イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

古代から名高い湯の宿で憩う夕、Terme di Stigliano

 古代ローマ時代、戦地からローマに戻る前に、兵士たちが立ち寄って体を清めていた温泉。今月初めに訪ねたスティッリャーノ温泉(Terme di Stigliano)は、そんなふうに古代から名高い温泉で、古代ローマ時代よりさらに昔にも、紀元前6世紀から、古代エトルリア人が、この温泉に通っていたそうです。

古代から名高い湯の宿で憩う夕、Terme di Stigliano_f0234936_745621.jpg
Terme di Stigliano, Canale Monterano (RM) 4/12/2019

 山中の風景の美しい中にある温泉は、屋外にも大小のプールがいくつかあるのですが、冬は、大半は利用できないとのことでした。外は寒いので、わたしたちは、屋外の温泉には入りませんでした。

古代から名高い湯の宿で憩う夕、Terme di Stigliano_f0234936_7113657.jpg

 ホテルに着いてすぐに、周囲を散歩すると、黄葉がきれいです。

古代から名高い湯の宿で憩う夕、Terme di Stigliano_f0234936_7143692.jpg

 スティッリャーノ温泉は、ローマから北西に約50km、車で1時間あまりの山中にあります。フィウミチーノ空港からも、直線距離はほぼ同じで、空港の北北西に位置するためか、わたしたちがホテルの周囲を散策していた30分足らずの間に、いくつもの飛行機が、次から次へと現れて、飛び去っていきました。

 空の高みに、白い半月も見えて、うれしかったです。

古代から名高い湯の宿で憩う夕、Terme di Stigliano_f0234936_7272874.jpg

 1928年に道路工事をしていたら見つかったという古代ローマ時代の温泉施設やアポロ神殿の遺跡も、ホテル・温泉の敷地内にあって、

古代から名高い湯の宿で憩う夕、Terme di Stigliano_f0234936_7251720.jpg

こんなふうに遺跡について説明する案内看板が立っています。

古代から名高い湯の宿で憩う夕、Terme di Stigliano_f0234936_7285550.jpg

 苔の緑と落ち葉の対照がきれいです。

古代から名高い湯の宿で憩う夕、Terme di Stigliano_f0234936_7314486.jpg

 前日までの雨で地面がぬかるみ、時間もあまりなかったので、下っては行きませんでしたが、こんなふうに竹林の中を通る小道もありました。

古代から名高い湯の宿で憩う夕、Terme di Stigliano_f0234936_7332690.jpg

 ホテルの壁を覆う蔦の紅葉がきれいです。

 わたしの誕生日だから旅行にと、夫が誘ってくれての一泊旅行でしたが、温泉がいいよねとずいぶん前から言っていたのは夫でした。わたしは夫から旅行の話を聞いたときは、一泊するなら夜も散歩ができる大きな町や芸術の町がいいのではないかと考えていたのですが、諸事情のため、旅行への出発を決めたのが当日の朝になり、また、ウンブリアやトスカーナはひどく寒いという予報が出ていたため、天気がよく暖かそうなラッツィオ方面の温泉を探しました。スティッリャーノ温泉は、夫が愛読している園芸雑誌に、公園・庭園がすばらしいと紹介されていたことがありました。その記事を読んだ夫が、散歩をしに行こうと言ったことがあるのですが、温泉を併設するホテルに電話して、宿泊客でないと訪問できないことが分かり、そのときは行き先を変更しました。そういうことがあったので、いつか行ってみたいと考えていました。

 ヴィテルボの温泉、テルメ・デイ・パーピは一度行ったことがあり、うちからはその方が近いし、わたしはよかったように覚えているのですが、屋外温泉だけだったためか、夫はあまりいい印象を抱いていないようです。

古代から名高い湯の宿で憩う夕、Terme di Stigliano_f0234936_7433046.jpg

 そこで、ラッツィオ州なら寒さがそれほど厳しくないようだし、この温泉なら翌日、トレッキングもできるだろうと、インターネットで情報を調べてみました。イタリアでは温泉はプールになっていることが多く、屋外だけに温泉がある場合も、屋内・屋外の両方にある場合もありますが、冬場は夫は、屋外だけの温泉は好まないようです。日本の温泉と違って、水着を着て入り、また水温が体温とそう変わらないくらいである場合が多いのですが、だからと言って、そんなに何時間もずっと過ごす人がいるわけではないでしょうに、入場料金が高くて、イタリア中部では、20ユーロ前後のところが多いように思います。また、うちの夫は、温泉の源泉の温度が低く、温めて利用している温泉をあまり好みません。

