イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

旅行中感染の危険感じたとき、モリーゼ・アブルッツォ・ラッツィオ

 山中にあるものの交通の要所にあり、観光地でもあるヴェナーフロ(Venafro)などのモリーゼの村では、ウンブリア州同様、州自体における感染率が低いため、外部から訪れる客からの感染をできるだけ防ごうという意図もあってか、村の宿やバール、レストラン、博物館などでは、マスクの着用や消毒、他のテーブルとの距離など、感染対策がしっかりと取られているという印象を受けました。

旅行中感染の危険感じたとき、モリーゼ・アブルッツォ・ラッツィオ_f0234936_16444882.jpg
Venafro (IS) 20/7/2020

 写真は、午後9時前、たそがれの頃に撮影したヴェナーフロの歴史的中心街の写真です。

旅行中感染の危険感じたとき、モリーゼ・アブルッツォ・ラッツィオ_f0234936_1725468.jpg
Bed and Breakfast Varone, Montaquila (IS) 23/7/2020

 ヴォルトゥルノ渓谷のかつての大きな修道院跡を訪ねるために宿泊したこのB&Bでは、内部でのマスク着用が徹底していて、朝食も安心して取ることができました。出かける間際に思いついて、走り去る車から撮影したために、写真が斜めになっています。風情ある村の中心街にあると思って予約したら、村はずれにあって食事や散歩のためには車に乗らなければならず、家具などは古く、シャンプーやせっけん、ドライヤーなどはなかったものの、通行に便利な道路にすぐ出られるものの、距離があるためかとても静かで、宿の人も親切でした。夕食にと勧めてくれた店の一つが、行ってみたらさんざんだったのだけが残念です。

旅行中感染の危険感じたとき、モリーゼ・アブルッツォ・ラッツィオ_f0234936_1755134.jpg
Panorama dalla nostra camera dell'Hotel Capracotta, Capracotta (IS) 23/7/2020

 アブルッツォとの州境に近い山の高みにあるカープラコッタ(Capracotta)では、部屋からの見晴らしがすばらしいこのホテル、ホテル・カープラコッタ(Hotel Capracotta)に泊まりました。宿の人はとても親切で、マスクを常に着用していたのですが、朝のビュッフェ形式の朝食の際に、マスクをせずに食べるものを取りに行き、他の人も食べる食べ物の近くでおしゃべりをする客が少なくないのが気になりました。

旅行中感染の危険感じたとき、モリーゼ・アブルッツォ・ラッツィオ_f0234936_17162491.jpg
Pescopennataro (IS) 24/7/2020

 岩山に築かれた村、ペスコペンナターロ(Pescopennnataro)も、やはりアブルッツォとの州境近くの山の高みにあります。バールの店員のマスク着用は、たとえばウンブリアでもまれにしていない人を見かけることがあるので、わたしたちが行ったバールの主人がたまたましていなかっただけかもしれません。主人とわたしたち客の間には、駅の切符販売所で見かけるようなガラスの仕切り板が設置してもありました。ただ、フルーツジュースを頼んだら、マスクなしで、瓶入りのジュースを、わたしたちのために、ガラスのコップに注いだのです。そのとき何も話さなければ、それでよかったのですが、夫があれこれと観光情報を尋ねたものだから、そうやってジュースをコップに注ぐ間、ずっと質問に答えてしゃべり続けていたので、わたしはそれがひどく気になりました。


旅行中感染の危険感じたとき、モリーゼ・アブルッツォ・ラッツィオ_f0234936_1723146.jpg
L'Aquila (AQ) 24/7/2020

 夫のたっての希望でおとといの晩泊まったラクイラ(L'Aquila)では、途中で道を尋ねたら、その女性が、「ここでは、午後7時以降は、屋外でも他の人との距離が確保できない場合にはマスクを着用する義務があるんですよ。」と教えてくれました。

