イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

春の島と夕日恋しいトラジメーノ湖、ポルヴェーセ島

 毎年のわたしたちの春の楽しみの一つに、春になったら船が出て訪ねることができるポルヴェーセ島(Isola Polvese)の散歩があります。

春の島と夕日恋しいトラジメーノ湖、ポルヴェーセ島_f0234936_7252869.jpg
Isola Polvese sul Trasimeno, Castiglione del Lago (PG) 19/4/2018

 2018年4月19日に訪ねたときは、日がさんさんと降り注ぎ、色とりどりの花が咲いていました。

春の島と夕日恋しいトラジメーノ湖、ポルヴェーセ島_f0234936_731057.jpg

 自然が豊かで、トラジメーノ湖(Lago Trasimeno)に浮かぶ三つの島の中で、最も大きいポルヴェーセ島を、いつものように風景や花を愛でながら、岸辺に沿って時計回りに歩きました。

春の島と夕日恋しいトラジメーノ湖、ポルヴェーセ島_f0234936_7435746.jpg

 湖がしばしば目に入るのが、うれしいです。お気に入りの場所に行って、二人でしばらく湖をじっと眺めます。

春の島と夕日恋しいトラジメーノ湖、ポルヴェーセ島_f0234936_7413824.jpg

 みごとなカエデの木があるのですが、秋と冬は船の便が出ないので、黄葉を見ることができません。

春の島と夕日恋しいトラジメーノ湖、ポルヴェーセ島_f0234936_7332267.jpg

 風が強いので、いつになく波が高く、今この日の写真を見ると、波をとらえようとした写真がたくさんあります。

春の島と夕日恋しいトラジメーノ湖、ポルヴェーセ島_f0234936_7461192.jpg

 波を手でとらえようとする人もいます。

春の島と夕日恋しいトラジメーノ湖、ポルヴェーセ島_f0234936_747429.jpg

 このピンクの花は、このとき初めて見たように思います。

春の島と夕日恋しいトラジメーノ湖、ポルヴェーセ島_f0234936_750020.jpg

 島の宿の前に咲いていた藤は、今もきっときれいな花を咲かせていることでしょう。

春の島と夕日恋しいトラジメーノ湖、ポルヴェーセ島_f0234936_751389.jpg

 いつかこの見晴らしがとびきりすばらしいテーブルで、食べられる日が来るでしょうか。

春の島と夕日恋しいトラジメーノ湖、ポルヴェーセ島_f0234936_7534028.jpg

 船でサン・フェリチャーノ(San Feliciano)の港に戻ると、夕空の下、仲よく寄り添うカンムリカイツブリがいます。

春の島と夕日恋しいトラジメーノ湖、ポルヴェーセ島_f0234936_7555883.jpg

 駐車場の車に向かって歩いていると、水の上をゆくマガモたちが見えます。

春の島と夕日恋しいトラジメーノ湖、ポルヴェーセ島_f0234936_7581449.jpg

 ふり返ると、ポルヴェーセ島とトラジメーノ湖が、オレンジ色の光に包まれていました。

 今年はいつポルヴェーセ島に行くことができるのだろうと思いながら、2年前の春の写真で、当時のブログ記事には使わなかった写真の中から、これはというものを選んで、記事を書いてみました。

**************************************************************************************
Foto del 19 aprile 2018
Bella l'Isola Polvese sul Trasimeno in primavera,
dolce passeggiare ammirando i fiori, il verde e il lago.
**************************************************************************************

関連記事へのリンク / Link agli articoli correlati
- 天国に近い島、トラジメーノ湖 ポルヴェーセ島 / Isola Polvese in primavera (19/4/2018)
- 春は花咲き鳥憩うポルヴェーセ島、ウンブリア / Primavera sull'Isola Polvese (1/4/2019)

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

Commented by AU3OGR at 2020-05-02 17:36
なおこさん

コロナと関係なく季節は巡り変わらない風景に
美しい花を咲かせているんでしょうね。
なんだかなぁ〜😩人間だけが慌てふためき
恐れおののく…お花や動物たちはそんな人間を愚かだなぁと
思っているのでしょうね。
人間が作り出したもので制御がきかない世の中に
なってしまった気がします。・°°・(>_<)・°°・。
Commented by ciao66 at 2020-05-02 19:50
このピンクの花はハナズオウではないでしょうか。
https://www.hana300.com/hanazu.html
色が独特で形も特徴的でハッとするような花ですね。もし違っていたらごめんなさいですが・・・

トラジメーノ湖の小島、行けなくて残念ですね。
拝見して島をぐるっと一周したような気分になりました。
Commented by milletti_naoko at 2020-05-03 00:00
AU30GRさん、コウモリなどの動物からの人間への感染について、まだイタリアで感染が広まり始める前に、人間が野生動物の領域をあまりにもおかしつつあることも一因ではないかという科学者もいて、おっしゃるように、森林破壊や大気汚染など、人間が引き起こした環境汚染に起因するところも大きいのではないかと思います。もっと他の生物たちや地球が息をできるような世界にして初めて、本当はわたしたちも安心して暮らせる世の中になるのでしょう。そういう世の中づくりに、今後向かっていくことができますように。
Commented by milletti_naoko at 2020-05-03 00:12
ciao66さん、ありがとうございます。ユダが首をくくって死んだ木、alberi di Giudaでだからこういう色の花が咲くと俗に言われる木で、この木や花はよく見かけるのですが、ピンクがもっと紫がかっていて、葉がないという印象があったんです。おっしゃるとおりで、おそらくこのときは夕日の光で色がいつもとは違って見えた上に、花の季節が過ぎようとしていて、葉が出ていたのでしょう。去年の写真で、木全体を撮影しなかったので、花を一部見ただけでは、わたしは分かりませんでした。さすがです!

いつか行ける日を楽しみにしています♪ とりあえず一周の散歩を共有した気分になってくださったと知って、うれしいです♪
Commented by sunandshadows2020 at 2020-05-03 11:31
そのピンクの花、こちらではRed budと言いますが日本語ではハナズオウですね。カリフォルニア自生の木とされています。懐かしのトラジメーノ湖、季節により表情が違いいつも楽しみに見せて頂いています。最も大きなポルヴェーぜ島ってどのくらいの大きさなんでしょうね。
Commented by milletti_naoko at 2020-05-04 03:58
お転婆シニアさん、カリフォルニアでも自生の木として花を咲かせているんですね。

湖に浮かぶ島ですから、大きいと言っても、0.69 km² 、69.60ヘクタールだそうです。2時間もあれば、岸辺を歩いて楽に島の周囲を一周できるんですよ。トラジメーノ湖の写真を楽しみにしてくださって、ありがとうございます。明日からは州内なら自由に移動できるけれども、「散歩」はだめで、健康のための運動ならよいのだそうで、と言うことは、岸辺に夕焼けを見に行くのはまだいけないのだろうかと難しいところです。
Commented at 2020-05-05 19:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2020-05-06 06:28
鍵コメントの方

美しい言の葉をありがとうございます♪
by milletti_naoko | 2020-05-02 08:06 | Umbria | Comments(8)