 以上のことを考慮した上で、スティッリャーノ温泉について調べて、これはよさそうだと思いました。源泉温度が36度から56度と高く、屋内にも温泉プールがあり、サウナや、ハーブの香りでリラックスしながら汗を流せる部屋もあります。

古代から名高い湯の宿で憩う夕、Terme di Stigliano_f0234936_74177.jpg

 温泉を有する四つ星ホテルは、よく利用する宿泊サイトでの評価が高く、さらに、冬の平日だからか、朝食込み2人一泊の料金が92ユーロで、ホテルに滞在中は無料で温泉を利用できるとのことです。夕食は高くなるだろうけれども、温泉もよさそうだしこれはお得だと、ペルージャの我が家からは約180km、車で2時間半と遠いのですが、行くことに決めて、すぐにホテルを予約しました。

 このとき、夫が候補に挙げていたのは、わたしたちが行ったことのあるトスカーナのサトゥルニアの有料の温泉でした。サトゥルニアは、約130〜150kmと距離は近いのですが、移動の所要時間はほぼ同じです。いつだったか2月に行ったときに、屋外の温泉ばかりでひどく寒く、温泉の中こそあたたかいものの、プールからプールへと移動するたびに、寒さに震えたことと、入場料金が高いのに、駐車場まで有料だったことを覚えていて、あまりいい印象がありません。

 とても遠いので、運転してくれた夫は大変だったと思いますが、結果としては、わたしも夫も、スティッリャーノ温泉にもホテルにも大満足でした。決して広くはないものの、屋内プールがあり、人が少ないので、ゆっくりとくつろぐことができました。目の充血を長い間気にしていた夫が、この温泉に入ったあとから、その充血がすっかり治ったと驚き、温泉かサウナのおかげだろうと、うれしそうです。宿泊客は、バスローブとサンダルを無料で利用できます。部屋で水着に着替えて、サンダルを履き、バスローブを着て、そのままホテル内を歩き、外にいっさい出ないで温泉に行けるというのも、ありがたかったです。しかも、温泉客が体を冷やさないようにという配慮からか、ひどく寒い日であったにも関わらず、ホテル内はどこも暖房がしっかり効いていて、寒がりのわたしが、一度も寒いと感じず、暖かく過ごすことができました。

古代から名高い湯の宿で憩う夕、Terme di Stigliano_f0234936_8134857.jpg

 食事は、やはり値段が高めで、趣向を凝らしてありました。夫は自分が頼んだ料理がおいしいと言っていましたが、わたしが頼んだ低温でじっくり焼いたという豚肉料理は、いまひとつでした。どういうわけか、つけ合わせのジャガイモは塩気が多すぎたのに、肉には味がなかったのですが、いっしょに食べればちょうどいいという感じでした。

古代から名高い湯の宿で憩う夕、Terme di Stigliano_f0234936_8172031.jpg

 けれども、「君の誕生日だから」と夫が注文してくれた、デザートの味を少しずつ楽しめるお味見セットは、どのデザートもていねいに、素材の味を生かして作ってあって、とびきりおいしかったです。

Terme di Stigliano
Località Bagni di Stigliano, 2 - 00060 Canale Monterano (RM)
Tel. : +39 06 99805977
Email: info@termedistigliano.it
Sito : Terme di Stigliano - HOME
FB : Facebook - Terme di Stigliano

**********************************************************************************************
Belli i panorami e colori d'autunno, squisiti i dolci.

Rilassanti e lieti le ore trascorse nelle terme
frequentate già nell'antichità dagli Etruschi e dai Romani.
Terme di Stigliano, Canale Monterano (RM) 4/12/2019
**********************************************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 誕生日祝いに温泉ありがとう / Colori d'autunno alle Terme di Stigliano (4/12/2019)
- 古代エトルリア博物館・墳墓遺跡めぐり、チェルヴェーテリ / Museo archeologico & Necropoli etrusca, Cerveteri (5/12/2019)
- 古の窯焼き自慢のパネットーネ、チェルヴェーテリ / Antico Forno a legna Piergentili, Cerveteri (5/12/2019)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 

