イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

朝日にきらめく海と南伊の旅のホテル選び

朝日にきらめく海と南伊の旅のホテル選び_f0234936_795380.jpg
 一度は雲に隠れた朝日が、今度は地平線近くを覆う雲の上に顔を出し、空にも海にも、淡いピンク色が広がっていきます。(この記事は、昨日の記事の続きです。)

朝日にきらめく海と南伊の旅のホテル選び_f0234936_6395533.jpg
Marina di Montenero, Montenero di Bisaccia (CB) 20/9/2020

 ホテルの前は砂浜なのですが、この写真を撮った浜は、石の浜になっています。

朝日にきらめく海と南伊の旅のホテル選び_f0234936_6432467.jpg

 空と海のピンクが深まっていきます。今度は右手から、漁船がやって来ました。

朝日にきらめく海と南伊の旅のホテル選び_f0234936_645596.jpg

 朝日の前を通って、進んでいきます。

朝日にきらめく海と南伊の旅のホテル選び_f0234936_6475926.jpg

 太陽が投げかける赤い光の帯と漁船に、モネの『印象・日の出』の絵が重なります。ここには煙突も煙もなく、ル・アーヴルの港よりも、ずっとのどかではあるのですけれども。

朝日にきらめく海と南伊の旅のホテル選び_f0234936_6552762.jpg

 釣り人たちが岸辺に駐車した車やその向こうに見える風景も写るように少し後ろに下がったり、岸辺に寄せる波のその赤さが伝わるようにと海に近づいたりして撮影し、朝日が彩る風景をいろいろな角度からじっくりと楽しんでから、

朝日にきらめく海と南伊の旅のホテル選び_f0234936_705737.jpg

岸辺を歩いてホテルへと引き返しました。西の空もほんのりと桜色を帯びています。

朝日にきらめく海と南伊の旅のホテル選び_f0234936_735458.jpg

 時々後ろをふり返って、朝日が、岩の向こうや

朝日にきらめく海と南伊の旅のホテル選び_f0234936_753461.jpg

空と海、浜辺をオレンジ色に彩る様子を眺めました。

朝日にきらめく海と南伊の旅のホテル選び_f0234936_772625.jpg

 日が昇っていき、見る場所や角度が変わっていくと、

朝日にきらめく海と南伊の旅のホテル選び_f0234936_784081.jpg

海の色も違って見えるのがおもしろく、

朝日にきらめく海と南伊の旅のホテル選び_f0234936_795380.jpg

どの風景も美しいなあと感嘆しながら、写真を撮りました。

朝日にきらめく海と南伊の旅のホテル選び_f0234936_711484.jpg

 夫がまだ部屋にいて、朝の風景をいっしょに見られなかったのは残念ですが、前日の長時間の運転で、疲れてもいたでしょうし、この日もペルージャに戻るために、約350kmの運転が待っていました。

朝日にきらめく海と南伊の旅のホテル選び_f0234936_7182386.jpg

 砂浜からわたしたちが泊まる部屋を見やると、窓の向こうから夫が外を見ています。「朝日はこの部屋からでは見えないんだね。海が見える部屋を選ぶべきだったな。」と言って笑っています。

 三つ星ホテル、Hotel Strandは、海に面したテラスつきで広いスーペリアの部屋、テラスがなく海に面さないスタンダードの部屋の、一泊朝食つきの一部屋の料金が、先週の土曜はそれぞれ84ユーロ、64ユーロでした。選ぶために部屋を見せてもらうと、海に面した部屋は2階にあり、海に面さない部屋は西向きで、3階にあります。そこで、安い部屋からも夕日が見えて、十分に広いからと、わたしたちはスタンダードの部屋に泊まっていたのです。シャワーの排水に問題がありはしましたが、幸い、この西向きの部屋に泊まったおかげで、

