イタリア写真草子 ウンブリア在住、日本語教師のイタリア暮らし・旅・語学だより。

寿司さんぽオルヴィエートで祝う誕生日

 金曜にオルヴィエート(Orvieto)を訪ねたのは、町はずれにあるお気に入りの日本料理店、Nihoriで食事をするためでした。

寿司さんぽオルヴィエートで祝う誕生日_f0234936_06213676.jpeg
Nihori Ristorante Sushi Giapponese, Orvieto (TR), Umbria 11/12/2020

 12月4日だったわたしの誕生日には、オルヴィエートのこの店で食べようねと、今回は夫の方から言い出してくれていたのですが、12月5日まではウンブリアはオレンジゾーンだったので、まだレストランやバールで食べることができず、オルヴィエートには行くことができませんでした。

 12月6日からはウンブリアがイエローゾーンになり、行くことはできたものの、週末や祝日だった12月8日は、雷雨など悪天候の日が続いたため、おとといになってようやく昼食を食べて、祝うことができたのです。

寿司さんぽオルヴィエートで祝う誕生日_f0234936_06351916.jpeg

 金曜だし、予約なんかする必要ないんじゃないと夫は言っていたのですが、店にはかなり客がいたので、予約しておいてよかったです。他のテーブルや席との間の距離が十分取れているので、安心して食べられるのも、うれしいところです。

 今回も、昼食のメニュー表から、前菜・プリモ・セコンドで、自分が好きなものを一品ずつ選び、さらに水半リットルとコーヒーで12ユーロというお得な昼食セットを食べました。カボチャにあまり火が通っていないのだけ残念でしたが、てんぷらがさくさくで、とてもおいしかったです。寿司や刺身も、鮭の刺身が好きなので、いつも鮭が多めに出てくるのがうれしいです。

寿司さんぽオルヴィエートで祝う誕生日_f0234936_06405148.jpeg

 前菜にわたしが頼んだ春巻きも、夫が注文した餃子も、日本で見かけて食べたものとは少し違うのですが、春巻きはおいしかったですし、夫もこの餃子が気に入っているようで、毎回頼んでいます。

 夫も、「この店の料理はぼくも好きだから、おいしくてよかった」と言ってくれて、おいしくうれしいひとときを過ごすことができました。

寿司さんぽオルヴィエートで祝う誕生日_f0234936_06435146.jpeg

 今回は、箸袋に日本語が書かれていました。この店では箸は、上から2枚目の写真にあるように置かれているため、見る人に対して文字が逆向きになってしまっています。夫が言うように、イタリアでフォークやナイフを置くときのように、手で持つ部分が手の近くにくるように置いているので、こうなっているのでしょう。

寿司さんぽオルヴィエートで祝う誕生日_f0234936_06480166.jpeg

 レジの近くの招き猫も、笑顔いっぱいで、前には開運と書かれ、左手の上にも、福と書かれた小さな招き猫がいて、これからたくさんいいことを、運んでくれそうです。

 イタリア政府のキャッシュバックキャンペーンは、皆がいっせいにアクセスしているためでしょう、夫も、昨日土曜の朝になって、ようやく銀行のキャッシュカードとクレジットカードをアプリと連携し、手続きを終えて、参加することができました。支払い金額10%の還元が適用されるのは、参加した翌日からです。一方わたしの方は、やはり昨日から、郵便局貯金口座のアプリでは参加したことになっているように見えるのですが、政府のキャッシュバックキャンペーン用のアプリ、Ioの画面上では、還元が受けられるカードがまだ連携できていないことになっているという中途半端な状況が、今も続いています。

寿司さんぽオルヴィエートで祝う誕生日_f0234936_06595234.jpeg

 昼食後、凝灰石の岩壁の下から上へと登っていくと、前回は黄葉がみごとだった菩提樹の並木は、葉をすべて落とし、枝先が赤みを帯びています。代わりに、そこかしこに見えるオークの紅葉がきれいで、実がいっぱいの柿の木も見えます。

寿司さんぽオルヴィエートで祝う誕生日_f0234936_07031487.jpeg

 入り口に立っている学校関係者の人から、少しだけならいいですよと言ってもらって行った学校裏の広場からは、紅葉も遠くに連なる山もきれいに見えました。

寿司さんぽオルヴィエートで祝う誕生日_f0234936_07055489.jpeg

 オルヴィエートの中心街でも、散歩を楽しむことができて、充実した1日となりました。

Nihori Ristorante Sushi Giapponese a Orvieto
Via Angelo Costanzi, 102 - 05018 Orvieto
Tel. : 0763 450593
Sito : NIHORI - Ristorante Giapponese Sushi a Orvieto e Fabro Scalo - HOME
FB : Facebook - Nihori - Informazioni

