イタリア写真草子 Fotoblog da Perugia ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

夕焼けの湖の鳥とコーヒーの鳥

夕焼けの湖の鳥とコーヒーの鳥_f0234936_1658409.jpg
 昨日は今年初めて、沈む夕日を見送りに、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)に行きました。

夕焼けの湖の鳥とコーヒーの鳥_f0234936_729482.jpg
Lago Trasimeno al tramonto, Passignano (PG) 12/1/2020

 沈む日が投げけかる金色の帯を通り、茜色の湖で、寄り添っていっしょにいるかと思えば、別行動をし、気づけばまた並んでいる2羽のカンムリカイツブリ(svasso maggiore)たちが、ほほえましかったです。

 パッシンニャーノ(Passignano)の遊歩道がいつの間にか整備されて、以前よりもずっと長く岸辺を歩き続けることができるようになっていたのですが、考えてみると、夫とわたしも、しばらくいっしょに歩いては、わたしが写真を撮るので距離が離れ、しばらくすると夫が立ち止まって待ってくれてということを繰り返していました。

夕焼けの湖の鳥とコーヒーの鳥_f0234936_7375739.jpg

 マッジョーレ島(Isola Maggiore)の近くの湖面に、鳥の群れがいました。形と習性から、オオバン(folaga)ではないかと思うのですが、かなり遠くに小さく見えていたため、そうと推測するばかりです。

夕焼けの湖の鳥とコーヒーの鳥_f0234936_741548.jpg

 見慣れないシルエットをしているけれども、何の鳥だろうと、夫がいぶかっていたのは、こちらの鳥です。

夕焼けの湖の鳥とコーヒーの鳥_f0234936_744795.jpg

 撮影してあとで拡大すれば、何の鳥か分かるのではないかと撮影してみたのですが、写真にも、黒い影が映るばかりでした。

 美しい夕景の中で出会える水鳥もうれしいのですが、

夕焼けの湖の鳥とコーヒーの鳥_f0234936_7471423.jpg
La Cometa di Assisi, Bastia Umbra (PG) 11/1/2020

 朝食にとバールで頼んだコーヒーに、ミルクで描かれた鳥やハートもうれしいもので、幸先がいいようにも思います。写真は、おとといの朝、山歩きの前に行ったバールで撮影したものです。

夕焼けの湖の鳥とコーヒーの鳥_f0234936_7524180.jpg
5/1/2020

 同じバールで、1月5日日曜の朝には、羽を広げた白鳥の姿が、やはりミルクで描かれていました。

 この日は、アッシジ郊外のサンタ・マリーア・デッリ・アンジェリ教会Basilica di Santa Maria degli Angeliのミサに行く途中に、このバールに寄りました。

夕焼けの湖の鳥とコーヒーの鳥_f0234936_811278.jpg
Basilica di Santa Maria degli Angeli, Assisi (PG) 5/1/2020

 ミサのあと、世界のプレゼーペ展を見ていたら、ガラス窓の向こうに、かわいらしいクロウタドリ(merlo)がいたので撮影しました。

夕焼けの湖の鳥とコーヒーの鳥_f0234936_1741675.jpg

 野鳥ではありませんが、鳥さんたちがいるので、展示されていたトゥーン(Thun)のプレゼーペもご紹介します。1月5日の写真は、携帯電話で撮影したために、画像の縦横比が異なっています。

 この数日、トラジメーノ湖に、南へと向かっている途中であろうフラミンゴがいるようで、あちこちで撮影した写真をSNSで見かけます。それで昨日の夕方、わたしは昨朝フラミンゴがいたらしいサン・サヴィーノに行きたかったのですが、夫の意向でパッシンニャーノに行くことになりました。パッシンニャーノは、イタリアで最も美しい村の一つであり、マッジョーレ行きの船が出る上、鉄道駅もあるため、週末に人が多いのは知っていましたが、昨夕はあまりにも人が多いので驚きました。でも、あまりの混雑ぶりに、切符売り場のある桟橋に行かずに、反対方向へと向かったおかげで、長い間岸辺を歩いて、移りゆく空と湖の色を存分に楽しむことができました。

