イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

牛たちに見つめられ昼食フィオンキ山、スポレート

牛たちに見つめられ昼食フィオンキ山、スポレート_f0234936_7105029.jpg
 5月4日月曜日、2か月ぶりの山歩きはどこへ行こうかと、ようやく行き先を決め、車で登山口に到着したときには、もう正午を過ぎていました。

牛たちに見つめられ昼食フィオンキ山、スポレート_f0234936_6375373.jpg
Bivio Patrico (1040m) 4/5/2020

 写真のほぼ中央、奥に見えるのが目指すフィオンキ山(Monte Fionchi、1337m)で、道案内にはここからの所要時間が1時間半と書かれています。

 前半は、時々山道を登るものの、平坦でなだらかな道がずっと続くので、久しぶりの登山で少しずつ体や足を慣らしていくにもうってつけです。

牛たちに見つめられ昼食フィオンキ山、スポレート_f0234936_6463888.jpg
13:14

 時々足を止めて、花を見たり写真に撮ったりしながら歩いて、約50分後には、フィオンキ山が近づいて、大きく見えてきました。

 登山道から見ると、山の右半分が木々に隠れるために、フィオンキ山がきれいな三角をした山のように見えるのですが、道から逸れて少し右に歩くと、実はこんなふうに尾根の長い山であることが分かります。横に長いフィオンキ山の左手に伸びる道をさらに進み、

牛たちに見つめられ昼食フィオンキ山、スポレート_f0234936_6562011.jpg
13.46

1時半過ぎに、これから山頂までの登り道が始まるというところまでやって来ました。

 そこで、長い登りが始まる前に、見晴らしのいいこの場所で昼食を食べることにして、復活祭のパン(Torta di Pasqua)を食べました。この角度からは三角形に見えるフィオンキ山の
 
牛たちに見つめられ昼食フィオンキ山、スポレート_f0234936_704134.jpg

右手にはトーディ方面、さらにその向こうにはトスカーナ州の青い山が連なり、

牛たちに見つめられ昼食フィオンキ山、スポレート_f0234936_733348.jpg

左を見やると、奥の方にウンブリア州やラッツィオ州の山が青く見えます。

牛たちに見つめられ昼食フィオンキ山、スポレート_f0234936_785885.jpg

 そうして、私たちが腰を下ろした場所のすぐ近くに、ワスレナグサの花も咲いていました。

牛たちに見つめられ昼食フィオンキ山、スポレート_f0234936_7105029.jpg

 どういうわけか、わたしたちがここで食べようと決めて、まずは眺めを楽しんだり、花を愛でたりしていたときから、この親子連れの2頭の牛たちが、ずっとわたしたちを見つめていました。

 頭を草に近づけて食べる気配もなく、どこかに行く気配もなく、わたしたちが昼食を食べ始めてからも、こちらをじっと見ているのです。

牛たちに見つめられ昼食フィオンキ山、スポレート_f0234936_7141375.jpg

 食後のおやつにと、夫がティラミス作りで使ったパヴェジーニのビスケットの残りを持って来てくれていたので、のんびりそのビスケットを食べている間も、2頭はわたしたちを見つめていました。

牛たちに見つめられ昼食フィオンキ山、スポレート_f0234936_7161483.jpg

 一方他の牛たちは、山のてっぺん近くの右手にいて、

牛たちに見つめられ昼食フィオンキ山、スポレート_f0234936_71714100.jpg

写真の一部を切り取って拡大するとさらによく見えるのですが、こうして一心に草を食んでいました。

牛たちに見つめられ昼食フィオンキ山、スポレート_f0234936_7184683.jpg
14:12

 食べ始めてから約30分後に、さあ山を登ろうと歩き始めたときにも、子牛はわたしたちの方を、いつまでも興味深げに見つめているようでした。お母さん牛は途中で疲れたのか、草の上に座って休んでいます。

牛たちに見つめられ昼食フィオンキ山、スポレート_f0234936_7213947.jpg

 しばらくは急な山の斜面をジグザグに登り、ようやく登りがゆるやかになったと思ったら、前方に牛たちが見えたので、牛を避けてすぐに左に曲がり、尾根へと登っていくことにしました。

牛たちに見つめられ昼食フィオンキ山、スポレート_f0234936_7251873.jpg

 フィオンキ山頂を目指して歩くと、こんなふうに、たいていの場合は途中で牛たちが草を食んでいるので、道を避けて急な斜面を登らなければいけないことが、少なくありません。

 けれども、春に自生の蘭やシクラメンが山を彩ってきれいなのも、牛たちがこうして草を食む一方で、肥やしもやってくれるおかげなのです。

*******************************************************************
Tanti fiori e tante vacche sul Monte Fionchi
Ci osservavano due mucche
mentre pranzavamo.
********************************************************************

関連記事へのリンク
- 木も空も花いっぱいのフィオンキ山、スポレート

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

トラックバックURL : https://cuoreverde.exblog.jp/tb/31181758
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by meife-no-shiawase at 2020-05-12 13:39
すごくいい~!!!行ってみたい~と言いながら山登りを拝見しました。笑。
なんだか別世界です。
台湾も中央山脈が国の真ん中に連なっていて、山が多い国ですが
山といってもいろいろなタイプがあるのだな~と
イタリアの山を見せていただいてすごくよくわかりました。

こんなところを歩けたら身体が浄化されそうです。
ワスレナグサもなおこさんたちを歓迎するかのように
可愛く咲いていますね~♡なんだかいいわ~!!!

