イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

庭ゆけば育つ梨・サクランボ希望も育て、ペルージャ

 イタリアで、新型ウイルスとの共存を図る第二段階への移行が始まる5月4日になったら、州内であれば運動のために出かけてもよいと言うけれど、夫婦二人でいっしょに出かけてもよいのだろうかとわたしは思い、自動車で目的地に向かってもいいのだろうかと夫は思い、どれだけのことができるようになるのか、疑問点が多々あります。毎日地方ニュースで、視聴者からの質問に回答するコーナーがあり、ひょっとしたら、わたしたちの疑問にも答えてもらえるだろうか、それとも政府のサイトの方に詳細が掲載されて明らかになるだろうかと、情報収集に努めています。

 3月半ばから在宅勤務をしている役所勤めの夫は、「自分たちの仕事についてはどうなるか、何も言っていない」と言っていますが、全土に暮らす人々の仕事や活動は多岐にわたるので、大枠だけとりあえず発表して、詳細についてはそれぞれ寄せられる質問や個々の状況に応じて、5月4日までに煮つめていくのだろうかなどと思ったりもします。日本語の授業も、しばらくはやはりオンラインで続けるしかないのだろうと思うものの、まあ、仕事を始める人が増えれば、それでも、インターネット接続の切断なしに、授業ができるのではないかと、期待しています。

庭ゆけば育つ梨・サクランボ希望も育て、ペルージャ_f0234936_7111762.jpg
Perugia. 26/4/2020

 とりあえず今は、体を動かすために、天気と時間が許せば、夕方にうちの庭と畑を歩くようにしています。日曜に庭を歩いていたら、まだ花がわずかに残る洋梨の木(pero)に、小さなかわいらしい洋梨の実(pera)が育っています。

庭ゆけば育つ梨・サクランボ希望も育て、ペルージャ_f0234936_7352039.jpg
29/4/2020

 夫が鉢から土に植え替えたジャスミンが大きな茂みになり、水曜には、黄色い花が少しずつ咲き始めました。

庭ゆけば育つ梨・サクランボ希望も育て、ペルージャ_f0234936_73802.jpg

 隣家との境に植えたジャスミンもつぼみをたくさんつけています。太陽の明かりを好むためでしょう、つぼみが殊にたくさんついているのは、垣根の向こうへと乗り出した枝で、どれも隣家の方を向いています。

庭ゆけば育つ梨・サクランボ希望も育て、ペルージャ_f0234936_7413944.jpg
29/4/2020

 畑では、白い花が真っ先に咲き始めた桜の木(ciliegio)に、まだ青いものの、サクランボ(ciliegia)がなっています。

庭ゆけば育つ梨・サクランボ希望も育て、ペルージャ_f0234936_746544.jpg
30/4/2020

 木曜には、「花よりもつぼみの方が色がきれいだよね。」と夫がしみじみ言っていたピンクのジャスミンに、淡い色の花が咲き始めました。

庭ゆけば育つ梨・サクランボ希望も育て、ペルージャ_f0234936_749080.jpg

 南西の空はすっかり雲に覆われ、午後はずっと冷たい風が吹いていたのですが、

庭ゆけば育つ梨・サクランボ希望も育て、ペルージャ_f0234936_7495070.jpg

その雲のはるか上方で、月が白く輝いています。

庭ゆけば育つ梨・サクランボ希望も育て、ペルージャ_f0234936_7504471.jpg

 日曜の町の丘の上に、わずかな晴れ間が見えて、暗い雲に覆われた空に、灯台が光を投げかけているようにも見えます。

庭ゆけば育つ梨・サクランボ希望も育て、ペルージャ_f0234936_752917.jpg
Dashboard COVID-19 Regione Umbria

 全体的には感染曲線が減少に向かい、4月30日木曜日朝の時点では、現在の陽性者数が299名、1日の新感染者数が1名だったウンブリア州ですが、詳細を見ると、いろいろ問題があり、前日は新感染者数が12名でした。さらに、地方ニュースを聞いてあきれたのですが、フォリンニョでスポーツ中にけがをして病院に運ばれた若者がいて、病院での検査で新型コロナウイルスに感染していたことが発覚し、さらにその若者が、つい最近誕生日会を自宅で催したばかりで、招かれた友人たちの中には、感染した人がいたとのことです。ちなみに、前日の新感染者数が多いのは、封鎖地域となっているジョーヴェの町民を対象にしらみつぶしに検査をした結果、新たに感染が発覚した人が多かったためだそうです。

 今の時点では、同じ家に住んでいない家族や恋人どうしが互いに会うことは、特別の事情がなければ、法で禁じられているはずなのですが、2週間ほど前に、義弟の奥さんの妹とその恋人が、義弟夫婦宅を訪ねに来て、しかも約2時間ほど長居をして帰っていたので、驚きました。そして、わたしたちが暮らす二世代住宅の、わたしたちが住むのと同じ階にある空き部屋に、来週からトーディの義弟の上司が住み始めることになったと聞いて、さらに驚きました。誰かが新しく暮らし始めれば、どうしても何かの説明が必要になったり、助けを求められたりすることがあるでしょうし、この義弟の上司がいったいどれだけの人と日々接触して、マスクなどをしているかどうか把握できない上に、住む家の中で何かあったときに、マスクをして対応してくれるかどうかも疑問だからです。義父母は高齢で、義母は呼吸器官が弱いのですが、この家を上司に貸して家賃を取るであろう義弟はトーディに住んでいるため、これまで別の若夫婦が暮らしていたとき、何か問題があるたびに呼ばれていたのは、義父や夫でした。

