イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

情熱はわたしだけに、ドン・マッテーオと十戒とチョコレート

 昨年末、フィオンキ山へと歩いた帰りに、スポレート(Spoleto)の近くを車で通ると、たそがれの青い空の下、城塞と橋が照明に浮かび上がって見えて、きれいでした。

情熱はわたしだけに、ドン・マッテーオと十戒とチョコレート_f0234936_88432.jpg
Rocca Albornoziana & Ponte delle Torri, Spoleto (PG) 27/12/2019

  先週始まった、イタリアの人気推理ドラマ、『ドン・マッテーオ12』(Don Matteo 12)は、スポレートが舞台です。写真左手の丘の上に見えるアルボルノス城塞(Rocca Albornoziana)が、舞台では刑務所という設定になっていて、右手に見える歴史ある塔の橋、Ponte delle Torriは、前シーズンで、主人公のドン・マッテーオが、自転車でしばしば駆け抜けていました。

 日本では、『マッテオ神父の事件簿』という題で、AXNミステリーで放映されたドン・マッテーオは、長寿番組で、今年で20周年を迎えるのですが、わたしたちがテレビでドラマを見始めたのは、シーズン7からです。


 先週放映された第一話は、題が"Non avrai altro Dio all'infuori di me"「わたしのほかに神があってはならない」でした。この言葉は、モーセの十戒(Dieci comandamenti)第一の戒めで、ドラマの中で、ドン・マッテーオも口にしていました。上の映像の最初の方で、その言葉を聞くことができます。今シリーズでは、20周年を記念して、モーセの十戒の一つひとつの戒めを、各エピソードの主題にしているそうです。

 昨夜のブログ記事に添えるために、2014年10月のサンティアゴ巡礼の写真を探していたら、たまたま同じ月にあったチョコレート祭りの次の写真が目に入ったのは、ひょっとしたら偶然ではないのかもしれません。

情熱はわたしだけに、ドン・マッテーオと十戒とチョコレート_f0234936_847551.jpg
Eurochocolate - Festa del Cioccolato, Perugia 22/10/2014

 十戒の一つひとつの戒めの言葉のパロディーが、板チョコレートの箱に書かれていたのですが、わたしが買ったチョコレートには、ちょうど先述の第一の戒めをもじった言葉が書かれていました。

"Non avrai altra passione all'infuori di me"
「わたしのほか何ものにも情熱を持ってはならない」


情熱はわたしだけに、ドン・マッテーオと十戒とチョコレート_f0234936_8533665.jpg

 パロディーはさらに続きます。「すべての祭りの際に、わたしを食べなさい」、「ミルクとブラックチョコレートを敬いなさい」、「チョコレートが好きでないと言ってはならない」、「他人のチョコレートを欲してはならない」、……

情熱はわたしだけに、ドン・マッテーオと十戒とチョコレート_f0234936_913234.jpg

 クリスマスの贈り物としていただいたものの中には、写真はその一部なのですが、チョコレートがたくさんあり、上のチョコレートの十戒を守ろうとしているわけではないのですが、ついチョコレートやパンドーロに手が伸びる日が続いています。

 年末も新年も、会食の機会が時々あり、体重は増えてしまったのですが、上のチョコレートの第七の戒めには、「後悔に駆られてはならない」("Non farti prendere dal rimorso")とありますし、おいしいものは幸せに味わって余韻も楽しみ、ただししっかり歯を磨いて、運動もすればよしということにしておきたいと思います。

- 関連記事へのリンク
チョコレート祭り、ペルージャ2014

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ   

by milletti_naoko | 2020-01-17 09:12 | Film, Libri & Musica