もちろん夕焼けグラデーションのもと画像もよくて、倒れている木があるのが良いかも♪
この桟橋が絵になるのは水面からの高さが美しい比率なのでしょうね。そして橋脚の太さと数も良いです。
このフレーミングだけをテーマで四季を追いかけても素晴らしそうです。
最後のカットもとても素晴らしいです。
Commented by ciao66 at 2019-09-07 22:02
画像の一番いいところをピシッと!大胆に。
この切り取り方が素晴らしいですね♪

トリミングでこうも変わる、
という見本のような気がします。

元の絵がピシッといっていないと
こうも大胆に切り取れないと思うのですが・・・。

空の淡い色調と黒い桟橋の対比が効果的ですね。
Commented by milletti_naoko at 2019-09-07 23:15
放し飼いさん、そんなにほめてくださって、ありがとうございます。なるほど、夕焼けが美しい湖の桟橋だからというだけでなく、高さや構造もちょうど美しい比率だから絵になるというのは、多種多様なものを対象として無数の写真を撮影されてきた放し飼いさんがおっしゃるのだから、そうなのでしょうね。10月から3月は店が閉まってしまい、また、日の入りが早くなり、その時間帯には寒くなってしまうために、夕日を湖に見に行くことがぐっと少なくなり、見に行けても、寒いからと夫がすぐに退散したがるのですが、冬にこそとても美しい夕焼け空が見えることが、この桟橋ではないものの、トラジメーノ湖畔では多いので、おっしゃるとおりだと思います。

放し飼いさんをはじめ、皆さんのコメントから、そういう鑑賞の仕方もあるのか、そんなふうにも見えるのかと、とても興味深いです。
Commented by milletti_naoko at 2019-09-07 23:34
ciao66さん、「新郎新婦が桟橋にいる、夕焼けが映る湖もきれい!」と、湖畔まで駆けて行って撮影した写真で、花嫁さんたちも写真家たちも絶えず動いていたので、ズームで拡大している余裕がなく、写真を撮ってから、切り取る形になりました。切り取らないと、一番焦点を当てたい対象が小さくなり、画の中央に来ず、花嫁たちの影が湖面に揺れる様子も見えにくかろうという思いもありました。元の写真をあえて残したのは、なぜこの位置にゴムボートに乗った人たちがいるのかを説明するためだったのです。こんなにほめてくださって、ありがたいと同時に、何だか恥ずかしいような。

自分が大好きで、見るたびに感動するものですから、おそらくはトラジメーノ湖の夕景だけで、百も二百も記事があり、最近は特にこの店や岸辺からの写真が多いため、また同じような写真と記事かなと気にしながら投稿したので、皆さんからのコメントに励まされ、勇気づけられました。ありがとうございます♪
Commented by tawrajyennu at 2019-09-08 11:59
最初の写真はもちろんですが、7枚目の夕日とそれを写す湖、そして黒い桟橋の写真が素晴らしいなあと思いました。
このトラジメーノ湖の夕景が好きだというnaokoさんの気持ちが写真から感じ取れます。
こんな素晴らしい場所に住んでいるのが羨ましいですね。
Commented by otenbasenior at 2019-09-08 12:44
なんともロマンチックな夕暮れ時ですね。
ましてや花嫁衣装の娘さんがいらっしゃればなおのこと。

スマホ頼りの私ですので、どんなに逆立ちしてもこの様な美しい夕陽は画像に収めることが出来ません。
トラジメーノ湖は思い出の場所ですがこれほど綺麗な思い出ではない様な(笑)
Commented by milletti_naoko at 2019-09-08 16:09
タワラジェンヌさん、ありがとうございます。まさに沈もうとする夕日が桟橋の上にまで赤い光を投げかけ、湖や周囲を照らしていて、とてもきれいでした♪

トラジメーノ湖はうちから、車で30分で夕日が美しい東の岸の村に、1時間あれば西の遠い岸辺まで行けるので、ありがたいです。一度予定していた旅行の前に車が故障して、バスで行って、島に宿泊したこともあるんですよ。
Commented by milletti_naoko at 2019-09-08 16:12
お転婆シニアさん、ありがとうございます。やっぱり花嫁さんがいると、雰囲気がまた変わってきていいですよね。

トラジメーノ湖は大きくて、岸辺にもいろんな場所がありますし、湖の周囲を一周するサイクリングロードは、湖自体からはやや離れたところを通ることが多いからかもしれませんね。
by milletti_naoko | 2019-09-06 23:59 | Umbria | Trackback | Comments(8)