イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

イタリアでも感染拡大傾向、新型コロナウイルス 全国・各州の感染状況

イタリアでも感染拡大傾向、新型コロナウイルス 全国・各州の感染状況_f0234936_712328.jpg
 イタリア全国で、そしてウンブリアでも、残念ながら、新型コロナウイルス感染が拡大する傾向にあります。


 上のグラフでは、青い線が、週ごとの新規陽性件数(nuovi casi)、赤い点線が、週ごとの検査数に対する陽性者の比率(rapporto positivi/casi testati)を表しています。

 7月(luglio)第3週までは、1週間ごとの新規陽性件数が約1400件(つまり1日平均約200件)という横ばいの数字が続いていたのに、7月第3週以降、8月(agosto)下旬まで、新規陽性件数が増加し続けています。検査数に対する陽性者の比率も、0.8%から2.1%に増えています。


 上記ニュースにも引用されている保健省サイト(リンクはこちら)に今日、9月2日午後5時(イタリア時間)に公表されたデータによると、イタリアにおけるこれまでの累計陽性者数は271,515人、累計死者数は35,497人、累計回復者数は208,201人です。また、現在の陽性者数は27,817人、今日の新規陽性者数は1326人で、今日亡くなった方が6人います。

イタリアでも感染拡大傾向、新型コロナウイルス 全国・各州の感染状況_f0234936_6301868.jpg
Dalla pagina web Mappa interattiva Italia (dashboard)

 各州における9月2日現在の陽性者数は、この保健省サイトの地図に、分かりやすく示されています。ただし、ボルツァーノとトレントについては、州ではなく県ごとの現在の陽性者数が書かれています。


 また、7月21日に比べて、今日9月2日は、症状がある入院患者(ricoverati con sintomi)が732人から1437人と倍増し、集中治療(terapie intensive)の患者は、8月4日には40人であったのに、今日は109人となっています。

 上記ツイート中の表には、各州ごとに、症状がある入院患者数がオレンジ、集中治療の患者数が赤で示されています。今日の発表による現在の陽性者数は、ロンバルディア州が7278人、ラッツィオ州は3407人なのですが、症状がある入院患者は、ラッツィオ州が343人で、ロンバルディア州の220人を上回っています。

 今日のニュースではまた、感染者の平均年齢がさらに下がって29歳になったこと、また、元首相ベルルスコーニも陽性であることが分かり、自主隔離しつつも仕事をしていること、学校再開に向けて全国で準備が進められていることなども報道されていました。

イタリアでも感染拡大傾向、新型コロナウイルス 全国・各州の感染状況_f0234936_712328.jpg
San Vincenzo al Volturno, Castel San Vincenzo (IS) 23/7/2020

 この記事を書くにあたって、いろいろな記事に目を通し、映像も見てみたのですが、改めて、これからも継続して、行政が多くのPCR検査を実施し、感染経路を遮断すること、そして、市民が皆で協力し、互いの距離を確保し、マスクを着用し、消毒をこまめにするなど、気をつけていくことが、これ以上の感染拡大や医療機関の逼迫、感染者や死者の増加を防ぐために大切で、これからの一人ひとりの行動にかかっているのだと感じました。ヨーロッパのどの国よりも長く厳しい外出・移動規制を守り、感染を抑えてきたのだもの、これからもきっと頑張ってほしい、頑張れるはずだと願っています。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

Commented by u831203 at 2020-09-03 17:31
イタリアも終息に向かっていたように思っていましたが、第二波ですかね 日本も同じような状況です
これもイタリアと同じように若者の感染が増えています
若者の無節操な行動が非難されていて、自粛強要の声も出ています 
でも感染者への差別や批判は止めるべきでしょう 感染者も被害者 憎むべきは人ではなくコロナですからね
なおこさんもご主人もくれぐれもお気を付けください。
masa
Commented by ninja2005y at 2020-09-03 22:21
日本政府は
来年初めに日本人全陰にワクチンを接種すべく
これを確保しました。

もう、この騒ぎ
ワクチンでないと収められませんね。
因みに、日本での武漢ウイルスでの失業者は
5万人をこえています。
Commented by cometsan1966 at 2020-09-03 23:53
イタリアでも再び右肩上がりの感染者数何ですね((+_+))
どうか引き続きお気をつけてくださいね。。。

しかも感染者の平均年齢が下がり29歳とは・・若い人達の
意識を更にコロナに向けさせないといけませんね・・・(汗)

日本でも同じことが言えますが~この前も夜遅く用事で
街を車で通り信号待ちしていたら・・ガラス張りで中が
嫌でも見える居酒屋さんに視線を吸い寄せられ・・見れば
店内若い人が大勢で大騒ぎをしていました・・これでは
・・コロナ禍先行き暗いなと・・経済を回しながらは
大きなリスクが付きまといますね (*_*;

