イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

紅葉の美しい村の城壁めぐり、ベヴァンニャ

 今日は午後、ウンブリア州に現在27あるイタリアで最も美しい村の一つ、ベヴァンニャ(Bevagna)を訪ねました。

f0234936_8291819.jpg
Bevagna (PG) 30/11/2019

 町並みに趣があり、紅葉がとてもきれいで、散歩が楽しかったです。

f0234936_831557.jpg

 城壁の外を通る散歩道を歩くと、実がいっぱいになった柿の木を時々見かけました。この写真の柿の木は、もう実が残り少なくなっています。

f0234936_8333514.jpg

 家や店、教会が立ち並ぶ中心街を取り囲む城壁の外に、こんなふうに緑や畑が広がっているところもあったので、驚きました。ブドウの木の黄葉と紅葉が、傾き始めた日の光のおかげで、いっそうきれいに見えます。

f0234936_8363524.jpg

 城壁のまわりを一周する散歩道を歩いてみたいと、わたしは考えていたのですが、夫が訪ねたい教会があったので、途中から城壁の中に入りました。秋の色や緑に彩られた村の道端で、ネコが一匹くつろいでいます。

f0234936_8412944.jpg

 村の小路を歩いていても、鮮やかに赤いツタの葉が石壁を彩っているところが、時々あります。

 今朝は、現在開催中の女性写真展についての会合があり、終わったのが午後1時頃だったため、それほど遠くないモンテファルコへ、サグランティーノのブドウの紅葉を見に行くつもりでした。ベヴァンニャには、これまでも何度か行ったことがあります。けれども、今回食事に立ち寄って、まだ訪ねていない場所が多いこと、風情や見どころがある村だということが分かり、結局モンテファルコには行かずに、ベヴァンニャの散策を満喫しました。歩いている途中で、ペルージャの友人から電話で映画の誘いがあり、帰宅が遅くなりましたので、今日の散歩については、また後日詳しくご紹介しようと考えています。

*****************************************************************************************
Belli i colori d'autunno a Bevagna.

Dentro le mura in rosso acceso le viti americane,
fuori le mura gialle e rosse le foglie di vigna.
Brillano i loro colori illuminati dal sole di tramonto.
Bevagna (PG) 30/11/2019
*****************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/30926731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3841arischan at 2019-12-01 09:29
なおこさん、毎年、拝見するのが楽しみな葡萄畑の紅葉と、蔦の紅葉のイタリアの街なんですよ~♡
今年は、べヴァンニャなんですね~
晩秋の雰囲気がとても出ているお写真に魅了されました♡
Commented by hanashigai at 2019-12-01 18:39
秋はカエデの葉の色づきばかりに意識が行きがちですが、柿の木って日常風景の秋色アクセントになりますよね♪
先日の険道の道中にもそれなりに有った(20年程前は)のですが、今は廃屋が多くなり風景として殺伐としすぎていて撮ることをしませんでした。
Commented by ciao66 at 2019-12-01 20:40
ブドウの黄葉の有る里の風景がいいですね!
散歩が楽しそうなところだと思いました。
Commented by tawrajyennu at 2019-12-02 13:41
こんにちは♪
城壁や家の壁に絡まる楓や蔦の紅葉が本当にきれいですね。
葡萄の紅葉も黄葉も赴きがありますね。
我が家の数少ない葡萄の木も黄葉&紅葉し、先日見たらすっかり葉が落ちてしまってました。
Commented by milletti_naoko at 2019-12-02 17:36
アリスさん、ベヴァンニャは、すでに訪ねたつもりだったのですが、思いがけず美しい村で、秋の色も美しく、散歩が楽しかったです♪ ミジャーナのプロコーピオ城のツタは、紅葉を見逃してしまいましたが、モンテファルコの紅葉は近いうちに見に行けたらと思っています。

うれしいコメントをありがとうございます。
Commented by milletti_naoko at 2019-12-02 18:08
放し飼いさん、日本ではやはりもみじが紅葉の主役なのでしょうが、柿や桜、サルスベリなど、他にも紅葉の美しい木々がありますよね。日本でも廃屋があちこちにあるのですね。柿はイタリアでは、葉の紅葉もきれいですが、誰も実を取らないので、鮮やかにオレンジ色の実でいっぱいの木を見かけることも多く、とてもきれいです。と同時に、食べないなんてもったいないと思うわたしたちです。
Commented by milletti_naoko at 2019-12-02 18:19
ciao66さん、広場も小路も城壁の散歩道も、あっという驚きやすてきがあちこちにあって、散歩が楽しかったです。村のすぐ外に里の風景が広がっていることに驚きました。ブドウの黄葉と紅葉が、日の光に映えてとってもきれいでした♪
Commented by milletti_naoko at 2019-12-02 18:21
タワラジェンヌさんのお宅にもブドウの木があるのですね! 我が家のブドウも黄葉した葉が、今はわずかに木に残るばかりです。秋色に彩られた村がきれいで、うれしかったです♪
Commented at 2019-12-04 07:43
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2019-12-06 22:29
snowdrop-utaさん、イタリアでも柿や椿、紫陽花の花が見られるのはうれしい一方、植物もグローバル化が進んでいて、季節の風景もよく言えば多様化、国際化、悪く言えば画一化、均一化の傾向があるのでしょうね。南天の赤い実を、出かけた先々で見かけることが多いです。伝統的なのはやはり野山で見かけるイヌバラの赤い実なのですけれども。
by milletti_naoko | 2019-12-01 08:54 | Umbria | Trackback | Comments(10)