イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

三毛の子猫高みの見物オリーブの木で、ペルージャ

 おとといの朝のことです。背の高い大きな木のオリーブの高みに、三毛の子猫がちょこんと座っていたので、驚きました。

三毛の子猫高みの見物オリーブの木で、ペルージャ_f0234936_5524723.jpg
Perugia 8/4/2020

 すぐにカメラを取りに行き、窓を開けて撮影すると、しっかりとこちらを見つめてくれました。

三毛の子猫高みの見物オリーブの木で、ペルージャ_f0234936_6344089.jpg

 高い枝に実るオリーブを収穫するのが大変だからか、義父がかなり思い切った剪定をしたため、どこか痛々しい太い枝の切り口の一つに、子猫が陣取っているのでした。

  奥の方に、しばしば夕景をご紹介している日曜の町の丘が、朝日のまぶしい光に霞んで見えています。

三毛の子猫高みの見物オリーブの木で、ペルージャ_f0234936_604656.jpg

 何やらじっと左手の方を眺めているかと思ったら、

三毛の子猫高みの見物オリーブの木で、ペルージャ_f0234936_621611.jpg

大きなおおきなあくびをして、

三毛の子猫高みの見物オリーブの木で、ペルージャ_f0234936_63122.jpg

ごそごそと動き始め、このあとまもなく木を降りてしまいました。

  せっかく一匹だけで高いところから周囲の風景を見回して楽しんでいたのに、わたしがカメラを構えてじっと見つめては撮影をしていたために、落ち着かない気持ちになってしまったのかもしれません。そんな気がしたために、実は子猫は、昨日の朝も窓の外の大きなオリーブの木の同じ枝に腰を下ろしていたのですが、窓は開けずに、カーテン越しに一目だけ見やりました。

三毛の子猫高みの見物オリーブの木で、ペルージャ_f0234936_6124142.jpg

 おとといも、夕方うちの庭と畑をぐるりと7周しようと、庭から階段を降りて畑に向かうと、三毛の子猫が花と緑の間から、こちらをのぞいていました。

三毛の子猫高みの見物オリーブの木で、ペルージャ_f0234936_6142417.jpg

 近くにちょうどミミがいたので、一枚はミミに焦点を当て、もう一枚は奥の子猫に焦点を当てて撮影しようとしたのですが、

三毛の子猫高みの見物オリーブの木で、ペルージャ_f0234936_6164850.jpg

すぐに子猫が動き出してしまいました。

三毛の子猫高みの見物オリーブの木で、ペルージャ_f0234936_6173221.jpg

 以前はわたしを見るとすぐに逃げ出してしまっていたのですが、わたしが外出規制による運動不足を解消しようと、ほぼ毎日、夕方家の周りを7周するようになったため、わたしを見慣れてきたからか、最近では、逃げることなく、こちらをじっと見つめるようになりました。

 うちの周りにいる猫たちは、カメラを向けると、こちらに突進してきたり、すぐに逃げたり、あるいは飽きてよそを向いたりする場合がほとんどです。じっと見つめ返すこの子猫は、好奇心が強いのかも、あるいは勇気があるのかもしれません。

三毛の子猫高みの見物オリーブの木で、ペルージャ_f0234936_624871.jpg

 大きな桜の木の下の階段を降りて、畑に行こうとしていたら、ミミが先導してくれました。

三毛の子猫高みの見物オリーブの木で、ペルージャ_f0234936_6252714.jpg

 きれいな花を見やりながら、ミミの後について行きました。

三毛の子猫高みの見物オリーブの木で、ペルージャ_f0234936_626404.jpg

 夫の新車の下がやはりお気に入りなのでしょう。最後に前を通ったときには、かくれんぼをするかのように、奥の方からこちらをじっと見ていました。

********************************************************************************
#iorestoacasa e il #gattino sta sopra l'olivo, sbadiglia

e poi ama stare sotto la macchina.
#Perugia #Italy 8/4/2020
********************************************************************************

関連記事へのリンク
- 念願の新車は子猫の隠れ場所、悩んだ末にシトロエン
- 忍者猫ミミ、オリーブの古木に跳ぶ
- にんにん忍猫木登りの術、今日は猫の日 忍者の日

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/31133899
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by AU3OGR at 2020-04-10 12:28
なおこさん

日本の猫とは明らかに違いますね!
ノラちゃんなんでしょ?
毛が長いからか品があるように見えます♪
Commented by higurete at 2020-04-10 18:52
こんにちは。

イタリア版、「吾輩は猫である」のようで、ほほえましいです。
物語が紡げそうです。
毛並みがよくて、風格がありますね。
昔、フランス語から英語に、英語から日本語に翻訳した童話を処女出版したことがあります。
猫は物語になる魅惑の動物です。
オリーブの木に猫。
こちらをじっと見つめる目に蠱惑されます。
Commented by ciao66 at 2020-04-10 19:13
オリーブの木のてっぺんで高みの見物をする子猫とは面白いですね!
家の周りをぐるぐるまわって気晴らしとは、さぞご不便でストレスもたまることでしょう。でも、こういう楽しみがあるのはちょっとした救いかもしれませんね。

Commented by milletti_naoko at 2020-04-12 23:29
AU30GRさん、
うちの近所には柵の中に放し飼いで飼われている犬が多いため、よくうちの周りにいるので、半分野良、半分家猫と言ったところでしょうか。

おお、鋭い観察力! 毛が長くて品があるように見えること、わたしはなでてみて近くで見て初めて気づきました。
Commented by milletti_naoko at 2020-04-12 23:39
haruさん、こんにちは。おっしゃるとおり。
この後もほぼ毎朝、夫かわたしがこの木のこの枝にいるのを見かけていて、個性も風格もあって、頭の中で、いろいろと考えているのかもしれませんね。
まあ、童話を出版されたことがあるんですね! 幼い頃から童話や昔話が大好きで、中学生になっても、図書委員だったので、図書館の世界の童話全集を、片っ端から読んだことがあります。
Commented by milletti_naoko at 2020-04-12 23:42
こんなときだからこそ、心がつながっている。思い出や温かい思いで互いが、皆がつながれているというのは、すてきなことですね。今も生徒さんの誕生日を覚えていらっしゃるなんて、すばらしい。

荒波の海を茜色に染める夕日と風景が美しいです。荒波の後に、どうか穏やかな日々が戻ってきますように。
Commented by milletti_naoko at 2020-04-12 23:45
ciao66さん、子猫たちがいる階下の庭は、丘が影になって、日が当たるのが昼頃になってからなんですが、こうしてオリーブのてっぺんに登ると、朝でも日の光を浴びることができます。ひょっとしたら、それに自分で気づいたのでしょうか。賢いですね。
出かけられないのは不便ですが、緑豊かな庭や畑があって、ありがたいです♪
by milletti_naoko | 2020-04-10 06:33 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(7)