イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

いまだに混乱 イタリア市民と結婚しての手続きと権利

「イタリア市民の配偶者でありながら権利の縮小
 役所仕事は、こうして欧州連合市民の家族の生活を煩雑にする」

 これは2007年6月10日の、la Repubblica紙が当時発行していた移民生活情報誌、Metropoliの記事の見出しです。記事本文には、イタリア人と結婚したら得られるはずの権利が、法改正などの情報が警察や役所の末端まで行き届いていないために得られず、ひどい不都合や面倒を強いられることが多々あるという状況が書かれています。

いまだに混乱 イタリア市民と結婚しての手続きと権利_f0234936_22305027.jpg
la Repubblica Metropoli del 10 giuno 2007

 2007年4月にEU法を受けて、イタリアでは、イタリア市民と結婚した配偶者が取得できる権利やイタリア滞在のために申請・取得できる書類、発行のための手続きが大きく変わりました。記事には、その法改正が実際に申請を受領したり手続きを行ったりする警官まで行き渡っていないために、あるはずの権利が行使できなかったり、申請にあたって本来は警察でできるのに、郵便局に行かねばいけないと言われたりしたという事例が、紹介されていました。

いまだに混乱 イタリア市民と結婚しての手続きと権利_f0234936_230573.jpg

 この号の一面には、「イタリア市民と結婚する人にとっても権利が半分のみ」と書かれています。coppie misteはcoppia mistaの複数形で、直訳するとミックス・カップルで、ここでは互いの出身国が異なる二人がなす夫婦と意味で使われています。カトリック教徒である夫とそうではないわたしの結婚式をカトリック教会で行うにあたっては、matrimonio mistoを教会で行えるように申請を行ったのですが、この場合のmistoは「宗教が異なる者どうしの結婚」ということです。また、レストランのメニューに、insalata mistaとあればミックス・サラダのことで、レタス以外にもトマトやキュウリ、ニンジンなど、店や季節によって具は違いますが、様々な具が使われたサラダということです。

 閑話休題。今になってこの13年前の記事を引用したのは、イタリアに暮らす日本の方のブログやツイートを通して、近年になっても、イタリア人と結婚した日本の方が、本来は不必要で煩雑な手続きや手数料を要求され、しかも本来よりも有効期間が短く、享有できる権利も少ない滞在許可証を取得することになった例があることを、知ったからです。また、直接このことに関わるわけではないのですが、イタリアに暮らす様々な非EU圏出身者に発行するべき書類を、相も変わらず混同している警察官が今もいると、つい最近になって知ったからです。



 2007年4月からは、非EU圏出身者がイタリア人と結婚した場合、郵便局に行かずとも、無料あるいは身分証明書と同程度の値段の手数料(後に若干は実費程度の手数料も課してよいことになりました)で、また滞在許可証に比べるとずっと少ない書類を提出するだけで、まずは有効期間が5年、そして、5年後には無期限のEU市民家族用の滞在証(Carta di soggiorno per familiare di cittadino UE)が取得できるようになりました。

 にも関わらず、その後何年経っても、申請に際して多額の料金や不要な書類を請求された、そして発行されたのが「家族用の滞在許可証」(permesso di soggiorno per motivi familiari (per motivi di famiglia))だったという方が、近年になってもまだおられるようです。

 当然得られるべき権利を、不要な手続きや手数料、めんどうなしに得ることができるのは当たり前のことなのですが、残念ながらそうはいかないことが多い現状です。というわけで、すでに何度か提供してきた情報ではありますが、より多くの方に知っていただければと、もう一度記事にすることにしました。

関連記事へのリンク
- EU市民家族用滞在証、イタリアの場合 / Carta di soggiorno per familiare di cittadino UE
- 無期限滞在許可証5年ごとに写真更新? わたしの説とカステッルッチョ復活写真
- 同性パートナーも家族としてのイタリア滞在が可能に、移民とシビル・ユニオン法
- EU国滞在許可証申請中の帰国、入国・搭乗拒否のおそれあり~欧州留学・移住とシェンゲン協定1
- EU国滞在許可証申請中の帰国、入国・搭乗拒否のおそれあり~欧州留学・移住とシェンゲン協定2

********************************************************************************************************************************
Dall'aprile 2007 gli sposi extracomunitari di cittadini italiani hanno il diritto di richiedere prima la Carta di soggiorno per familiare di cittadino UE
della durata di cinque anni e, dopo cinque anni, la Carta di soggiorno permanente e per entrambe le occasioni presso la questura o gratuitamente o pagando il costo eventuale degli stampati e del materiale a seconda delle indicazioni della questure di competenza. Nonostante ciò ancora nel 2020 alcune questure rilasciano loro il Permesso di soggiorno per motivi familiari della durata di due anni o la confondono con la ex Carta di soggiorno, cioè il Permesso di soggiorno UE per soggiornanti di lungo periodo il rilascio della quale richiede più documenti e il costo elevato. Dunque, l'articolo della fotografia è del 10 giugno 2007 ma tuttora esistono molti "Sposi di italiani con diritti ridotti" per colpa della burocrazia.
********************************************************************************************************************************

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2020-06-22 23:39 | Sistemi & procedure