庭ゆけば育つ梨・サクランボ希望も育て、ペルージャ_f0234936_8161826.png
Dashboard COVID-19 Regione Umbria

 幸い、グラフには感染者330人とあるペルージャ市も、現在もなお陽性であるのは27人だけで、住民あたり千人当たり0.16人という割合ではあるのですが、感染をしたのにまったく症状がないために知らずにいる人がどれだけいるかが分かりませんし、引っ越しするとなると、業者に頼むなど、どうしても多くの人と接触することになります。

 ミジャーナの改築中のうちの入口の門の設計を夫が頼んだ女性から昨夜電話があり、それを聞いて、さらに不安が高まりました。彼女が関与している工事現場での建設作業が、5月4日から開始することになったのですが、なんとその工事を担当するのがピエモンテの業者なので、大勢の建設作業員が、今毎日400人以上の新感染者数が出ているピエモンテから来るというのです。

 ようやく感染が抑えられてきている今だからこそ、なおさらに皆が注意をする必要があると思います。一人ひとりが、そして業者が、感染が拡大することのないように十分に配慮をし行動をして、この収束に向けての動きがまたあらぬ方向に向かっていくことがありませんようにと、心から願っています。

********************************************************************************************************************************
Crescono le pere e le ciliegie sugli alberi
, fioriscono i gelsomini nel nostro giardino. Per fortuna, per ora qui sta calando il numero dei contagiati, ma non dobbiamo abbassare la guardia. Il 4 maggio apriranno i cantieri e abbiamo saputo che arriveranno una ditta e gli operai anche dalla zona dove ancora ogni giorno si registrano centinaia di nuovi positivi.
********************************************************************************************************************************

関連記事へのリンク
- イタリア各州・ウンブリア 新型コロナウイルス感染関連情報 (25/4/2020)
- イタリア語学習メルマガ 第6号 「春〜木と果実の名前、映画『Ex』(2)」 (6/4/2009)
庭ゆけば育つ梨・サクランボ希望も育て、ペルージャ_f0234936_1824194.png
Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/31165345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by meife-no-shiawase at 2020-05-01 15:00
今日もまた興味深いお話が満載でした。
子どもたちを連れて旅行に出て
「言うことを聞かないと山に置いていく」ってなんだか
子どもの頃に呼んだ西洋の童話の中に出てきそうなシーンで
やっぱり何かヨーロッパな香り・・・笑。

なおこさんのお話はイタリアをほとんど知らない私には
なにかドキュメンタリーを見ているかのような、
そんな魅力を感じます。
お写真もとっても美しいです。これはスマホではなく
カメラの撮影でしょうか?
さくらんぼの赤ちゃんが可愛い~♪

制限が少し緩められたときの対応は
喜びがある反面、不安もたくさんありますね。
台湾のように島国ではないので本格的に欧州で移動が
可能になった時・・・
もしも無症状の感染者がいたら・・・と思うと安心ができないです。
なおこさんが最後の段落に書いていらっしゃるのは、まさにそうだなと思いました。
Commented by ciao66 at 2020-05-01 19:54
洋ナシの小さな実にサクランボにジャスミンの可憐な花とまるでパラダイスのようなお庭だ!と思ったのですが、それとは対照的に・・・貸し部屋や工事のことなど、ご心配なことがあれこれの様子にびっくり!平穏無事に何事もなく通過できますようにお祈りします。
Commented by milletti_naoko at 2020-05-02 23:52
メイフェさん、楽しんで読んでくださったと知って、うれしいです♪

山に置いていくって、ひょっとしたら『ヘンゼルとグレーテル』でしょうか。やんちゃな男の子3人が小さな車の中にずっといっしょにいるわけですから、そうでも言わないと、騒がしくて仕方がなかったのでしょうね。

ありがとうございます。カメラを忘れて携帯電話の写真しかなかったり、パソコンからは記事を投稿できなかったりするときには携帯電話の写真を使うのですが、もっぱらカメラで撮影した写真を掲載しています。通信・インターネット接続を重視して買った携帯電話なので、撮影する写真がどうしても今ひとつになってしまいますし。まだ青いサクランボも、かわいらしいですよね♪

ゼロや1から急速に感染者数が増えて、病院で働く医師や看護師さんたちに迷惑をかけ、人の命を脅かしかねない、そういう危険を心得て、そういう事態を招かないように、一人ひとりが責任を持って行動することが、本当に大切だと思います。
Commented by milletti_naoko at 2020-05-02 23:55
ciao66さん、ふだんは明るい話でまとめるように心がけているのですが、この日は最後が深刻な話で終わってしまいました。ただ、わたしの心配と危険の可能性を多くの方が感じ取ってくださって、日本でもイタリアでも世界でもさらに気をつけて行動する人が増えれば、この危惧は杞憂に終わりますし、そうあってほしいという願いを題名に込めてみたんです。温かいお言葉、ありがとうございます。そちらもどうかくれぐれもお気をつけて、お元気でお過ごしくださいませ。
by milletti_naoko | 2020-05-01 08:33 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(4)