イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

荒波を越えるか通関可か化粧品、日本から取り寄せようとするけれど

 イタリアに暮らし始めてから長い間、薬草を主成分とするイタリア製の基礎化粧品をずっと愛用していたのですが、行きつけの店でお世話になっていた方が、数年前に退職され、さらに店が、わたしが使っていたクリームや洗顔フォームを扱っていた業者の商品を取り扱うのを取りやめてしまいました。

荒波を越えるか通関可か化粧品、日本から取り寄せようとするけれど_f0234936_7431088.jpg

 その業者の商品を扱う店がウンブリア州にないわけではないのですが、遠方だったので、何度かオンラインで購入したものの、近年、シミが目立ち始めたのが気になって、石油由来成分など、肌に有害な物質を含まない、よりよい美白化粧品がないだろうかと、日本でも販売されていて評価が高いとあるフランスの業者の基礎化粧品を1、2年試してみたのですが、効果があまり感じられませんでした。夏の最も日の高い時間に山を歩いたり、汗が流れても、日焼け止めクリームを塗るひまなく、夫や友人たちを追って急がなければならなかったりすることが少なくなかった上に、夜更かしのための睡眠不足も肌に悪いのだと思います。さらに50代に入ったので、時の流れには逆らえないということもあろうと思いつつ、いつだったかイタリアの皮膚科医に、「そのシミはあなたのDNAで決まっているのだから、レーザーで取ることはできても、クリームなどではなくならない」と言われて、落ち込みました。そのときに、ひょっとしたらこのシミは、東洋人特有のものかもしれないと考えたこともあって、最近、アマゾン日本でよさそうな基礎化粧品を探していたら、これがよいのではないかと思うものが見つかり、料金を見てみると、イタリアまでの配送・手数料と輸入に必要な料金の合計が、同種の商品をイタリアで購入した場合の料金と、それほど違いません。イタリアに輸入できるだろうかと、郵便局のサイトで確認して、アルコールが成分に含まれているとできないようだけれども、わたしが取り寄せたいものは、すべてノンアルコールと書かれているので大丈夫だろうと、注文しました。

荒波を越えるか通関可か化粧品、日本から取り寄せようとするけれど_f0234936_7433431.jpg

 昔むかし、2002年の春、イタリア留学のために日本を出発する前に、日本の郵便局から国際スピード郵便で送った荷物が、頭痛薬と花粉症による結膜炎のための目薬を入れていたばかりに、長い間税関で差し止められたことがあります。差し止めた旨を告げる文書が、ミラノからわたしが留学していたマルケ州の小さな村に到着するまでに、ひどく日数がかかったためではないかと記憶しているのですが、そのとき、学校からファックスで薬の説明を書いた文書を送付すると、荷物は幸い、まもなくわたしの手元に届きました。そのとき、薬は二度と送らないようにしようと考えていたのですが、まさか基礎化粧品まで差し止められる可能性があるとは、思いも寄りませんでした。

 今日、午後6時半頃に帰宅してメールを確認すると、配送業者のDHLからイタリア語でメールが来ていました。わたしが注文した商品は、空港検疫所による検査を受けなければいけないので、輸入品の個人使用申告書に、必要事項をすべて書き込み、署名をして、身分証明書と税務番号のコピーと共に、ファックスかメールで送るようにと書かれています。

 金曜の夕方なので、すぐに書き上げようと思ったのですが、倉庫についての情報を書かなければいけない欄があるのに、そこに何と書けばよいかが、メールのどこを見ても分かりません。また、個人使用申告書には、請求書か領収書を添付するように書かれているのですが、わたしがアマゾン日本からメールで受け取った領収書の記載は日本語で、たとえ設定言語を英語に変更しても、肝心の商品明細が日本語のままです。ただ、配送状況を見ると、すでに香港の税関を通っているので、英語で内容を説明した請求書・領収書が荷物には添付されていて、そのためにわたしが送る必要がないので、DHL側は、わたしに添付するように言わなかったのだと思われますが、ひょっとしたら必要があるかもしれません。

荒波を越えるか通関可か化粧品、日本から取り寄せようとするけれど_f0234936_744319.jpg

 以上2点について、DHLに質問しようと思ったのですが、そう思ったときには、もう午後7時直前でした。かなり高い通話料を取られるDHLの電話受付は月曜から金曜の午後7時までで、チャットなら無料ですが、そのサービスも金曜の午後6時半までで週末はなしということなので、おそらく、来週月曜までは返事が得られないのではないかという気がします。それでも、とりあえず、申告書と身分証明書のコピーを送るようにと、DHLがメールを送って来たアドレスに、上記の質問をイタリア語で書いて、送っておきました。DHLから催促メールを受け取ったのがヤフー日本のアドレスなので、そのメールアドレスから質問を書いて送ったのですが、ヤフーメールがDHLのメールからはじかれず、月曜の午前中には返事が届くことを願っています。でないと、火曜に届くはずだった基礎化粧品が届かないばかりか、日本に戻ってしまう可能性があるかもしれないと心配しています。

 こんなことになるのであれば、おとなしく同種のイタリアの商品を購入しておくのだったと思うのですが、どうか無事に、注文した品が手元に届きますように。

 購入した商品が国境を越えて、海外に暮らすわたしのもとに、無事届くかどうかということで、いつ雷雨になるかもしれない11月のアドリア海岸で、荒波に挑む人々を撮影した写真を、記事に添えておきます。

 昨日から、数時間かけて、集中して一気に仕上げたい文書があるのですが、昨日は方々から様々な依頼や連絡が絶えず、今日も帰ってすぐに、この個人使用申告書を仕上げるのに時間を取られて、するべきことがまたもや翌日に持ち越されてしまいます。わたし自身ができるだけ早く仕上げたいだけで、特に締め切りがあるわけではないのですけれど、気になります。明日は午後から、遠方の友人の誕生祝いに、夫や義弟夫婦と共に出かけて、日曜の晩戻りますので、明日の朝にでも、何とか仕上げられるといいのですけれども。

*******************************************************************************************
E' arrivata una email da DHL, mi dice di inviare
la dichiarazione al Ministero della Salute!
Ho ordinato i cosmetici dal Giappone per la prima volta.
Spero che essi mi arrivino.
Foto: coloro che sfidano le onde al mare di novembre.
******************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2019-11-16 07:51 | Sistemi & procedure