イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

栗拾い歩く紅葉の森と夕空の月、トスカーナ カゼンティーノ

栗拾い歩く紅葉の森と夕空の月、トスカーナ カゼンティーノ_f0234936_06114375.jpeg
 ラヴェルナ修道院を頂く岩山を周遊するトレッキングコースには二つあります。一つは、岩山の裾野の森を歩いて修道院へと登っていくコース(anello basso della Verna)、もう一つは、修道院からペンナ山の頂上へと登ってから、修道院へと山を下るコース(anello alto della Verna)です。

栗拾い歩く紅葉の森と夕空の月、トスカーナ カゼンティーノ_f0234936_06060875.jpeg

 このところ、岩山の裾野を回るトレッキングコースを歩くことが続いていたので、わたしは今日こそ、ペンナ山の頂上へと歩いて、カエデの紅葉や見晴らしを楽しもうと考えていました。一方夫は、いつものように岩山の周りを歩くと言っていました。ところが、車でラヴェルナに向かう途中、目前に現れたペンナ山(Monte Penna)を見ると、わたしが歩こうと考えていた頂上付近だけではなく、わたしたちがよく歩き、夫が今日も歩こうと考えていたトレッキングコースでも、紅葉の時期は過ぎて、かなりの葉が落ちてしまっているようです。

栗拾い歩く紅葉の森と夕空の月、トスカーナ カゼンティーノ_f0234936_06100187.jpeg

 そこで、この高さまで車で登ってくる途中には、山や森の美しい紅葉がずっと見えていたこともあり、ラヴェルナのあるペンナ山ではなく、もっと標高の低い森を歩くことにして、昔友人たちと歩いたことがあるトレッキングコースを探して、しばらく道路を行ったり来たりしました。

 歩き慣れたコースを歩くつもりだったので、二人とも登山地図を持っていなかったため、おぼつかない記憶に頼りながらでしたが、何とか目指す登山口を見つけることができました。

栗拾い歩く紅葉の森と夕空の月、トスカーナ カゼンティーノ_f0234936_06114375.jpeg

 ただ、駐車して歩き始めてすぐに、道に栗がたくさん落ちているのを見つけたために、しばらくは歩く代わりに、二人で栗を拾いました。実は数年前に友人たちと歩いたときにも、同じ場所で皆で栗拾いに夢中になったように覚えています。

栗拾い歩く紅葉の森と夕空の月、トスカーナ カゼンティーノ_f0234936_06265201.jpeg
Rifugio Casina dell'Alpe (970m), Chitignano (AR), Toscana

 栗を拾ったり、写真を撮ったりしながらのんびり歩いたので、目的地のこちらの山小屋まで来るのに、1時間40分ほどかかりました。

 参考のために、この山小屋まで友人たちと来たときの記事を探して読んでみると、



「1時間のはずの散歩道を、栗を拾ったり、キノコを探したり、写真を撮ったりしていて、2時間以上かけて歩き」と書いてありました。

 2012年10月13日には、ポルチーニを手にした友人たちと夫の向こうに見える木も山も青々としていたのですが、

栗拾い歩く紅葉の森と夕空の月、トスカーナ カゼンティーノ_f0234936_06152811.jpeg

その同じ木と山が、今日はすっかり秋の風情で、紅葉がきれいでした。

栗拾い歩く紅葉の森と夕空の月、トスカーナ カゼンティーノ_f0234936_06444291.jpeg

 もっぱら、両側を背の高い木々に囲まれた道を歩いたのですが、山小屋の近くは見晴らしがよく、青空も見えました。しばらく休み、山小屋の周囲の紅葉を愛でてから、来た道を引き返すと、青空と黄葉した木が、水たまりにきれいに映っています。

栗拾い歩く紅葉の森と夕空の月、トスカーナ カゼンティーノ_f0234936_06493067.jpeg

 さて、日が傾いてきて暗くなり始めた山道を下り、ようやく空が見えるところまで来ると、桜の紅の葉が、夕日の光にいっそう鮮やかに見えて、きれいでした。

栗拾い歩く紅葉の森と夕空の月、トスカーナ カゼンティーノ_f0234936_06542540.jpeg

 木々の間から、遠くの山や紅葉した木々も見えます。

栗拾い歩く紅葉の森と夕空の月、トスカーナ カゼンティーノ_f0234936_06560808.jpeg

 夫は、拾った栗が入った袋を手に提げて、先を歩いていきます。

栗拾い歩く紅葉の森と夕空の月、トスカーナ カゼンティーノ_f0234936_06573880.jpeg

 栗の葉も、夕日の光に、赤がいっそう深くなります。

栗拾い歩く紅葉の森と夕空の月、トスカーナ カゼンティーノ_f0234936_06584236.jpeg

 駐車してあった車まで戻ると、オレンジ色の光を放つ夕日が、栗の木と葉の向こうに、淡く小さく見えました。

 このあと、ペルージャの我が家へと、車で来た道を引き返すうちに、夕日が山の向こうに沈み、ドライブ中、

栗拾い歩く紅葉の森と夕空の月、トスカーナ カゼンティーノ_f0234936_07033831.jpeg

ちょうどラヴェルナ修道院がある辺りの上空に、それは美しいピンクの雲が見えたので、さすがの夫もこのときは、ぜひ写真を撮るようにと、車を停めてくれました。

栗拾い歩く紅葉の森と夕空の月、トスカーナ カゼンティーノ_f0234936_07050711.jpeg

 アッシジの聖フランチェスコが聖痕を受けたラヴェルナがあるペンナ山のちょうどその上を、鮮やかなピンク色の雲が覆っています。

栗拾い歩く紅葉の森と夕空の月、トスカーナ カゼンティーノ_f0234936_07064988.jpeg

 さらに、山を下っていくと、満月を明日に控えた白い月が、桃色の空に見えました。

 夫が最初に見つけて教えてくれたときは、白い月がすべてきれいに、ピンク色の空のただなかに見えたのですが、カーブが多い山道を走行中だったため、すぐに月は見えなくなり、再び見えたときには、こんなふうに、帯を身にまとっていました。紅葉した山々と桃色の空の間に、美しい白い月を見ることができて、うれしかったです。

Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

ブログテーマ:お気に入りの場所やお勧めスポット・お店を教えて!
by milletti_naoko | 2020-10-31 07:15 | Toscana