************************************************************************************
Finalmente l'Umbria sotto il sole e nella zona gialla,
così siamo andati a Orvieto a mangiare il sushi :-)
Pranzo squisito & ora lieta
a Nihori Ristorante Giapponese a Orvieto.
************************************************************************************

関連記事へのリンク
Articolo scritto da Naoko Ishii

↓ 記事がいいなと思ったら、ランキング応援のクリックをいただけると、うれしいです。
↓ Cliccate sulle icone dei 2 Blog Ranking, grazie :-)
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ 

Commented by sunandshadows2020 at 2020-12-14 14:25
お誕生日おめでとうございます!
お気に入りのお店でゆっくり美味しいものでお祝い出来て良かったですね。
いつ拝見しても新鮮そうな食材で、良心的なお値段が感心です。
餃子の形、ちょっと違いますがまあ美味しければ良いですね。
Commented by bondgirl333 at 2020-12-14 20:30
おめでとうございます㊗️
美味しそうなお寿司^_^

良い一年をお過ごし下さいね^_^
Commented by milletti_naoko at 2020-12-14 21:53
お転婆シニアさん、ありがとうございます! 安心しておいしく食べられて、サービスもいいので、いつ来ても心地よいです。

夫は、季節ごとにメニューを変えたらいいんじゃないかというのですが、いくつもあるメニューの中から選べて、いつも同じメニューなので、これはおいしいとか、またあの味に出会えるとか、今度はこれを試してみようと、安心感や楽しみもあるように思います。


オルヴィエートはウンブリア州とは言ってもやはり遠いので、せっかく行くなら観光を楽しめるときにと、1週間遅くなりましたが、おかげで散歩や風景、イルミネーションも楽しむことができてよかったです。
Commented by milletti_naoko at 2020-12-14 21:57
bondgirl333さん、ありがとうございます♪
おいしいお寿司が久しぶりに食べられて、うれしかったです。
Commented by meife-no-shiawase at 2020-12-14 22:32
なおこさん。
大好きな日本料理のお店でお祝いできて本当に良かったですね♡
改めてお誕生日おめでとうございます♡
なんだかイタリアとは思えない・・・日本な雰囲気ですね。
なおこさんは鮭のお刺身がお好きなんですね。
実は台湾ではマグロよりも鮭のお刺身やお寿司が人気なんです。
美味しいのも、ボリュームたっぷりなのもあるので
是非是非台湾にいらっしゃった時にはご案内したいです。
ご主人さまもご一緒に日本料理を楽しんでいらっしゃるのは
なんだか嬉しいですね♪

招きネコちゃんもいい笑顔。笑。
小さな招きネコちゃんがまた可愛い~オプ
なんだか一足先にお正月が来た気分ですね~♡
Commented by milletti_naoko at 2020-12-15 00:12
メイフェさん、ありがとうございます♪
料理をするのも経営するのも日本ではない東洋の国の方だと、料理についてくるソースや箸の並べ方からして思うのですが、雰囲気も清潔感もサービスもよくて、値段もお手頃で気に入っています。今記事を見返して、初めていいなあと思ったのが、今年の初めだと知って驚きました。夜のメニューは高く、食べて今ひとつだと思った記憶があるのです。値段を気にせずにあれこれ頼めるし、これだけでおなかいっぱいというのもうれしいところです。

福をたくさん呼んでくれそうな招き猫ちゃんたちが、かわいらしかったです♪
Commented by Makitalia at 2020-12-15 06:04 x
なおこさん、お誕生日おめでとうございます♪
お寿司も天ぷらも、とても美味しそうで、盛り付けもきれいですね!
私も鮭の刺身にお寿司が好きで、私の町の中華兼日本レストランでも他のネタより多く出てくるので、嬉しいです。
画像に見えるのは、穴子の握りでしょうか?鰻の蒲焼きが大好きなので、よく似た穴子も食べたくなってきました…こちらのレストランでは、見かけないんですよ。。。
オルヴィエートの景色が懐かしいです、3,4年前に行きました!
美味しいお食事に観光に、素敵な誕生日お祝いになりましたね!
健康で、招き猫ちゃんのように、笑顔がいっぱいの一年になりますように♪おめでとうございます♪
Commented by tokotakikuh at 2020-12-15 15:56
あらあら・・私の相方と同じ日です
それは、それは、
お目でsとうございます・
「まいどありがとうございます」の箸をみると
懐かしいのでは?
そして、誕生日のお祝いが「日本料理:」なんてね
日本では
誕生日は、ステーキか?焼肉か?
はたまた・イタリアンか?なんて
不思議ですよね(笑)
Commented by milletti_naoko at 2020-12-15 20:02
まきさん、ありがとうございます♪ まきさんも、鮭の刺身や寿司がお好きなんですね! 鮭は、スモークサーモンが、フランスのスーパーでイタリアよりずっと安いので驚いたのですが、やはり手に入りやすい魚なのでしょうね。いずれにせよ、オルヴィエートでもローマでも、刺身や寿司に使われる鮭の割合が多いので、うれしいです。穴子もうなぎも実は苦手で、日本ではほとんど食べたことがないので、もったいないとは思うのですが、味が分からないように食べてしまったので、どちらだったかは分かりません。