朝日にきらめく海と南伊の旅のホテル選び_f0234936_74546100.jpg
19/9/2020

夕日が雲の層に沈んでいくのを見送ることができましたし、海に面してはいなくても、海は見えていました。

朝日にきらめく海と南伊の旅のホテル選び_f0234936_747167.jpg

 さらに、ほっそりと美しい二日月を部屋から見ることもできましたし、部屋から朝日が見えないおかげで、浜辺を歩いて、朝の風景を満喫することができました。

 すぐ近くにあるアブルッツォ州のヴァストや前の晩に泊まったプーリア州のトラーニなど、大きな町は、渋滞や一方通行の道路が多く、宿への車での移動が大変です。夫が旅の最後の晩も海辺の宿に泊まりたいと言うので、町はずれにあり、ホテルが海に面していて無料の駐車場がある静かなところをと、選んだホテルです。宿泊当日も翌日も、夫が長時間運転しなければいけないことを考えると、うってつけと思われたので、この宿に決めました。設備は少々古く、ビーチパラソルやチェアが宿泊客でも有料だということは、ホテルに着いてから知ったのですが、すぐそばに人も少ない無料の砂浜があり、もともと夫は、ビーチパラソルやチェアが並ばない砂浜の方が好きなので、この浜にビーチタオルを敷いて、波の音を聞き、日を浴びながら、しらばらく本を読みました。

 夕食は、飲み物は別料金で一人あたり20ユーロとのことです。この日の夕食メニューを見て、よさそうだったので、あちこち移動せずにゆっくり過ごせるように、宿で食べました。翌朝は、朝食のクロワッサンやボンボローネなどの甘いものができたてでおいしいと、夫がひどくうれしそうでしたし、夕食もおいしく栄養のバランスの取れた食事ができました。

 余談ですが、宿をインターネットで探すときは、情報が詳しいのでまずはブッキング・コムで探し、それから、見つけた宿に直接電話をしたり、そのサイトを見たりして、値段や条件を比較して、よりよい条件で泊まれるようであれば、ブッキング・コムを通さずに予約するようにしています。一方で、宿自体のサイトでは情報が少なく、メールを何度か交わさないと、空室があるかどうかや料金が分からない場合もあり、そういう宿は、宿泊予約サイトを通じて予約した方が便利で確実です。ホテルズドットコムなど他のサイトで予約したこともかつてあり、近年も予約に際して調べたり比較したりする時間の余裕があるときは、一度ブッキング・コムで宿を決めてから他の予約サイトや宿自体のサイトと値段などを比較することがあるのですが、今回の旅行では、宿泊前日や当日に決めた宿も多いので、もっぱらブッキング・コムで宿を選び、6泊のうち3泊はブッキング・コムで、後の3泊は、宿のサイトや電話を通じて、部屋を予約しました。

 できれば安い宿を、けれども利便と快適さも大切と選んだ宿は、当たりもあればはずれもあり、わたしは気に入ったのに夫に不満が残ったり、あるいはその逆ということもあったのですが、概して人が親切で、どの宿も、感染防止のために、それぞれに対策をしっかり取っていたので、安心して泊まることができました。

***********************************************************************************************
Suggestiva l'alba sulla spiaggia della marina di Montenero
e
bella la luna crescente snella vista dalla finestra della camera
dell'Hotel Strand.
Montenero di Bisaccia (CB), Molise, Italy 20/9/2020
***********************************************************************************************

関連記事へのリンク / Link all'articolo correlato
- だるま朝日アドリア海に昇るモリーゼの浜 / Alba sul mare Adriatico, Marina di Montenero 1