*********************************************************************************************
Bello trovarsi al Lago Trasimeno al tramonto
,
nei colori incantevoli del cielo e del lago
insieme vanno due svassi maggiori,
si radunano le folaghe di fronte all’Isola Maggiore,
lascia la scia sull’acqua un uccello misterioso.
Lieti di trovare un uccello dipinto con latte sul cappuccino,
alla Porzuncola cammina tranquillo un merlo dietro il vetro,
uccelli ci sono anche nel presepe di Thun nel suo chiostro.
*********************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 応援クリックを二ついただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/31009035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3841arischan at 2020-01-14 11:44
なおこさん、真冬のトラジメ―ノ湖の夕焼けも素晴らしいですね☆
特にマッジョ―レ湖を背景にオオバン?が泳ぐお写真がとても雄大で自然が素晴らしいという感じで好きです~♡
湖岸の散歩道が整備されていたとのこと♡
ますますお散歩するのが楽しくなりますね~♫

朝食のバ―ルでのコーヒーのア―トも白鳥さんが綺麗で、ただ飲むだけでなく癒されますね~(^-^)
こういう何気ないサービスが嬉しいですね♡
Commented by PochiPochi-2-s at 2020-01-14 16:17
美しい景色の中で過ごす至福の時ですね。
本当に美しい!
ただため息だけです。

コーヒーにミルクで描かれた鳥やハート。
こんなコーヒーを出されたら嬉しいですね♪
うまいなぁと感心!
Commented by nonkonogoro at 2020-01-15 09:15
白鳥模様のコーヒー 楽しいですね。(^^)/
私は九州で 坂本龍馬のデザインのカフェラテを飲んだことがあります。 かなり精巧な模様でした。

私も近くの川や池で 野鳥の姿を見かけると
立ち止まって しばらく眺めています。
写真に撮ろうとしても すぐ動いてしまうので
お尻ばっかりだったり~ 難しいです。

Commented by milletti_naoko at 2020-01-15 20:41
アリスさん、空は晴れているのに湿度が高いからか、とりわけきれいな夕景が見られてうれしかったです♪ 冬は寒いのと日の入りが早いのとで、どうしても夕日を見送りに行く回数が少なくなりますが、日曜は風もなく太陽のおかげで寒さを感じずに歩くことができました。

いつもの桟橋も遊歩道もひどく混雑していたので、人が少なそうな方へと歩いたおかげで、夕焼けの湖や鳥たちの姿を長く楽しめたように思います。おほめのお言葉、ありがとうございます♪

店の人の腕と温かい心遣い、そうして白鳥さんを見つけて飲む喜び、ありがたいことです。カップッチーノは夫が飲むのではありますが、撮影するよう言って、待ってくれました♪
Commented by milletti_naoko at 2020-01-15 20:44
トラジメーノ湖とその夕景は大好きで、心底美しいなあと思うのですが、絵を描かれて、美しい風景を多く目にされているPochiPochi-2-sさんのお言葉、うれしいです。ありがとうございます。

高速道路沿いでかなりにぎわうバールで、店の人も忙しいはずなのですが、こういう絵心、遊び心とサービス精神、すてきですよね。うれしかったです♪
Commented by milletti_naoko at 2020-01-15 20:56
のんさん、ハートや木を描いたコーヒーは時々見かけていたのですが、白鳥の絵はやはり、飲むときの驚きもあって、なおさらにうれしかったです。なんと坂本龍馬のデザインのカフェラテもあるんですね!

わたしも野鳥にはすぐに逃げられてしまうので、ズームを使って撮影した写真を、さらに一部切り取って載せている写真が多いです。カンムリカイツブリは、よし撮ろうとした瞬間に水に潜ってしまうので、また浮上するのを待たなければならないことが、何度かありました。
by milletti_naoko | 2020-01-14 08:17 | Umbria | Trackback | Comments(6)