一人ひとりの行動にかかってる。。。まさにその通りだと思います!
Commented by yuki0901671 at 2020-09-04 07:31
おはようございます。

東京は相変わらず感染者数が高止まり状態です。
終息なんてまず無理です。
私が気になっているのは、メディアが盛んに
「ひとりひとりが気を付けましょう」
と言い過ぎることです。
そうなると結果的にコロナに感染した人は
「注意が足りなかった人」ということになり、
攻撃されたりします。
メディアは「どんなに注意してもかかる危険性は
ある。そのために政府はちゃんと医療体制を充実すべき」
と報道を徹底してほしいと思いますね。
Commented by milletti_naoko at 2020-09-04 19:03
masaさん、無症状の若者の無節操な行動が原因でウイルスが拡大すると、感染者数が増加し、結果として症状のある入院患者・集中治療の患者、死者も増えてしまうと、イタリアでも呼びかけていて、夏はまだ暑さのために屋内の換気もしやすいけれど、これが寒くなったらと心配する声も聞かれています。

日本では特に、検査が行われにくい状況でもあり、どこで誰が感染するか、気をつけていても避けるのは難しい状況ではないかと思います。そういう状況で、感染された方を非難したり差別したりしては、人道的にどうかと思われる上に、感染がさらに表面化しなくなり、感染も拡大してしまいやすくなると思います。イタリアには、残念ながら、感染者と接触があり感染しているだろうと知りながら、勧められるPCR検査をせず、大人数が集うパーティーに複数参加して、あっという間に感染を拡大させてしまった企業家がいたりして、そういう人は非難されるべきと思いつつも。

ありがとうございます。お二人もどうかくれぐれもご用心して、お過ごしくださいね。
Commented by milletti_naoko at 2020-09-04 19:10
ninja2005yさん、イタリアの専門家は、本当に効果があって安全なワクチンが市場に出回るまでは、2021年の秋・冬まで待たなければならないだろうと、通例のワクチンの開発や治験に必要とされる日数から言っています。

ワクチンの前にまずは検査で感染を早期に発見し、感染拡大を食い止めることが急務だと思うのですけれども。
Commented by milletti_naoko at 2020-09-04 19:21
cometsan1966さん、わたしたちが今数字として目にする感染者数のその感染は2週間ほど前に起こったものであり、今現在の結果から今後のさらなる拡大も覚悟しなければならない、だからこそ皆がいっそう気をつけなければならないと、そういう専門家の声に、そのとおりだと思います。逆に夏に感染が増えたのは、感染者数が減ったからと、皆が安心しすぎて気が緩んでいたためだとも思うので、この数字でそういう人の目が覚めるようにと願っています。

このところイタリアでは、旅行から感染して帰って感染を拡大したという例が全国で多く認められているために、港や空港などで、感染の多い地域や国から戻る旅行者に対し、かなり大規模な検査が行われています。1日の新規陽性者が1326人出た9月2日はまた、1日に10万3千件というそれまでで最多のPCR検査が行われた日でもありました。平均年齢が下がっているのは、この旅行帰りの検査で、無症状だけれども陽性と分かった若者が大勢いるためだと思います。

日本の居酒屋でも! イタリアでも若い人が砂浜やディスコで、または町の中心街で、マスクもなしに身近で群れている様子がテレビで放映され、わたしたちも時々見かけます。本当に困ったものですね。
Commented by milletti_naoko at 2020-09-04 19:30
yuki0901さん、こんにちは。

メディアがこういうときに、もっと国や行政の責任、対策の不足を指摘していくようでないと困りますね。感染した人が攻撃されるという風潮もまた、マスメディアの報道の在り方によるものも多いのではないかと、コメントを拝読して思いました。なんと医療関係者に対する差別まであると知って驚いたのですが、イタリアでは当初から、医療関係者がどんなに皆のために自らの健康や命の危険を賭して必死で働いてくれているかを、政府関係者・マスメディアが様々な機会を通して頻繁に伝えていて、そのため、そういう方たちに対する差別があるなど、考えられない状況です。

おっしゃるように、メディアが政府の感染拡大防止対策の甘さや間違いを指摘、批判し、改善を求めていく、そうでないといけないと思いますし、また、そういう報道でさえしにくいような政治的圧力があるとしたら問題だと思います。日本では報道に対する政治的規制が多く、報道の自由が脅かされているとは、こちらではもう20年近くも前から雑誌などで読む機会があり、そのときにはただ驚いてはいたのですけれども、近年は、日本での報道の自由が疑われるような情報を見聞きする機会が、残念ながら年々増えているように思います。
by milletti_naoko | 2020-09-03 07:06 | Covid-19 Italia | Comments(8)