牛さんたちはここで草を食べて、どなたかに飼われているのでしょうか?
ここは普通に登山客の方たちも通る道なのですか?
知らない人はあまり行けないようなところでしょうか?
ずっと見ていた・・・なんでしょうね。笑。
久しぶりに人間を見たからびっくり?!でしょうか。

イタリアの音楽はクラシック以外では初めて聴きました。
歌手の女性が・・・ほ、ほそいっ!(ってそっち?!ですが)
イタリア語の歌詞を目で追いながら聴くと楽しいですね。
そのあとになおこさんの訳もあって、なるほど~。
2曲めのメロディライン、すごくいい感じです♪
音楽が大好きなので、またオススメのイタリアの音楽、教えて下さい♪
Commented by zakkkan at 2020-05-12 15:16
下界のコロナ騒動を忘れますね

勿忘草にその願いを・・
オゾンをいっぱい吸わせていただきました
Commented by milletti_naoko at 2020-05-13 01:50
メイフェさん、気に入ってくださったと知って、とてもうれしいです。ぜひいつかお越しください♪ イタリアにもいろいろな山があるのですが、木をかき分けたり、急坂を登り続けたりせず、花や風景をゆっくり楽しみたいときに歩くのが、このフィオンキ山やラヴェルナ修道院への道なんです。

青空が広がり、一面が緑で、うれしかったです。木々が落としてくれる影の下もかなり歩いたのですが、てっぺんは太陽がかんかん照りでした。ワスレナグサ、水や影が多いところで見かけることが多いように思っていたので、意外で、さらにうれしかったです♪

牛は農場で飼われている牛で、春から秋にかけては昼はこうして放牧されているので、フィオンキ山頂への道を歩くと、どこかで牛に出会うことが多いです。登山道として観光案内所が出す登山道案内にも出ているのですが、出会うのはもっぱら地元の人で、登山客は少ないことが多いのも、わたしたちが出かける理由です。外出制限が解除されて、自宅から離れた場所でも行けるようになったばかりで、この日休憩時間を含めて約5時間の山歩きで、出会った登山者は二人だけでしたから、牛も珍しがっていたのかもしれませんね。

Giorgiaとってもとっても細いですよね。わたしも見るたび驚いています。歌を楽しんでくださったと知って、うれしいです♪ これからもまた、とりあえずは過去に紹介したのに、ブログに移行できていない歌を紹介した号を、少しずつ移していくつもりでいます。
Commented by milletti_naoko at 2020-05-13 01:53
zakkkanさん、どこまでも果てしなく続く青い空と緑を、勿忘草のかわいらしい花を、遠い日本までお届けできて、楽しんでくださったと知って、うれしいです♪
Commented by Makitaia at 2020-05-13 02:13 x
こんにちは!
喧騒を忘れさせる素敵な場所ですね!
また、自然の流れは止まることなく、すっかり初夏らしく、青々していて、どの写真も、目に優しいです。
今年は、家にこもって、春をあまり感じることができなかったので、私も足慣らしのためにも、スーパーでなく、どこかに歩きに行こうと思います♪
花粉症は、大丈夫でしたか?
Commented by milletti_naoko at 2020-05-13 04:13
まきさん、前回訪ねたときには水たまりが凍っているところさえあったのに、久しぶりに訪ねると、もう初夏の風情でした。

標高が高くて、花粉が苦手な植物が少ないのを知っていたので、フィオンキ山の頂へと歩くことにしたんです。おかげで、ペルージャの我が家では花粉症の症状に苦しむのに、この日の登山中はほぼ問題なく過ごせました♪

まきさんも久しぶりのお出かけ、楽しみですね。
Commented by sunandshadows2020 at 2020-05-13 08:25
2ヶ月も我慢した甲斐がありましたね。
緑が美しい頃山歩きが出来、途中の牛や野の花を愛でながら歩くのは最高でしょうね。ああ、復活祭のパン!いつか作ろうと思っていたのでした。
コロナ以前はもう長旅は嫌だと思っていたのに行けなくなると行きたくなるこの気持ち!もしまたイタリアに行けたら次回は長期滞在したいですね。そしてなおこさんご紹介の山々歩いてみたいです!
Commented by milletti_naoko at 2020-05-14 00:23
お転婆シニアさん、暖かくなって鶏たちがたくさん卵を産むからか、今も時々義母が作って、わたしたちにも分けてくれます。チーズもたっぷりなので花粉症の身には控えた方がいいのですが、特にできたてはおいしいです。まずはリハビリと、歩きやすそうでかつ人の少なそうな山を選んで出かけていますが、自生の水仙がたくさん咲いていて、うれしかったです。

いつかぜひ。お転婆シニアさんなら軽く登れて歩けそうな山がたくさんあります。サイクリングコースも最近はかなり整備されてきているんですよ。
by milletti_naoko | 2020-05-12 07:30 | Fiori Piante Animali | Trackback | Comments(8)