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  
 
Commented by yuki0901671 at 2020-09-22 08:36
おはようございます。

私もブッキングドットコムを愛用して
います。今のところトラブルはありませんが
トラブルも少なくないように聞いてますが
いずれにしろ、日本で海外の宿を予約するのは
やはりアクシデントは覚悟しなければと考えて
います。
Commented by 3841arischan at 2020-09-22 10:21
なおこさん、旅慣れてるなおこさんが書いてくださる予約方法、とても参考になります(^_-)-☆
私は、海外はツアーなので、自分で予約するのは、オペラ等に行く場合、別に宿を取るときなのですが、やはりブッキングドットコムで探しました~♡ホテルの位置情報や道路から見える写真があると海外で行ったことのない場所でも安心して行くことが出来て便利です♡
お気に入りの宿は、夫婦でも違いますし、なおこさんが、旦那様の運転のことを考えて、行きやすい宿をという優しい気持ちに感動です♡
ツアーでは、とんでもなく行きにくい場所のときもあり、仕事とはいえバスの運転手さんが気の毒な事は多々有ります^^;
日本国内だと、なおこさんお仰せのように、まずは予約サイトの情報を収集、予約は直にする方が何かと良いことを学びました~♡あるとき、どうしてもキャンセルせざるをえなくなり、キャンセル料がかかる時間にもかかわらず、直でいつも利用するホテルだったため、キャンセル料が何と免除されたことがあり、それからは、尚、そこのホテル(京都の)を利用しています(*^_^*)
Commented by tokotakikuh at 2020-09-22 14:28
素晴らしいです
勿論、お部屋から見えるのが最高でしょうが
どちらかと言えば、これだけのロケーションは
外からの撮影をお勧めします

旅、いいですね
日本はGOTOキャンペーンを盛んにしてますが
やはり、まだ二の足を踏みます私はね(笑)

泊まれれば、交通便を考慮して
お値段は、やはりそこそこ・を選択

海外旅行で、ね
ポーターさんがいないホテルで
あの大きなスーツケースを自分で持ち運び
あれには、参りましたが、あとで聞くと
チップ次第だと言われました・・

海外の旅は、やはり、個人旅行は、無理ですね(笑)
Commented by cometsan1966 at 2020-09-22 22:04
素晴らしい朝日の風景ですね(*^^*)
神聖な気持ちとすがすがしさや活力が静かに湧いてきますね!
こういうの・・もう何十年も見ていないかもしれません。

モネの「印象・日の出」見て来ました・・なるほど重なりますね☆
ここでモネが生きてて朝日のこの風景を描いたら・・・
どんなにか素晴らしい事でしょうね(^^)

お月さまの風景も見事に撮れましたね・・この細長さが
町並みの異国情緒を一層引き立ててくれますね☆彡
とっても綺麗ですね!!

私もブッキング・コムはスマホにアプリ入れ使ってます☆
他の同様のサイトで取れない宿が取れたりで便利です!
Commented by milletti_naoko at 2020-09-24 01:42
yuki0901さん、こんにちは。みなさんのコメントを拝見して、日本でも多くの方がブッキングコムを利用されていると知って、驚きました。宿がどういうところかどうか、きちんと存在するのかどうかは、やはり複数の情報源で調べておいた方が、安心ですね。
Commented by milletti_naoko at 2020-09-24 02:30
アリスさんも、Booking.comを利用されたことがあるんですね。上のNikuさんからのコメントで、問題も多々あると知り、そういう経験談が多数書かれたサイトも見てみました。やはりヨーロッパの企業なので、他の地域については、サポートや連絡がきちんと行われていない場合もあるのだなあという印象を受けました。宿も経営者が変わったり、担当者との相性や利用者の好みがあったりするので、一概には言えませんが、イタリアやフランスの旅行で利用した限りにおいては、情報が詳しく、いろいろな利用者の感想が分かるので、グーグルやトリップアドバイザーなど他の業者の口コミも参考にすることはありますが、情報源としては一番便利だと思います。ツアーのバスは大きいですから、運転手さんも町中での運転は大変ですよね。

いつも利用されている宿、それだけアリスさんも気に入られていて、宿の方もアリスさんをお客様として大切にされているのは、すてきなことですね。
Commented by milletti_naoko at 2020-09-24 05:19
zakkkanさん、ありがとうございます♪ 朝日は昇るのが早いので、早起きできて少しずつ移り変わる美しい朝の海の風景を見ることができて、うれしかったです。旅行中は昼食が8時からという宿が多いこともあり、ついゆっくり起きてしまいがちなのです。

