イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

ダブリンで会って魅かれたイタリア文化、World Voice 連載第10回

ダブリンで会って魅かれたイタリア文化、World Voice 連載第10回_f0234936_08450980.jpg
 「日本人学習者にとってのイタリア語の難しさと、楽しく学べて力がつく学習法・教育法の在り方」を主題としたいとわたしは考えていたのですが、担当教官からは、わたしが日本人なので、「日本におけるイタリア語学習の位置づけや日本人の学習動機、またイタリアがどういう国ととらえられているか」を主題としてはどうかと勧められ、後者を主題として力を注ぐことになりました。シエナ外国人大学の大学院課程で卒業論文作成に取りかかるにあたって、担当教官の先生に相談したときの話です。

 卒業論文の発表が2009年2月で、そのために参照・引用した資料はそれよりも古いものなのですが、卒論に引用した複数のアンケート結果を見ると、

ダブリンで会って魅かれたイタリア文化、World Voice 連載第10回_f0234936_07243138.png
"L'Italia e l'italiano - uno sguardo dal Sol Levante",
la mia tesi di specializzazione in Didattica dell'Italiano come Lingua Straniera

アンケート対象が大学などでイタリア語を学習する人と限られ、調査人数自体も多くても500人ほどではあるのですが、イタリア料理(cucina italiana)、食べ物、ワイン(vino)など、食を通してイタリアに関心を持つ人、そして、イタリアへの旅行・観光に関心を持つ人がとりわけ多いという調査結果が出ています。

 食に芸術の町、ファッションにサッカー(calcio)、音楽と、イタリアに関心を持つ理由は様々だと思うのですが、わたしは、一般の人とは少し違うきっかけと動機からイタリアに興味を持って、イタリア語の勉強を始めました。わたしが初めてイタリアに魅かれたのは、1999年の夏で、それもアイルランドのダブリンで出会ったイタリア人たちがきっかけなのです。当時、愛媛県立高校国語教諭として、三つ目の高校で教えていたわたしは、1993年から英語の再勉強を始めて、赤毛のアンの舞台であるカナダのプリンス・エドワード島には2度行ったことがあるものの、イタリアには興味を持っていませんでした。

ダブリンで会って魅かれたイタリア文化、World Voice 連載第10回_f0234936_08450980.jpg
Roma, Lazio 7/5/2016

 身近で、イタリアに実際に行ったことがある人と言えば、文部省の研修でヨーロッパの学校を視察した数学の先生だけで、しかも、イタリアの感想が「ローマはゴミばかりで汚いし、スリが多くて油断がならない」だったのです。

 ニューズウィーク日本版姉妹サイト、World Voiceでのわたしの連載、「イタリアの緑のこころ」第10回は、「ダブリンで会って魅かれたイタリア文化」と題して、そのわたしが、イタリアに興味を持ってイタリア語を勉強し始めるきっかけになったロンドンでの出会いについて語っています。

 よろしかったら、ぜひお読みください。

ダブリンで会って魅かれたイタリア文化、World Voice 連載第10回_f0234936_08231184.png
https://www.newsweekjapan.jp/worldvoice/ishii/2020/11/21---1.php

 記事へのリンクは、以下のとおりです。

- Newsweek Japan - World Voice - ダブリンで会って魅かれたイタリア文化


関連記事へのリンク


Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ  

by milletti_naoko | 2020-12-01 09:06 | Ricordi