イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

くれないの蔦の道くだり昼食に、アンギアーリ

f0234936_8114067.jpg
 ラヴェルナ(La Verna)の修道院には、参詣に訪れた人が食事できるレストランがあり、午後2時までなら昼食が食べられる上に、昼食時間を過ぎても、併設されたバールでパニーノを頼むことができます。

f0234936_7435970.jpg
Santuario della Verna, Chiusi della Verna (AR) 21/10/2019

 そうなのですが、昨日は、ちょうど隣村のカプレーセで栗祭りが開かれていたので、ラヴェルナでは食べずに、栗祭りの会場で食べることに決めました。ところが、日曜の午後だからか、栗の名産地であり、かつミケランジェロの生地でもあるカプレーセの周囲には、おびただしい数の車が列をなしています。そこで栗はあきらめて、何か食べられそうなところを探しながら、車でペルージャへと向かいました。

 午後3時半を過ぎていたので、レストランの昼食時間は過ぎ、夕食にはまだ早い上に、食料品店が開いていればパニーノを作ってもらえるのですが、地方の村では、日曜はたいていの場合閉店です。バールにサンドイッチを置いてある場合もあるのですが、通りかかるバールは閉まっている場合が多い上に、夫がピザを食べたいと言います。

f0234936_7595447.jpg
Anghiari (AR)

 そこで、昨年の秋に友人たちと訪ねたことがある村、アンギアーリで、何か食べられそうな店を探してみることにしました。昨年の秋は、このなだらかな坂道を下って、中心街まで行ったのですが、

f0234936_862852.jpg

夫は、そのとき帰りに通った近道を見つけて、ツタの紅葉が美しい、その近道を歩いていきます。

f0234936_89712.jpg

 さらに下ると、石の階段がずっと下方まで続いています。ラヴェルナの森ですでに歩き疲れているためもあり、深いくれないの色のツタに感嘆しながらも、注意しないと足元が滑るので、

f0234936_8114067.jpg

長いながい石段を、時に転びそうになりながら、ゆっくりと降りていきました。

 階段の先にある広場からは、何やらにぎやかな声が聞こえてきます。

f0234936_8145480.jpg

 ちょうど自転車レースが開催中だったのですが、そのおかげで、昨日は特別に、午後5時前という時間帯でありながら、ピザかパニーノなら作ってくれて店内で食べられるという店があり、そのバール兼ピザ屋、Bar Pizzeria Baldaccioで、遅い昼食にピザを頼んで食べました。ピザが薄くてパリパリだったので、サルデーニャ島名物のパン、パーネ・カラサウみたいだなと思いました。ポルチーニ茸(funghi porcini)入りで、野菜も食べられるピザが食べたいということで、このポルチーニとナス(melanzana)ベーコン(pancetta、薄く切ってありましたトマトソース(pomodoro)ピザ(pizza)を選びました。運ばれてきたピザを見て、モッツァレッラが載っていないのに驚いたのですが、メニューを見ると、確かに具にモッツァレッラチーズなしの珍しいピザとなっています。

 カウンターに並ぶ手作りのケーキがどれもおいしそうだったのですが、満腹だったので、また次回の楽しみということにしました。

f0234936_8265323.jpg

 メニューに書かれたレースの説明を見て、年代物の自転車のレースだと知り、夫が興味を持って、レースを見たがっていたのですが、わたしたちが食事を終えて店を出たときには、レースがすでに終わったのでしょう、片づけを始めていました。

 イタリアで最も美しい村の一つであるこのアンギアーリを、いつかまたじっくり訪ねようと話をして、昨日は歩き疲れていたので、長いながい階段と坂道を登って、駐車場へと戻りました。駐車場の近くにもまた、紅葉の美しいカエデがありました。

*******************************************************************
Il rosso scarlatto di vite americana e acero

orna le vie e le scale di Anghiari,
uno dei borghi più belli d'Italia in Toscana.
Anthiari (AR) 20/10/2019
*******************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 紅葉にキノコにょきにょき秋の森、ラヴェルナ / Autunno nel bosco della Verna (21/10/2019)
- ミケランジェロ生まれた村の栗祭り、トスカーナ / Festa del Marrone a Caprese (27/10/2018)
- カプレーセの栗祭り / Festa della Castagna a Caprese Michelangelo (27/10/2013)
- ミケランジェロの生家を訪ねて / Casa natale di Michelangelo, Caprese (9/10/2010)
- ミケランジェロとラヴェルナ / Roccia di Adamo, La Verna & Michelangelo (27/10/2012)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30839485
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ciao66 at 2019-10-22 12:40
蔦の紅葉が楽しめる路地の階段がいいですね♪
長い階段も苦にならずに楽しめそう。

ポルチーニ茸入りのピザがとても美味しそう!
いいところが見つかって良かったですね。
Commented by milletti_naoko at 2019-10-22 16:35
ciaoさん、蔦の紅葉が本当にきれいでした。最近はどういうわけか、山を歩いたあと、食べるためにさらに坂道を歩かなければいけないことが多くて、鍛えられます。

こんな時間に温かいものが食べられるものが見つかって、助かりました。
Commented by hanashigai at 2019-10-22 20:43
2枚めが僕の好みのフレーミングと構図のど真ん中で好きです。
3枚め以降の折れ曲がった階段路地も凄く美しくて、最も素敵だと思ったのは手すりが設置されていることです。
石積みの石塀に現代材料の手すりは、一見すると風情を損なうのだけど、そこに敢えて手すりを作ってある事に此処の地域の人々の思いやりを感じました♪

Commented by olive07k at 2019-10-22 21:43
イタリアも日本の四季ににていますネ
秋なのですネ♬

画像が大きく
同行気分で ご拝見♥してます。
Commented by milletti_naoko at 2019-10-23 17:25
放し飼いさん、まあなんとそうなんですね! 同じ一連の写真でも、皆さんのコメントで、人によっていろいろ好みがあるのが分かり、わたしと違う観点から考えられたり感じられたりしていることも多いので、興味深いです。

長い階段は大変でしたが、ツタの紅葉に励まされました。この石段は、地域の人が暮らしの中で使うものなので、雨の日など石の上は滑りやすくもありますから、設置されているのではないかなあと思います。
Commented by milletti_naoko at 2019-10-23 17:38
olive07kさん、日本もイタリアも南北に長いので、それぞれの日本の地域に対応する四季が、イタリアでも見つけやすいように思います。

楽しみながら読んでくださっていると知って、うれしいです。ありがとうございます♪
by milletti_naoko | 2019-10-22 08:33 | Toscana | Trackback | Comments(6)