わたしたちは、ふだん星が一つ〜三つ、あるいはない宿に泊まることもあるので、他の宿も皆高いし、サービスがよさそうだからと四つ星ホテルに泊まったときに(そこはキャンプ場も一泊100ユーロでした!)、いいですと言うのに、ポーターが部屋まで荷物を運んでくれてしまって、夫と、これはやっぱりチップが必要かしら、いくらくらいが妥当なんだろうと、慌てました。

個人というよりはご夫婦や2、3人のご家族、グループで旅行される日本の方の、お食事や買い物などに通訳として同行することがあり、お客さまの中には高齢の方も少なくないのですが、中くらいのスーツケースと大きめのリュックサックに荷物を分散されたり、エスカレーターのある宿を選んだりされて、ご自分たちで運べるように工夫されている方も多いように思います。長旅は移動や気温の変化など、疲れてしまいがちですから、体を労れるような旅行形態を選ぶことも大切ですよね。海外旅行のツアーでは、いろんなことが起こり得る慣れない外国で、安心して旅行ができて、時間も有効に使えるという利点もあると思います。わたしも初めてのイタリア旅行は、最初と最後の数日以外はツアーでした。
Commented by milletti_naoko at 2020-09-24 05:32
お馬さん、ありがとうございます。イタリア中部で唯一海のないウンブリア州に住んでいることもあって、海でこんなふうに朝日が昇るのをじっくりと眺めることができて、うれしかったです。日本では、最初に勤めた学校は4階から海が見えていたのに(その海を渡って毎朝大島や大三島から船で来る生徒たちがいた今治の高校です)、毎晩とっぷり日が暮れてから帰宅していたので、家も海の近くだったのに、海に行くことがほとんどなくて、今になって惜しいことをしたなあと思います。お馬さんには富士山がありますもの。でも機会があれば、ぜひ海や湖、川や、そうした自然の中に昇る朝日や沈む夕日も見る時間を取ってください。あとできっと、より美しい音楽が演奏できて、ギターさんも喜ばれると思いますよ。

モネの絵も見てくださったんですね! ありがとうございます。

わたしの腕とカメラでは、周囲が薄暗くなり始めてしまうと、細い月も太く丸く写ってしまうんです。幸いまだ明るい時間帯に月を見つけて、きれいに写すことができました♪

ブッキング・コム、お馬さんも、利用されているんですね。わたしたちも、初めての土地での宿を見つけるための情報が豊富で、助かっています。
Commented by ムームー at 2020-09-24 05:42 x
なおこさん
おはようございます
なんと美しいのでしょう~
見入ります、朝日も夕陽も美しく心を
時めかせてくれますね
なおこさんのように美しく写したいですわ
皆さん、旅に行かれるのに色々となさっていますね
私は行く場所がここ数年は東京ですから
新幹線と宿がセットになってるのを娘が
予約します、コロナでなかなか出にくいですが
先日は東京までコンサートに行きました
いつもありがとうございます
Commented by milletti_naoko at 2020-09-24 15:48
ムームーさん、ありがとうございます。海に昇る朝日を見られる機会はまずないので、美しい夜明けの風景が見られてうれしかったです♪

宿と新幹線をお嬢さんが予約してくださるのでしたら、安心ですね。コンサート、ムームーさんをはじめ、多くの方の楽しみ、励みになったことでしょう。よかったですね。こちらこそ、いつもありがとうございます♪
Commented at 2020-09-25 06:56
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2020-09-25 23:19
鍵コメントの方へ

そんなふうに言っていただくと、何だかすばらしい大作のようです。あまりにきれいで、それぞれに風景が違う気がして、今回は2度に分けての記事となりました♪
by milletti_naoko | 2020-09-22 08:17 | Molise | Comments(12)