イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

大好きだったドラマと歌と驚きの発見、アリー my Love

 時々パンチと勢いと元気がある歌を聞きたいというときがあり、そういうときに、永井真理子やプリンセスプリンセスの歌を聞くこともあるのですが、一番よく聞くのは、日本では「アリー my Love」という題で放映されていたアメリカドラマ、「Ally McBeal」でヴォンダ・シェパードが歌っていた「Searching' My Soul」と「Tell him」です。2002年4月にイタリアに来てからは、サウンドバックのCDを購入して歌を聞きはしたものの、ドラマ自体は、少なくとも18年間は、YouTubeで歌の映像の後ろに流れるドラマの場面を見るくらいだったのではないかと思います。



 "Now I know I can shine a light to find my way back home"

 「今ならわたしは、帰る道を見つけるために、明かりで照らすことができるの」とそう歌うのは、単に自分の家(home)ではなくて、探しているのが魂(soul)なのだから、本当の自分、自分が本当にそうでありたい姿、自分の魂の根源、奥底にあるものに、再び近づいていくことができるということではないかと、何となくそんな気がするのです。

 恋に破れながら、それでも前を向いて、苦しむ人を応援しようとしていた主人公のアリーが、スタート地点に立って、さあわたしは自分を取り戻せるから大丈夫と、さっそうと町を歩きながら、歌っているような。


 ドラマも歌も大好きだったので、自分の結婚式の映像のバックグラウンドに挿入する歌を、わたしと夫が一人一曲ずつ選んでいいと言われたとき、わたしは、サウンドトラックにあったこの歌を選びました。

 うちの夫は、体調が悪いと機嫌も悪いので、わたしも同じように返してしまってケンカになりがちなのですが、今この歌を聞いて、もっと優しくしてあげなければと反省しました。


 自分の主題歌を決めて、心が揺らぎそうになったら、その歌を心の中で歌うようにと、アリーが精神科医から勧められて、それで選んだのが、確かこの歌、「Tell him」だったのではないかと思います。 

 「本当にあの人が好きで仕方がないのなら、その熱い思いのたけを伝えるのよ」

という歌なのですが、「何か本当にほしいもの、したいことがあったら、本当にほしいんだ、したいのだということを何度も自分に言い聞かせて、自分を奮い立たせて、行動していかなければ。」と、どこか勝手にそう解釈して、よし頑張らなければというような気持ちで聞くことが、今でも時々ありますし、日本に住んでいた頃にも、そんなふうに聞いていたように思います。


 恋を求めつつ、縁に恵まれなかったアリーが、ですからようやくラリーに出会い、不器用な二人が少しずつ歩み合って、ようやく二人で幸せになったのを見たときは、本当にうれしくて、それだけに、二人の突然の、思いがけない別れが理解できずに、ただ残念に思っていました。

 その突然の二人の別れが、実はラリーを演じていたロバート・ダウニー・ジュニアが麻薬所持で逮捕、収容されたためだったと知ったのは、ほんの最近のことでした。この騒動がなければ、アリーとラリーは結婚するはずで、二人が結婚してからの場面で番組が終わるはずだったと知って、なおさらに残念に思い、どうして二人の別れが不自然だったのか分かり、ドラマを作成していたスタッフも、ハッピーエンドに向かっていた物語を急に転換しなければいけなくなって大変だったのだろうと思いました。それでも今も、テレビでは実現しなかった、二人の幸せな恋の結末を思ったりもするのです。

 そういう心持ちでいたので、今日この記事を書くにあたって調べていて、わたしが最後に見てドラマがもう終わったと思っていた回以降に、実は続きがあったことが分かって、驚きました。ロバート・ダウニー・ジュニアと別れた場面が、わたしはアリーのドラマの最後だとずっと思い込んでいたのです。シーズン5はおそらくまったく見ていないし、ひょっとしたらシーズン4も見ずにいる回があるかもしれません。イタリアで購入したドラマのサウンドトラックに(リンクはこちら、日本で購入していたのはこちら)、すべてドラマを見たつもりでいた自分が知らない曲が数曲ある理由も、ようやく分かりました。

 英語の聴解力を鍛えるために見始めて、途中からすっかりはまってしまったのが、このアリー・マクビールでした。見ていない回があったと知って、急に続きが知りたくなり、インターネットで調べて、どうも全DVDを購入して見るのが一番よさそうだという結論に至りました。アマゾンイタリアで見ると、シーズン5にはがっかりしたという評価もあるのですが、制作陣も、突然物語やほぼ主役であったアリーの相手役を変更する必要に駆られて大変だったでしょうから、できが今ひとつになっても仕方がないような気もします。

大好きだったドラマと歌と驚きの発見、アリー my Love_f0234936_7363031.jpg
22/5/2020

 調べてみて、アマゾン日本のプライムビデオに全シーズンが含まれていることが分かりました。リンクはこちらです。ただ、プライム会員になっても、レンタル料がいるようですし、海外でも視聴可能な作品ではないようなので、アマゾンイタリアで、英国版の全話収録のDVD(リンクはこちら)を買うか、イタリアの店舗で探すかしようと考えています。字幕は英語とフランス語とオランダ語なら見られるようです。アマゾンフランスなら、プライムビデオにあって、会員なら全話無料で見られるようなので(リンクはこちら)、プライム会員お試し期間の30日を利用して、できるだけ見てしまってから解約する、ただし、もしすべて見きれなかったら、月5.99ユーロの会員契約を全話見終えるまで続けるという手もあるのですが、英国版のDVDが、アマゾンフランスで頼んだ方が、送料が加わっても安いので(リンクはこちら)、手もとにおいて何度も見られるように、購入してしまおうかと、あれこれ考え中です。

大好きだったドラマと歌と驚きの発見、アリー my Love_f0234936_7373127.jpg

 写真は、今年5月に訪ねた秘密の花園、個人の、けれどそれは美しいバラ園の花の写真です。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  
 
ブログテーマ:おすすめドラマレビュー
by milletti_naoko | 2020-09-06 07:39 | Film, Libri & Musica