ブログテーマ:孫・子供・夫婦で過ごす、日常・ハレの日の家族写真
Commented by fiona123 at 2019-12-23 09:09
なおこさん、お誕生日おめでとうございます。

温泉付きホテルでのお誕生日、堪能なさったようで、よかったですね。
やさしいご主人様の気遣い素敵です。
お値段も、宿泊先電話番号も記されていて、きめこまかいブログにあらためて感動しました。
Commented by 3841arischan at 2019-12-23 09:57
なおこさん、とても素敵な温泉旅行のお誕生日プレゼントでしたね~♡
日本の温泉とは違い、プール形式、成る程です~♫
寒い時期の温泉のが好きですが、入る前、後が寒いのがつらいから、こちらのように暖房がしっかり効いていると助かりますね(*^_^*)
冬場の4つ星ホテルは、リーズナブルで何より~♡
お料理は、好みがあるので残念ですが、デザートが美味しければ私は◎と思います(^-^)
素敵な誕生日、ほんとにおめでとうございます♡
Commented by u831203 at 2019-12-23 11:35
お誕生日おめでとうございます
プレゼントの温泉旅行 なんかずいぶん日本的だなと思っていましたが、温泉はプール、水着で入浴、やっぱりイタリアですね
小生も年明け早々に誕生日を迎えますが、もうこの歳になりますと、誕生日を迎えても自己最高記録を更新したぐらいの感慨しかありません
「めでたさも ちゅくらいなり あらが春」ですね
いい旅行でしたね お疲れが出ませんように masa
Commented by minoru2703 at 2019-12-23 11:42
半月に飛行機の写真が良いですねえ
Commented by otenbasenior at 2019-12-23 12:01
なおこさま、お誕生日おめでとうございます!
優しいご主人がなおこさんのために特別に温泉付きのホテルをとの気配りが素敵ですね。
こちらは明日から数日天気が崩れるようです。
砂漠の温泉、やはり水着着て入るプールなのですが室内なので雨に日用にとってあります。雨が長引けば行きたいなと思っています。
Commented by milletti_naoko at 2019-12-24 05:20
fionaさん、ありがとうございます。かなりの遠方だったのですが、温泉も風景もサービスもよく、翌日も古代エトルリア文明についてより知ることができて、とてもよかったです。

温泉施設を併設しているホテルは、かなり宿泊料金が高いところも少なくないので、これだけいい温泉に入り放題でこの値段は、冬で屋外のプールには入れないところが多いとは言え、お得だなと思います。
Commented by milletti_naoko at 2019-12-24 05:24
アリスさん、サトゥルニアの温泉に行ったのは2月だったので、外気温も寒かったのですが、屋外のプール間の移動は、バスローブもサンダルも冷たいので辛いものがありました。そういう意味で、屋内で十分に楽しめるこの温泉はありがたかったです。

このホテルも、今夜は安いのですが、木曜以降は値段がかなり高くなっていて、閑散期にもできるだけ客を呼ぼうとするために、値段を安く設定していたのだろうなと思います。おかげで助かりました。このデザート、本当にとびきりおいしかったんですよ。ありがとうございます♪
Commented by milletti_naoko at 2019-12-24 05:27
masaさん、ありがとうございます。イタリアの温泉や温泉宿は、日本のそれとはかなり違うのですが、この温泉は他の温泉に比べて湯温も高く、屋内だったので、ゆったりと温まることができて、うれしかったです♪

あら、新春にお誕生日を迎えられるんですね! 誕生日を今年もまた迎えることができたというのは、ありがたいことだなと、つくづく思う今日この頃です。
Commented by milletti_naoko at 2019-12-24 05:29
みのるさん、ありがとうございます。トラジメーノ湖畔では、見かけてもすぐ飛び去ってしまって、カメラが間に合わないのですが。ここはすぐまた別の飛行機が飛んできてくれるおかげで、ねらって撮影することができました♪
Commented by milletti_naoko at 2019-12-24 05:31
お転婆シニアさま、ありがとうございます! ほかほかと暖かく、自然にも囲まれていて、すてきな1日となりました。

なんと砂漠に温泉があるんですね! そうそう、屋内でもできることは、屋内でしか過ごせないときのためにとっておくというのも、大切な暮らしの知恵ですよね。 
by milletti_naoko | 2019-12-23 08:52 | Lazio | Comments(10)