イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

フランチェスコ教皇「同性愛者は神の子、家族を持つ権利あり」

「同性愛者は神の子であり、家族を持つ権利があるのですから、シビル・ユニオン法を成立することが必要です。」

フランチェスコ教皇「同性愛者は神の子、家族を持つ権利あり」_f0234936_08173169.jpeg
Santuario della Verna, Chiusi della Verna (AR), Toscana 17/10/2020

 結婚とまでは言わないまでも、ゲイカップルの権利を認め、家族としての権利を享受できるためのシビル・ユニオン法の必要を、全世界のカトリック教会の長であるフランチェスコ教皇(Papa Francesco)が公的に語ったことは、とても大切で、また勇気のいることだと思います。


 人と人が愛し合い、いっしょに暮らして幸せな家庭を築きたいと願う。

 その人として当然の願いや生き方を、ただ相手が同性であるというだけで、祝福する代わりに、差別したり非難したりするような世の中であってはならないはずなのに、残念ながら今も差別が存続しています。

フランチェスコ教皇「同性愛者は神の子、家族を持つ権利あり」_f0234936_07581323.jpeg

 フランチェスコ教皇のこの言葉が、今後そうした人々の心や態度としての差別のみならず、法制度上の差別を、世界からなくしていくための灯火になることを願っています。

 社会的に弱い立場にある人も、当時恐れられていた癩病患者も、愛情と思いやりを持って遇したアッシジの聖フランチェスコ(San Francesco d'Assisi)の名を史上初めて教皇名として選び、様々な場面で、名前だけではなく、聖人の精神や生き方も受け継いでいると感じられる現教皇は、今イタリアで、信者はもとより、カトリック教会を離れた人々からも敬愛されています。

 写真は、アッシジの聖フランチェスコが聖痕を受けた聖地、ラヴェルナ(La Verna)に築かれた修道院の聖フランチェスコ像とヒナゲシの花です。二つの紅の花を赤いハートに見立てて、すべての愛し合う人たちの幸せを願いつつ、添えてみました。

関連記事へのリンク

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2020-10-22 08:13 | Notizie & Curiosita