 ご覧のように、この晩はちょうど町の中心広場でコンサートが予定されていたこともあり、目抜き通りを歩くと、大勢の人が歩いていて、駐車場にも車がずらりと並んでいました。若い友人同士と思われる集団がマスクなしに近距離で歩いているのもしばしば見かけましたし、わたしたちのすぐそばを通ったりする人もいるので、気になる場所ではマスクをつけました。

 B&Bの人はとても親切で、朝食もたくさんいろいろなものが食べられて助かったのですが、やはり他の宿泊客が話した際につばが飛ぶ可能性があるすぐそばにまで、テーブルに皆が食べるケーキなどが並べてあったのが気になりました。互いの距離が確保されてはいたものの、マスクはいっさいしていませんでした。

旅行中感染の危険感じたとき、モリーゼ・アブルッツォ・ラッツィオ_f0234936_1731557.jpg
Leonessa (RI) 25/7/2020

 昨日の朝は、夫がどうしても訪ねたいと考えていたラクイラの教会を訪ねたあと、ペルージャへの帰途につきました。そのまま戻っては暑い時間帯に着いてしまうけれども、グラン・サッソやカンポ・インペラトーレ、カステッルッチョなどの美しく涼しい山や高原は、週末は大変な混雑が予想されました。

 そこで、山あいの道を通ってペルージャに向かうことにして、途中、ラッツィオ州リエーティ県の村、レオネッサ(Leonessa)で昼食を食べることにしました。

旅行中感染の危険感じたとき、モリーゼ・アブルッツォ・ラッツィオ_f0234936_1736446.jpg

 レオネッサは、ウンブリアとの州境に近く、ノルチャからモンテカッシーノへと聖ベネデットの足跡を追って歩く巡礼路、Cammino di San Benedetto(リンクはこちら)の巡礼地となっています。わたしたちはこの巡礼路を、2013年に、日数が限られていたために、スビアーコからモンテカッシーノまでだけ歩いたのですが、その年の春に、友人たちと一度、このレオネッサを訪ねています。

旅行中感染の危険感じたとき、モリーゼ・アブルッツォ・ラッツィオ_f0234936_17394771.jpg

 閑話休題。上の写真の門からレオネッサの歴史的中心街に入って、しばらくレストランを探して歩いたものの、見つかった店は二つとも、感染を防ぐために入れる最大限の客がすでに入っていたために、食べることができなかったので、門の外に見つけたポルケッタ(porchetta)を売る店で、ポルケッタ入りのパニーノを作ってもらって、食べました。

 ただこの店の人も、ひどく暑い日であったためか、マスクを着用していなかったのです。そうして、パニーノのためにとポルケッタを切っている間、夫があれこれ質問するものだから、質問に答えておしゃべりを絶え間なく続けます。しかも、夫が質問で気をそらしたためか、店の主人がもともと無頓着なのか、ふりかけた塩の量がとんでもなく多く、あまりにも塩辛いので、塩を食べるような気持ちでパニーノを食べるはめになりました。

 けれども同じレオネッサの村でも、コーヒーを飲もうと入ったバールでは、皆がきちんとマスクを着用していました。

 見知らぬ町、出かけた先でちょっとパニーノを、バールでコーヒーをというときには、できるだけ店の人がきちんとマスクをしているかどうかを確認してから店を決めた方がいいと、つくづく思いました。また、万一外からでは確認できずに入ってしまった店で、店員がマスクをしていないことが分かった場合には、店員が飲み物や食べ物を用意している間は話しかけないこと、また、ジェラートや瓶入りの水など、マスクを着用していなくても感染の恐れが少ないものを頼むことも、身を守るための一つの手段としてありかもしれないと思いました。

関連記事へのリンク
- 水豊か歴史にびっくりヴェナーフロ、モリーゼ
- 古代ローマ人引いた水今も生き美しい村、ヴェナーフロ
- 岩の庵 聖パウロ書簡運ぶ聖ルカが宿ったそうな、涼求めモリーゼの山に登れば

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2020-07-26 17:48 | Covid-19 Italia