まきさんも、オルヴィエートに来られたことがあるんですね! ありがとうございます。まきさんも、来年はうれしいことの多い、健康に恵まれた年となりますように♪
Commented by milletti_naoko at 2020-12-15 20:13
zakkkanさん、ありがとうございます。
そうなんです。同じ日なんです。わたしも記事を拝見して驚きました。
やはり誕生日の祝いは、ふだんは食べられないごちそうになるので、イタリアでは日本料理が、わたしにとっては大のごちそうなんです。お宅では焼肉、ステーキ、イタリア料理なんですね!
Commented by cometsan1966 at 2020-12-16 00:10
過ぎてしまいましたが・・お誕生日おめでとうございます☆彡
あらためて日本料理のお店でお祝いが出来て良かったですね!
イエローゾーンに昇格のメリットを生かされ何よりです(*^^*)
お寿司屋さんのこのお料理を見ているとここがイタリアだとは
誰も思いませんね~~また箸の袋や満面の笑顔の招き猫さんが
日本感を引き立ててくれています(^-^;ふふふ

お茶でなくて珈琲というのがかえってミステリアスで面白いです(^^)/

そこかしこのオークの紅葉と実がいっぱいの柿の木が
とても美しい風景のアクセントですね(*^^*)ホッとしますね!
Commented by milletti_naoko at 2020-12-16 18:35
馬さん、ありがとうございます。料理もおいしくて、やはり晴れた日は散歩もできて、待ったかいがありました♪ イエローゾーンにいつなるか、首相令でどう規制が変わるかに注目していたのは、この店に行きたかったからでもあったんです!

これまでは隅にフランス語が書かれた箸袋だったのですが、今回は日本語だけが書かれていて驚きました。壁にかけられた絵や暖簾も、さらに日本らしい雰囲気を醸し出しています♪

お茶やお酒も確か追加料金を払えば注文できるのですが、ちょうどここで出された水を少し飲んでおいて、トレッキング中に少し軽くなったペットボトルの水を携帯して時々飲むのが便利なので、いつもそうしています。確かにコーヒーはイタリアらしいですよね。ちなみにイタリアでは昼食の際は、コーヒーは食後に飲みます。メニューになくても、レストランで食べ終わったあとなど、コーヒーやデザートを頼む人も多く、わたしたちは場所を変えて、食後少し時間を開けるために、別のバールでコーヒーを飲むこともあります。食後すぐにコーヒーを飲んでしまうと、鉄やカルシウムの吸収を妨げると知ったものですから。今回のように、メニューについていたり、このあとすぐにバールのない山中や人の少ない村を歩いたりする予定である場合は、食事をした店で食後に飲んでしまうのですけれども。

菩提樹の金色の葉は散ってしまいましたが、今度はオークの紅葉がきれいで、あちこちにちらほらと柿の木も見えて、秋らしい風景がきれいでした♪
Commented at 2020-12-19 17:59
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by milletti_naoko at 2020-12-19 18:44
鍵コメントの方へ、お祝いのお言葉をありがとうございます♪

以前は、箸袋の裏に外国語が書かれていて、そのときもやはり箸袋の表は日本語で、確か「いらっしゃいます」だったように思うのですが、座ったとたん、字と言葉が逆向きになっているのがずっと気になっていて、一度その点を伝えたこともあるんです。でも、やはりイタリアの人がさっと手に取りやすい、慣れた配置の方がよいということなのでしょう。なんと中国でも、お箸は縦に置くんですね!
by milletti_naoko | 2020-12-14 07:25 | Umbria | Comments(14)