イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

椿みごとルッカ小村の花の園

椿みごとルッカ小村の花の園_f0234936_7595624.jpg
 幾百もの品種の色も姿もさまざまな椿が美しいトスカーナ小村の椿園を、今年も3月には訪ねようと楽しみにしていました。ルッカ県の山あいの小さな村では、毎年3月に椿まつりが開催されます。

椿みごとルッカ小村の花の園_f0234936_7214813.jpg
Camelieto di Sant'Andrea di Compito, Capannori (LU) 16/3/2019

 10年前からもう何度も、その小村での椿まつりを訪ね、その際には必ず、サンタンドレーア・ディ・コンピトの椿園(Camelieto di Sant'Andrea di Compito)に足を運んで、椿の花を愛でるのを楽しみにしていました。

椿みごとルッカ小村の花の園_f0234936_735109.jpg

 わたしたちが暮らすペルージャをはじめ、イタリアの多くの地域では、土壌がアルカリ性であるため、酸性土を好む椿やツツジ、アジサイを目にすることがまれです。

椿みごとルッカ小村の花の園_f0234936_7393452.jpg

 そのためか、土壌が酸性でこうした植物が育つ地域、このルッカ県の小村では椿、ラッツィオ州ヴィテルボ県のボルセーナではアジサイが好んで植えられ、それぞれ3月に椿まつり、6月にアジサイ祭りが開催されています。

椿みごとルッカ小村の花の園_f0234936_7425443.jpg

 目にする機会が少ないからこそ、日本を思わせる椿やアジサイが見られるのがうれしくて、昨年はどちらの祭りにも出かけました。

椿みごとルッカ小村の花の園_f0234936_7451091.jpg

 今年は残念ながら、新型コロナウイルス感染拡大のため、3月に予定されていた椿まつり、Mostra Antiche Camelie della Lucchesiaは中止になってしまいました。

 春の訪れが近づこうとする今、けれども、椿は色とりどりの美しい花をたくさん咲かせていることでしょう。

椿みごとルッカ小村の花の園_f0234936_7523365.jpg

 そこで今年は、昨年訪ねたときの花の写真を通して、皆さんと共に、椿の花を楽しみたいと思います。

椿みごとルッカ小村の花の園_f0234936_7551614.jpg

 他の花が枯れてしまう冬に美しい花を咲かせる椿は、ヨーロッパでも貴族に愛され、様々な新しい品種がつくられたのだそうです。夫は絞り模様の花や

椿みごとルッカ小村の花の園_f0234936_7595624.jpg

花びらが幾重もある花が好きで、そういう花ももちろん美しく、実際わたしが昨年購入したのはそういう椿なのですが、

椿みごとルッカ小村の花の園_f0234936_82871.jpg

日本で見慣れた色と姿の椿を見ると、とりわけ懐かしくうれしい気持ちになります。

椿みごとルッカ小村の花の園_f0234936_835872.jpg

 この椿園は訪れるたびに、椿の木々が植わる面積が広くなり、品種もどんどん増えていくので、いつも訪ねるのが楽しみです。

椿みごとルッカ小村の花の園_f0234936_8103960.jpg

 この椿園の椿もまた、山の野の花と同様に花の咲く時期は様々で、同じ3月半ばに出かけても、年によってはまだ花が咲いていなかったり、もう散りかけていたりしています。

椿みごとルッカ小村の花の園_f0234936_8131746.jpg

 花の種類も数も多いので、早く訪ねすぎても、また訪ねるのが遅くなっても、きれいに咲いている花が多いので、ありがたいです。

椿みごとルッカ小村の花の園_f0234936_815135.jpg
Mostra Antiche Camelie della Lucchesia
Pieve e S. Andrea di Compito, Capannori (LU)

 椿まつりの会場には、陶器や着物など、日本の工芸品や盆栽の展示もありました。我が家からは片道二百数十キロと遠いため、例年は一泊し、椿の美しい館の訪問やお茶の試飲、茶の文化と歴史の紹介などの催しにも参加しているのですが、去年は日帰りだったために、椿園を訪ね、鉢植えの椿を売る露店を回り、一鉢購入したら、もう帰途につかねばならず、慌ただしかったです。

椿みごとルッカ小村の花の園_f0234936_822410.jpg

 清らかな小川沿いや民家、訪問可能ないくつかの屋敷にもみごとな椿の木があり、美しい花を楽しむことができますので、機会があれば、ぜひ訪ねてみてください。

*******************************************************************************************************
Dear Camellia flowers,

I'm sure that now you are blooming as beautifully as last year.
I hope to see you again next year
in the lovely Camellia garden in Sant'Andrea di Compito.
photos: Pievo e S. Andrea di Compito, Capannori (LU) 3/16/2019
*******************************************************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 椿愛でにルッカ小村の椿まつりへ / Camelieto di Sant'Andrea di Compito (16/3/2019)
- 美しい椿の小道 庭園の景、ルッカ マルリア邸 / Camelie della Villa Reale di Marlia (16/3/2019)
- 椿まつりでお茶を / Antiche Camelie della Lucchesia (6-7/3/2010)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/31102455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 3841arischan at 2020-03-19 08:44
なおこさん、美しい椿園ですね~
昨年の記事は、もちろん覚えていますが
こんなに沢山の椿のお写真を掲載されたのは初めてでは?
どの椿も甲乙つけがたい美しさですね~♡
日本では、どこででも眺められる椿ですが、やはり真冬にも咲くその姿に魅せられて、お散歩のときの楽しみのひとつであります(^^♪
でも、こんなに種類を1度に見れるのは椿園ならでは?
お出掛けが出来なくても、昨年の写真で楽しめる椿、素敵なお写真に癒されますね♡
Commented by milletti_naoko at 2020-03-19 09:15
アリスさん、うれしく温かいコメントをありがとうございます。驚くほど様々な品種の椿があり、どの花もきれいで、散歩が楽しかったです。遠方で訪問中も慌ただしいので、例年はつい椿の写真を選べないうちに月日が過ぎてしまうのですが、今年は行けないおかげで、逆に去年の写真の中から、これはというものを選ぶことができました。

写真で花を愛でるのもまた楽しいですね♪
Commented by リッチチ at 2020-03-19 17:59 x
初めまして!
イタリアにもこんなきれいな椿がたくさんあるんですね!
なぜか勝手に日本の花っと思ってました。
たくさんの種類があることにも驚きです。
Commented at 2020-03-20 06:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2020-03-20 23:19
リッチチさん、はじめまして。
イエズス会の宣教師が日本から持ち帰った椿が、ヨーロッパで最初の椿なのだそうです。わたしも初めて訪ねたときに、品種の多さに驚きました。
Commented by milletti_naoko at 2020-03-20 23:20
鍵コメントの方へ、こちらこそすてきなお言葉をありがとうございます。さすが細部までていねいにご覧になっていますね!
by milletti_naoko | 2020-03-19 08:31 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(6)